2015年06月17日

「聲の形」が道徳教材として実写ドラマ化!

サッカーのコラボマッチに続き、驚きの話題が届きました。
以前から話題に出ている「劇場アニメ」のほうの新しい情報がほとんど出てこないなか、なんとそれより先に、聲の形が「実写ドラマ化」しました



http://www.toei.co.jp/release/edu/1205822_977.html
道徳教材DVD「聲の形」(こえのかたち)好評発売中!!
「このマンガがすごい!2015 オトコ編」第1位を受賞した感動作「聲の形」(講談社『週刊少年マガジン』)が道徳・人権学習用教材ドラマとして生まれ変わりました!!「いじめ」や「障がい者との共生」などの難しいテーマを、視聴者が自然に考えることができる視聴覚教材です。


なんと、いつの間に!
しかももう売ってるし!

ただし、業務用なので66,000円(税別)と非常にお高いようです。
一般の個人が買う値段ではないですね。ビデオトレーラーの最後に、個人向けには販売していないとも書いてありますしね。

ドラマの雰囲気は、YouTubeにあげられているトレーラームービーで見ることができます。


さらに、あらすじなどを記載したパンフレットもありますので、そちらを見るとストーリーがわかるのですが、どうやら相当アレンジが加えられているようです。

video_toei.jpg

せっかくなので、このパンフレットを読み解きながら、どんな内容になっているのかを想像してみたいと思います。

まず、視聴対象が中学生になっていることもあり、原作でいう「小学校編」に相当するにもかかわらず、舞台が中学校に変わっています。どう見ても小学校ではありません。(この「舞台設定変更」が、ストーリーの細部にじわじわと影響を与えています)

そしてあらすじをみてみると、

1.転校してきた少女
 ここは原作とほぼ同じと思われます。

2.合唱祭
 「将也に口パクを強要された硝子を見かねた合唱部の佐原は、硝子に問いかける。『歌いたい?歌いたくない?』」

 ここはぜんぜん違います。
 まず、将也が口パクしろと言ったのは原作では硝子が一人のときで、その内容を知っていたのは喜多先生だけであったように見えます。
 一方、今回のドラマでは、それが「合唱部」の佐原に変わっています。おそらく、喜多先生の役回りをそのまま佐原に動かしたのではないかと思います。
 ちなみにパンフレットの画像をみると、佐原のこの質問に対する硝子の答えは、原作通り「歌えるようになりたい」になっているようです。

3.いじめの始まり
 ここは原作通りというか、あとの4.を見ると、むしろ最初の入選作バージョンに近い流れのようなので、「繰り返し補聴器を壊す」というのは含まれていないように見えます。

4.学級裁判
 「硝子の怪我の原因を追及する学級会」となっているので、将也が学級裁判で吊るし上げられるのは、硝子が怪我をしたことが理由になっているようで、原作でいうと、最初の投稿作である「オリジナル版」に近い展開になっているようです。

5.硝子の転校
 読み切りでは小学生時代のクライマックスエピソードとも言えますが、一見、かなり忠実に再現されているように見えます。
 ただ、1点、大きな点で変更がありそうです。それは、「物理的な喧嘩」は削除されているだろう、ということです。
 この点は、「舞台変更」の影響を受けていそうです。中学生の男女が取っ組み合いの喧嘩をする「絵」はかなり難しいものになりそうですし、トレーラームービーを見ると、場所も下校口から校舎屋上に変更されているようです。おそらく、このシーンは、単なる言葉だけでのやり取りに変更されている可能性が高いでしょう。

6.残されたノート
 ここは全然違います。

 「ある日、将也は自らが投げ捨てた硝子の筆談ノートを見つける。」

 画像をみると、ノートは綺麗で、水に濡れた様子もないので、将也が奪って投げ捨てたのは同じでも、池ポチャはせずに植え込みの下とかそういう分かりにくい場所に落ちていた、という設定に変わっているようです。そして、そのノートを見つけるのは、硝子が転校した「後」という風に、ストーリーも変わっています。

 「誰もいなくなった教室で一人、ノートを見返す将也。そこには誰も気に留めなかった硝子の”声”が溢れていた。『あの時、アイツの声が聞こえていれば。いやアイツの声を聞こうとしていれば…』将也の頬に一筋の涙が伝う…」

 まずわかることは、原作読み切り版・連載版の「机の落書き消し」のエピソードはごっそり削られていること、将也が硝子を思って涙するのは、「落書き消し」のエピソードによってではなく、「筆談ノート」によってに変えられている、ということです。
 これは、舞台を小学校から中学校に移していることを考えてみても、まあ妥当な設定変更かな、とも思います。
 そして、この流れだと年を経て硝子と再会するという最後の最重要エピソードも省かれている可能性がありますね。「あの時、アイツの声が聞こえていれば」というのを、硝子がいない場面で言ってしまっているようですから。

 最後に、人物相関図を見ると、まず「先生」の存在がほぼ消去されているようです。
 この教材は学校で使われる可能性が最も高いでしょうから、内容について話し合った結論が「先生がダメすぎるのがいじめの原因」とかになってしまうと、教材としては非常に使いにくいでしょうから、これはやむを得ないと思います。

 相関図の記載内容をみると、登場するどのキャラクターも概ね原作の設定に合っていると思いますが(島田が全然イケメンでないのと、植野も…なのが微妙に違和感ですが)、ここで一番気になるのは「佐原」ですね。
 佐原は、このドラマでは合唱部員で合唱祭を引っ張る役目を負わされているようで、「喜多先生パート」をまるごと受け持っているようですが、この相関図には「いじめられる硝子を助けようとするが…」とあるので、どうやら単に喜多先生の役回りが回ってきているだけでなく、「硝子を支えようとして自分がいじめの対象になってしまう」という、原作の役回りも捨てずに残されているようですね。なかなか重たい役割を与えられているように見えます。

 というわけで、全体をみると、原作を題材にしつつも、うまく「道徳教材」として活用できるよう各部がアレンジされ、かつ30分内に収めるためにいろいろな枝葉もカットしているな、という印象を受けました。
 原作とは相当に異なる内容になっているようなので、ぜひ機会があれば見てみたいと思いますが、一般に流通するような作品ではないので、なかなか難しそうですね。
 もし中学生の方、もしくは中学校の先生で、このDVDを見る機会を持った方に、感想を伺いたいところです。
posted by sora at 21:57
"「聲の形」が道徳教材として実写ドラマ化!"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。