2014年07月11日

第44話、コネタ集

さて、第44話に関するエントリもたくさん書きましたが、ここでは1エントリ分にもならないコネタをいくつかまとめて書きたいと思います。

1)硝子が将也とペアルック?そしてケガしてる?
 これまで、ほとんど私服にバリエーションのなかった硝子が、今回新しい私服を着ていますが、なんと黒のTシャツに白っぽい短パンという、まさかの将也とのペアルック!


第44話、12ページ。

 これは偶然なのか、将也に対して何か思うところがあってのものなのか、とても興味深いです。ちなみにタグは出ていません。
 また、このコマでも少し分かりますが、肩のあたりにサポーターのようなものが見えます(スポーツブラにしてはさすがに見えすぎな気が…)。
 結絃が「うまく歩けない」と言っていたこともありますし、硝子は何かしらケガをしているのでしょうか?ここはかなり気になるところです。

2)佐原のヒールは成長のきっかけ?
 背が高いのにいつもハイヒールをはいている佐原。
 その不自然さから、「これは伏線じゃないのか?」という話は当初から指摘されてきましたが、今回、そのヒールが折れるという象徴的なイベントが発生し、「慣れるためにはいてる」という佐原の声が聞けました。
 佐原はヒールで「背伸び」して勇気を手に入れることで最初の成長を達成しましたが、さらに「その先」に進んで「成長を証明する」ために、今度はそのヒールを脱ぐ展開が今後きそうですね。

3)やっぱり弱かった佐原さん
 今回、佐原は植野と硝子の修羅場にあって、前回の橋事件のように逃げてしまわずに、果敢に植野に歯向かいます。
 でも、即座に植野に「ドン」とつき倒されてひっくり返り「ペチャ」と尻もちをついてヒールまで折れてしまい、あげくに守っていたはずの硝子ももっていかれてしまいます。


第44話、15ページ。

 硝子をかばうことに成功していた時間は1分もなさそうです。
 よ、弱い…。
 この弱さは、植野に軽くなじられただけでだめになってしまった小学校時代を彷彿とさせます。 
 「強くなろうとすごく頑張ってるんだけど、やっぱり根は弱い」という佐原のキャラクターがうまく表現されているシーンだと思います。

4)硝子の耳の傷と植野の暴行跡
 次回以降、将也が目覚めて、転落時の記憶が残っていたら、耳の傷のことを硝子に謝る展開がくると思うのですが…
 耳の傷どころじゃない大ケガを植野が負わせちゃってるよ! きっと硝子は今後数週間は顔じゅうボコボコで見てられない容貌になるはずで、そんな状況で耳の傷なんていう「ささいな話題」ができるのかどうか心配です。
 もしかすると、映画のために買ったあの「目出し帽」をかぶって登場、という、犬神家の一族オマージュみたいなシーンも出てくるかもしれません(笑)。

5)ギャグ漫画的表現の面白さ
 今回、内容はシリアスでハードなバトル漫画的要素も満載で、大今先生の画力が光っていると思うのですが、同時に興味深いのが、あちこちにクスリとするようなギャグ的要素が散りばめられているところですね。
 まず、西宮母は相変わらずの瞬間移動ビンタ(37話ぶり2回目)に加えて、「瞬間移動土下座」を見せました。
 さらにこの土下座に結絃が加わり、また硝子も佐原にかばわれている場面で丸まっていますので、今回は「西宮家全員うずくまって丸まっている」という描写が出てきたことになります。
 植野の暴行描写も、表情はもはや「準ヒロインがやっちゃいけないレベル」になってますし、硝子の髪をつかむ場面はまるで大根の収穫のようです。


第44話、16ページ。今年もおいしいダイコンが収穫できました。(?)

 「マルドゥック・スクランブル」での作画を思えば、もっとシリアスに描く力量を持っている大今先生ですが、今作ではあえて「ギャグ漫画的要素」を織り込んでバトルシーンを描いているように思えます。
posted by sora at 16:14
"第44話、コネタ集"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。