当ブログでは、いわゆる発売日前の「フライングのネタバレ」に関する話題は扱いません。フライングのネタバレとなるコメントはご遠慮ください。ご協力よろしくお願いします。(発売日後のネタバレはOKです。)

おすすめエントリ(最初はこちらからどうぞ)

2014年06月17日

聲の形のWikiっぽいものを作る:登場人物編(7) 川井みき

次は川井っちですよ。あえて少し引いた書き方をしています。

ちなみに、今回の「Wikiっぽいもの」は、「完全に客観的でフラットな最大公約数的な解説をする」のが目的ではありません(そこが「っぽいもの」たる所以でもあります)。
それよりは若干踏み込んで、「明確に描かれていないことでも、多くの人が同意するであるような解釈や人物像はむしろ積極的に盛り込む」という内容を目指しています。


主要人物

川井みき(かわい みき)


川井みき

小学校時代の将也のクラスメートであり、高校でも同じクラスに所属している。将也の高校のクラスメートのなかで、小学校時代の将也と硝子もあわせ知っている唯一の人物。
三つ編み髪に眼鏡という真面目そうな風貌でクラス委員長などの役職を率先して引受ける優等生タイプだが、真柴に好意を寄せてからはイメージチェンジしてコンタクトレンズに変え髪もおろした。
八方美人な性格で処世術に長けており、小学校時代の硝子へのいじめに対しても、ふだんはクラスの「いじめの空気」に合わせ悪口などに同調しつつ、硝子や担任の面前ではいじめをやんわりと糾弾するといった巧みな使い分けをみせる。そして学級裁判で将也から「悪口の率先者」と名指しされたときは、怒りをあえて隠し「泣き落とし」でクラス全体を味方につけることに成功した。これが将也のスクールカースト転落の決定打ともなっている。
ただし、川井自身にはいじめの一端を担ったり将也を転落させたという自覚はなく、暴れん坊で恐ろしいクラスのいじめっ子が報いを受けた、そのために自分は正しい行動をしたと認識している。
高校になって学校が別になっても植野と交流が続いており、将也と植野との再会をお膳立てしたり、その後も将也が参加するイベントに半ば強引に植野を呼んでくるなど、植野と将也の恋のキューピッド役を買って出ている。

注:このエントリの本文に限り、非商用利用に限って著作権と著作隣接権を原則として主張しません。ただしコメントについてはその限りでありません。なお、著作権・著作隣接権を主張しないのはこの「注」が入っているエントリだけです。
 また、このエントリに対してコメントをいただいた場合、そのコメントの内容を本文に反映させることがありますが、反映された後の本文についての著作権・著作隣接権はブログ主に帰属のうえ、上記の扱いになることを予めご了承のうえ、コメントを書き込んでくださるようお願いします。

posted by sora at 22:12 | Comment(6) | TrackBack(0) | Wikiっぽいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月21日

聲の形のWikiっぽいものを作る:登場人物編(8) 真柴智

今回はキレると怖いマッシーです。

ちなみに、今回の「Wikiっぽいもの」は、「完全に客観的でフラットな最大公約数的な解説をする」のが目的ではありません(そこが「っぽいもの」たる所以でもあります)。
それよりは若干踏み込んで、「明確に描かれていないことでも、多くの人が同意するであるような解釈や人物像はむしろ積極的に盛り込む」という内容を目指しています。


主要人物

真柴智(ましば さとし)



高校編における将也のクラスメイト。連載版で初めて登場。永束の映画撮影の話題がきっかけで将也と友人関係となった。
茶髪でチャラ男風の外見とは裏腹に、ふだんは穏やかで真面目な性格。ただし、過去にいじめを受けた経験があり、今でもいじめが許せないため、いじめの現場を見かけたりいじめを肯定し開き直る人物を見かけたりすると、相手をかまわず暴力を振るう冷酷な別の顔を見せる。
川井から好意を寄せられて繰り返しアプローチを受けているが、当人は川井に対し特段の感情はなく、単なるクラスメートとしか見ていない様子。将来は学校の先生になるのが夢。

注:このエントリの本文に限り、非商用利用に限って著作権と著作隣接権を原則として主張しません。ただしコメントについてはその限りでありません。なお、著作権・著作隣接権を主張しないのはこの「注」が入っているエントリだけです。
 また、このエントリに対してコメントをいただいた場合、そのコメントの内容を本文に反映させることがありますが、反映された後の本文についての著作権・著作隣接権はブログ主に帰属のうえ、上記の扱いになることを予めご了承のうえ、コメントを書き込んでくださるようお願いします。

posted by sora at 10:04 | Comment(5) | TrackBack(0) | Wikiっぽいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月24日

聲の形のWikiっぽいものを作る:登場人物編(9) 島田一旗

続いて将也の最大のトラウマ、シマーです。
いちおう「主要人物」のくくりに入れるのはここまでがいいかなと思っています。

ちなみに、今回の「Wikiっぽいもの」は、「完全に客観的でフラットな最大公約数的な解説をする」のが目的ではありません(そこが「っぽいもの」たる所以でもあります)。
それよりは若干踏み込んで、「明確に描かれていないことでも、多くの人が同意するであるような解釈や人物像はむしろ積極的に盛り込む」という内容を目指しています。


主要人物

島田一旗(しまだ かずき)

