2014年07月10日

第44話、結絃について回収された悲しい伏線とは?

第44話、植野の大暴ればかりが目立ちますが、その影でこっそり回収された大きな伏線があります。
それは、

結絃が筆談ノートを見てずっと知りたいと思っていた、「小学校のころのねーちゃん」の姿

です。

第4巻の冒頭、第24話は、一見、第3話最後の硝子の告白の後日談という位置付けに見えますが、実際には、将也の再会から始まり、硝子の小学校時代のつながりが少しずつ復元されていく(同時に硝子が生き生きとした感情を取り戻していく)過程で、結絃を過去に引き留めている「小学校時代の硝子へのいじめへの恨み」を清算し、未来に目を向けられるようになるための最初の歩みが始まる回でもありました。

そういった、結絃の過去からの脱却のあがきは、第29話でも改めて描かれています。

祖母「…ゆづはまだ 姉ちゃんいじめとった奴 蹴とばしたりたいんか」
結絃「痛い目あわせてやりたいとは今でも思ってるけど …思うだけだよ キリないしね」
祖母「んでも 姉ちゃんのノート 見とったのは…」
結絃「知りたいだけ 姉ちゃんが どーいった人達の中にいて どんな空気を感じてたか 知りたいだけ 知らなかったら いつか後悔するかもしれないから」
祖母「ばーちゃんは ゆづが心配だよ 姉ちゃんのことばっかで 自分のことは知ろうとせん」



第4巻112ページ、第29話。

なぜこんなに結絃は硝子の筆談ノートと小学校時代にこだわったのでしょうか。
それは、どんなにいじめられても作り笑いをしていた小学校時代の硝子が、たった1度だけ見せた本音が(恐らく)「自殺したい」であったこと、そのきっかけが「筆談ノート」を捨てられたことだったこと、そして恐らく、この「自殺したい」以降は、硝子が感情を殺して「諦めて生きている」ことを察していたこと。

硝子を「守る」ために、結絃は髪を切り、自ら男子のように振る舞い、学校にも行かずに「硝子の世話係」として生きる選択をしてきました。

そんな硝子が、将也との再会以降、感情を取り戻して告白までやらかしたわけです。
結絃としてはこれで姉のことは心配するのをやめて、今度は「自分のこと」をやり直す段階に入ってもいいはずですが、そのためにも必要だったのが「姉が小学校のころ、どんな空気のなかでどんなことを感じて過ごしていたか」を知ることだったのだと思います。

そして、「知らなかったら いつか後悔するかもしれないから」という結絃の不安は当たりそうになりました。
もしも硝子があのまま自殺していたら、結絃はきっと「ちゃんと知っておくべきだった」と後悔したことでしょう。

でも、硝子は辛うじて助かりました。
そして、硝子自身が書いた手紙によって、「姉ちゃんが どーいった人達の中にいて どんな空気を感じてたか」が明らかになりました。

その内容は、結絃にとっては衝撃的なものだったでしょう。
硝子は、端的に「妹を守るために」、「普通」を目指して周りと同じようにクラスに溶けこもうと頑張って空回りし、迷惑をかけて、作り笑いしかできなくなって、いじめを受けて、最終的に「自殺したい」となって「諦めた」わけですから。

花火大会で、硝子のことを守れなかったこともショックだったと思いますが、結絃は「カントクフユキトドキ」なんてことを言っており、無意識のうちにいまだ硝子の保護者を自認していることが伺えます。
でも、自分の存在こそが、姉を追い込む原因の1つとなっていて、守っているつもりが守られていた、ということを知り、「硝子の保護者」などという結絃の自己イメージは、自殺阻止失敗と今回の手紙によって完全に破壊されたといっていいでしょう。

だからこそ、手紙朗読時に硝子以上に結絃がショッキングな顔をし、その後の植野の髪つかみビンタを見ても、止めることもできずにひとり号泣して固まっていたわけです。


第44話、17ページ。

結絃がいまだに中性的なルックスを続けているのは、「自分で断髪したあの日」から時計が止まっていて、まだ「過去にとらわれている」ということの現れです。不登校とか「死骸の写真ばかり撮ってる」とかも、同様の話ですね。
ですから、今回、結絃が知りたかった硝子の過去が明らかになり、同時に結絃の現在のアイデンティティが否定されたことは、これから結絃が大きく変わっていく契機にまちがいなくなっていくでしょう。
posted by sora at 00:12
"第44話、結絃について回収された悲しい伏線とは?"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。