2014年04月05日

硝子はケンカのときに何と言ってるのか?

聲の形、小学生編屈指の名場面と言っていい、将也と硝子のケンカのシーン。

この場面では、普段決して話さない硝子が、文字どおり「こえ」で将也に話しかけぶつかっていきます。



第1巻163ページ、この場面で硝子が拙いながらに言っていることばですが、可能性としては、

1.「頑張ってる!これでも頑張ってる!」
2.「頑張ってる!それでも頑張ってる!」

のどちらかでしょう。

ただ、文脈と、2つめの文節の頭を「ほ」りぇても、と言っているところから考えると、どちらかというと2.の「それでも」のほうが可能性は高いかな、と思います。

「これでも」だと、硝子自身のことを中心に言っていることになり、
「それでも」だと、硝子だけでなく将也のことも含めて「(どんなに厳しい状況でも)私もあなたも頑張ってる」といったニュアンスに近くなり、ここでのメッセージ性としては「それでも」のほうがすわりがいい感じですね。
posted by sora at 22:27
"硝子はケンカのときに何と言ってるのか?"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。