2014年06月01日

硝子が将也を好きになった瞬間はいつ?(4)

さて、この連続エントリのなかで、硝子が高校生になって将也と再会して、将也にはっきりと好意をもったのは、5月5日の夜、結絃を迎えにいったときに将也と出会い、別れ際に「またね」の手話をやりとりした瞬間だ、という(当ブログ的)結論に達しました。

とはいえ、「イケメン石田にまたねと言われたから」、ただそれだけの理由で好きになったわけじゃなくて(笑)、ここにいたるまでには数多くの「行い」の積み重ねがありました。

1.小学校時代から、将也に対してもともと何らかの気持ちがあった。

 筆談ノート、握手、手話で、3回も「友達になりたい」と伝えた(第2話~第3話)からには、何かあったとしか考えられません。それに加えて、魂をこもった喧嘩までやった「特別な仲」です。
 ただ、なぜそこまで「自分へのいじめの主犯格」だった将也に特別な思いを寄せていたかはいまだになぞです。(将也転落後については、分からなくもないですが…)


(第1巻114ページ、第3話。「友達になりたい」の手話を伝えようとしているところ。)

2.筆談ノートを拾ってくれた
3.それを5年もたっているのにわざわざ届けにきてくれた
4.将也の側から積極的に「友達になりたい」と手話でアプローチを受けた
5.西宮母に再度捨てられそうになったノートを躊躇なく川に飛び込んで一緒に探してくれた



(第2巻20ページ、第6話)

 4月15日の再会からの一連のドラマ、これもインパクトはとても大きかったと思います。
 どのイベントも、将也がからかいではなく誠意をもって自分に会いに来てくれた、ということを心から実感させるものだったと思います。中でも最大の感動的できごとは、かつて自分が(上記1.で)伝えようとした「友達になりたい」の手話を、筆談ノートともに将也が伝えてきた瞬間だったでしょう。
 再会時に硝子が問いかけた「どうして」に、将也はしっかり答えた、と言えます。

6.再会後に、似たような気持ちでお互いに慕っていたことを確認できた

 そして、2週間後の橋でのやりとりも、無視できないと思います。
 劇的な再会を果たしたものの、冷静になってみれば、やはりかつてのいじめっ子でもあり、硝子からすると自分のせいでカースト転落させたという「負い目」も感じていた将也との関係再構築に躊躇する気持ちは生まれてきたことと思います。
 その「とまどい」そのものを共有できた、ということは、逆にとても意味のあることだっただろうと思います。

7.家出した結絃をかくまい、気遣ってくれた、服も貸してくれた
8.結絃と一緒に夜中に自分を探してくれた
9.バカッター投稿などの結絃の悪行を受け止め許してくれた
10.さらにご飯もごちそうになったりして、孤独な結絃の心を開いてくれた



(第2巻159ページ、第13話)

 さらに、その後の1週間も硝子にとって激動の1週間でした。
 結絃の将也へのいたずら(将也の停学までの大ごとになった展開は、ある意味、小学校時代の「補聴器学級裁判事件」にも通じる部分があります)から結絃の家出、その結絃を捜索して自分が捜索される側になってしまった事件、それらすべてについて、将也が全面サポートしてくれていたことを後から知り、さらには頑なな結絃の心を少し開いてくれるところまでに至った将也に対して、硝子が信頼感に加えて、「大事な存在」だと感じたとしても何の不自然もないでしょう。

この話題で、あと1エントリ書きます。
posted by sora at 08:09
"硝子が将也を好きになった瞬間はいつ?(4)"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。