2014年11月04日

第59話 コネタ集

火曜日恒例のコネタ集です。
今回は、数はそれほどではありませんが、「読み解き」ができる深い内容のものが多く、エントリのボリュームとしてはけっこうなものになりました。

1)結絃は中3

結絃は、硝子と3歳違いというヒントしかなかったので、これまで中3か中2か不明でしたが、今回、結絃の口から「中3である」ということが語られました。


第59話、4ページ。

硝子が6月7日生まれの高3で、第4巻の過去編で、「硝子が3歳の頃」、結絃の妊娠がつわりで発覚したことが描かれています。

ここで、例えば硝子が3歳になったばかりの6月に、結絃が妊娠2か月くらいだと仮定すると、その8か月後に結絃が生まれることになって、結絃は2月生まれということになります。これだと確かに結絃は学年で3つ違いということになりますね。

結絃の誕生をこれよりも早く設定するのは厳しそうなので、結絃は2月から3月あたりの、ぎりぎりの早生まれということのようです。
結絃は体格も小柄ですし、もしかすると不登校になってしまったのも、早生まれだったということが多少影響している可能性があります。


2)佐原親衛隊が久しぶりに登場

モブキャラとしては例外的に細かく描きこまれ、しかも何度も重要な場面で登場している太陽女子の佐原親衛隊ですが、今回は新たな獲物?として結絃に襲いかかりました(笑)。


第59話、4ページ。

よくみると、親衛隊のメンバーの一人が結絃にしっかりと抱きついています。
このメンバーは前のコマでも結絃に抱きついていますから、すっかり結絃が気に入ったようですね。

さらに、一番髪の毛が明るい(茶髪?)メンバーは、毎回顔が描かれないことで有名ですが、今回も描かれませんでした


3)結絃のうしろにヌートリア

第59話の後半、日付が変わって橋の場面で、結絃は将也・硝子から離れて、橋の下のエリア、滝の後ろあたり(以前ガムシロ回で泣いていたところですね)で鳩にエサを与えているのですが、


第59話、6ページ。

結絃、うしろうしろ!

ということで、結絃の後ろにヌートリアがいます

ヌートリアといえば、第1話で島田・広瀬との「最後の度胸だめし(第42回)」のときにも登場していますが、実はこのときの場所もこの「いつもの橋の下」だったんですよね。
この「橋の下」の近くには、ヌートリアが出没するようです。


4)推薦状の先生の名前がのらねこ

このまんが、作画も含めて、手が抜けるところは徹底して手抜きするところも面白いところですが、今回も「それでいいのか」と思うようなテキトーな設定が。

硝子が見せた推薦状のあて先、ヘアサロンのらねこの先生の名前が…


第59話、10ページ。

「野良 眠彦」…「のら ねむひこ」でしょうか。
「ねむひこ」を縮めて「ねこ」で「のらねこ」なんでしょうが、これ、本名だとしても芸名?だとしても、実にテキトーで笑えますね(^^;)。


5)植野の東京行きのときとのギャップ

今回、硝子が上京すると聞いて、将也は激しく取り乱しました。


第59話、11ページ。

ところで、この描写、ミニミニリフレインになっていますね。
以前、植野が同じように進路を将也に聞かれて、「東京の短大に行くつもりだ」という話をしています。シチュエーションとしてはそっくりです。
でも、将也の反応は正反対でした。


第5巻90ページ、第37話。

このコントラストが面白いですね。(^^)


6)またラストあおりが「すべきことは何か」

いっとき、連載のラストのあおり文がほぼ毎週のように「将也がすべきことは何か」だった時期がありました。
たしか第4巻の観覧車回あたりからだったと記憶しています。(第27話、第30話、第31話)

そして今回、また懐かしいあおりが。


第59話、18ページ。

「東京には、夢がある。支えると誓った硝子もまた、東京へ行くという。今、自分がすべきことは何か。」

よほど編集の方で「すべきことは何か」というあおりが好きな人がいるんでしょうね(笑)。
posted by sora at 07:14
"第59話 コネタ集"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。