2014年11月28日

最終話は「投げっぱなし」なのか? 当ブログ的考え方

聲の形は、最終話の第62話がマガジンに掲載されてからすでに1週間あまりが経過しました。単行本の最終巻である第7巻も、あと3週間ほどで発売の予定です。

ところで、ここへきて、最終話の終わらせ方について、「何もかも決着させずに投げっぱなしだ」という批判が少なくないという話を聞きました。


第62話、20ページ(聲の形・最終コマ)

たしかに、読者が見たかったかもしれない、わかりやすい「決着」はほとんどが回避され、そこだけを見ると、最終話はそれらがみな「想像してください」で終わっているように読めるかもしれません。

ただ、個人的にはこの「投げっぱなし」批判はあまりあたっていないように感じています。
それらの「決着」は、最終話でわかりやすい形で示されるのではなく、最終話にいたるこれまでの展開のなかで、そっと示唆されるような形で提示されているのだと思うのです。

そういった視点で、最終話で「決着していないように見える」論点について、当ブログなりに整理しておきたいと思います。

1.将也と島田の対決

 こちらについては、下記のエントリを見ていただくのが早いと思います。

  第58話、では島田問題は決着しなかったのか? 1, 2, 3, 4, 5, 6

 簡単にいえば、「将也にとっての島田との決着」は、最終話に至る前に既に終わっていたので、最終話で「決着」を描く必要も必然性もなかった、というのが、この問題についての当ブログとしての理解です。

 島田の「突然の裏切り」によって、友情を信じられなくなり、人間不信に陥ってしまった将也でしたが、将也はその問題を「島田と対峙する」ことによってではなく、硝子の助けを借りて、「みんなをちゃんと見て、ちゃんと聞いて、ちゃんと話す」ことによって解決しました。
 この時点で、将也にとっての島田は「対決し、決着させなければならないトラウマ」から、ただの「過去の人」に変わったわけです。
 ですから最終話においても、島田との「決着」が描かれる必要はなく、それどころか扉を開いた先に島田がいてもいなくても、それすらどちらでもいい、ということになります。

 ラストで、将也は硝子と手をつないで同窓会会場への扉を開きます。
 扉を開くとき、将也はその先にあるものが「辛い過去」だけでなく「可能性」でもある、と確信しています。このことこそが、「島田問題」についての、この作品の決着なのだと思います。


2.将也と硝子の恋愛関係

こちらについても、明確に恋人関係であるという描写もなく、キスもハグもせず、結婚の話題も出てこず、さらにヘアメイクイシダで働く話も出てこなかった、ラストではたかだか手を握る程度で赤くなっている、2年もたってこの進展の遅さはなんなんだ、このふたりはまだ恋人ではないのか、といった意見があるように思います。

でも、このふたりは最終話を待たずにとっくに恋人、というか固い絆で結ばれた人生のパートナーになっていると思います。

それは言うまでもなく、「橋の上の奇跡」での「生きるのを手伝ってほしい」「わかりました」のやりとりです。


第54話、15ページ。

将也と硝子は、どちらもずいぶんいびつな青春時代を過ごしてきた一方で、「人生を生きる」ということについては、そんじょそこらの中年や老人よりもよほど壮絶な経験を積み重ねてきたと思います。
そんなふたりが、互いに相手の存在を「自分の人生にとって必要なパートナーだ」と認識したとき、恋愛とかをいきなりすっ飛ばして、「一緒に生きていく」ことを確認し、確信しあう、という展開になったことは、ごくごく自然なことであるように思います。

それは要はプロポーズなんですが、その意味は「結婚する」ということとも必ずしもイコールではなく、あくまでも、「人生のパートナーとして互いが互いを必要とし、必要とし続ける」ということです。

そこから先の展開は、ここはある意味完全に「ラブコメ」で、「人生のパートナーになると『先に決めてしまった』ふたりが、『世間のフォーマット』にしたがって恋人っぽいことをいろいろやろうとしては恥ずかしがってなかなか先に進めない(パートナーになると決めてるのになんでこんなに全然前に進めないんだ!)」というドタバタ劇を楽しむ展開なんだと思っています。

それが最終話まで、ずっと続いている、と。

最終話で、確かに硝子と将也は恋人っぽくなっていませんし、キスしたかどうかも定かではありませんし、手を握っただけで赤くなってしまうくらい、なんか入り口っぽいところでいまだにうろうろしていますが、でもとっくにふたりは「互いが互いの人生のパートナーになること」を確信して、そうやって2年以上を過ごしているわけです。
そのギャップを微笑ましく見守って楽しむ、というのが、最終話を含む第7巻の将也と硝子の関係の読み取りかたなのだろうと思っています。


3.将也と植野の関係

これについては、最終話の1つ前の第61話で「決着」がついています
第61話で、植野はこれまで言えなかった過去の過ちについて将也に謝罪することができ、また島田との関係についても将也と語り合うことができました。


第61話、9ページ。

それによって、これまでとらわれていた過去からようやく自由になれ、未来(=上京して夢を追いかけること)に向かうことができるようになったことが植野にとっての「救い」になりました。
最終話で描かれたのは、その後も順調に夢に向かって進んでいて、将也や硝子ともわだかまりなく懐かしい話ができる関係になった、文字どおり「大人になった」植野だったと思います。


4.将也以外の「いじめや誹謗」への罰は?

植野の佐原・硝子いじめ、島田・広瀬の将也いじめ、西宮父家族の硝子や西宮母へのひどい仕打ち、かつての担任・竹内の無責任な行動、さらには西宮母の「身勝手な子育て方針」などに対して結局「罰」が与えられず、みんなのうのうと生きているのは不公正だ、こういった人たちが罰を受けるところを描くべきだった、という意見も当然あると思います。

これについては、今後長いエントリを書くつもりですので、そちらを見ていただければと思いますが、短くいうなら、そういった「さまざまな罪深い人たち」の罪まで背負って、その罪をも償ったのが将也だったんじゃないか、というのが私の考え方です。
そういう意味で、ひたすら罰を受け、それを受け止めて贖罪を続け、最後には贖罪を達成して周囲の人間までをもみな幸せに導いた将也という存在は、物語の中である種宗教的な存在だったんじゃないか、と考えています。

もちろん、「世間なんてそんなもんだ、いじめとかやってる奴はみんなのうのうと生きていて、たまたま将也だけが不運だったに過ぎない」と読み取ることも可能ですが、そういう読み解きかただけではなく、「将也があえてすべてを背負ったんだ」と考えることも可能だと思っているのです。
posted by sora at 22:02
"最終話は「投げっぱなし」なのか? 当ブログ的考え方"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。