島田一旗

小学校時代の将也のクラスメート。集団登校用の安全旗がトレードマーク。
学級裁判前は広瀬とともに将也と行動をともにする遊び相手だったが、子どもじみた危険な遊びを続ける将也に対し、徐々に距離をおくようになっていた。
学級裁判後により将也が転落して後は率先して将也いじめを行なうようになり、将也に代わってクラスの主導権も握ったようである。
塾に通って私立中学を目指していたが失敗し、将也と同じ公立中学に進学することとなったが、そこでもかつて硝子をいじめたことを周囲に話すことで将也を孤立させた。これが将也に、一度犯した罪はどうあっても償えない、幸せな人生はもう手に入らない、といった絶望を植えつけ、自殺まで考えるようになる決定的要因となった。
そのため、将也にとって、島田は最悪のトラウマの対象ではあるものの、同時に、かつては親友でお互いに通じるものがあったはずという思いを未だに捨て切れておらず、複雑な感情を抱かせる対象となっている。
高校編では、植野の計らいで遊園地で一瞬再会したが、ほとんどことばを交わすことなくそのまま別れており、関係修復には至らなかった。将也とは異なる高校に進学しているが、詳細は不明である。特技はピアノ演奏で、小学校時代の合唱コンクールでもピアノを担当していた。なぜかたこ焼きに縁がある。

注:このエントリの本文に限り、非商用利用に限って著作権と著作隣接権を原則として主張しません。ただしコメントについてはその限りでありません。なお、著作権・著作隣接権を主張しないのはこの「注」が入っているエントリだけです。
 また、このエントリに対してコメントをいただいた場合、そのコメントの内容を本文に反映させることがありますが、反映された後の本文についての著作権・著作隣接権はブログ主に帰属のうえ、上記の扱いになることを予めご了承のうえ、コメントを書き込んでくださるようお願いします。

posted by sora at 21:24 | Comment(14) | TrackBack(0) | Wikiっぽいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月28日

聲の形のWikiっぽいものを作る:登場人物編(10) 広瀬

今回から、いちおうカテゴリとしては「その他の登場人物」ということで、ここまでの登場人物よりも1ランクダウンの扱いで書きます。
最初は広瀬です(すみません、すごく短いです(笑))。

ちなみに、今回の「Wikiっぽいもの」は、「完全に客観的でフラットな最大公約数的な解説をする」のが目的ではありません(そこが「っぽいもの」たる所以でもあります)。
それよりは若干踏み込んで、「明確に描かれていないことでも、多くの人が同意するであるような解釈や人物像はむしろ積極的に盛り込む」という内容を目指しています。


その他の登場人物

広瀬(ひろせ)


広瀬

小学校時代の将也のクラスメートで肥満体型が特徴。
島田とともに将也の遊び相手であったが、必ずしも深い友情があったわけではなく、学級裁判後に将也が転落して以降はあっさりと島田の側につき、島田とともに将也をいじめるようになった。
常にリーダー格の人物のそばにいて、リーダーに同調して生きている、腰巾着タイプの人物。

注:このエントリの本文に限り、非商用利用に限って著作権と著作隣接権を原則として主張しません。ただしコメントについてはその限りでありません。なお、著作権・著作隣接権を主張しないのはこの「注」が入っているエントリだけです。
 また、このエントリに対してコメントをいただいた場合、そのコメントの内容を本文に反映させることがありますが、反映された後の本文についての著作権・著作隣接権はブログ主に帰属のうえ、上記の扱いになることを予めご了承のうえ、コメントを書き込んでくださるようお願いします。
posted by sora at 17:05 | Comment(7) | TrackBack(0) | Wikiっぽいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月30日

聲の形のWikiっぽいものを作る:登場人物編(11) 竹内

今回、次回は先生です。まず竹内先生から。

ちなみに、今回の「Wikiっぽいもの」は、「完全に客観的でフラットな最大公約数的な解説をする」のが目的ではありません(そこが「っぽいもの」たる所以でもあります)。
それよりは若干踏み込んで、「明確に描かれていないことでも、多くの人が同意するであるような解釈や人物像はむしろ積極的に盛り込む」という内容を目指しています。


その他の登場人物

竹内(たけうち)


竹内

小学校時代の将也および硝子のクラスの担任教師。
事なかれ主義で柔軟なクラス運営を得意とせず、特別支援教育の知識や経験も乏しい。そのため、クラス運営上負担となる硝子への対応に苦慮し、また硝子が過ごしやすい環境づくりへの関心も薄く、特定の生徒(植野)に硝子への日常のケアを丸投げする等の安易な対応に頼りがち。そういった摩擦の結果、クラス内に徐々に発生してきていた硝子いじめについても黙認しつつ、硝子の家族には特別支援学校への転校をすすめるという対応をとった。
やがて、将也が補聴器を繰り返し破壊するという分かりやすい行動により校長にまでいじめ問題が発覚したため、やむなく全ての責任を将也に負わせることで自らの教師としての責任を回避する行動をとった。
この一連の対応のなかで、将也に対し繰り返し説いた「自己責任」ということばが、その後の将也の人生において呪いのようについてまわることとなる。
高校編においても登場し、将也卒業後5年たっても同じ学校に配属されている模様。また高校編での竹内はなぜか手話をマスターしている。

注:このエントリの本文に限り、非商用利用に限って著作権と著作隣接権を原則として主張しません。ただしコメントについてはその限りでありません。なお、著作権・著作隣接権を主張しないのはこの「注」が入っているエントリだけです。
 また、このエントリに対してコメントをいただいた場合、そのコメントの内容を本文に反映させることがありますが、反映された後の本文についての著作権・著作隣接権はブログ主に帰属のうえ、上記の扱いになることを予めご了承のうえ、コメントを書き込んでくださるようお願いします。
posted by sora at 20:39 | Comment(6) | TrackBack(0) | Wikiっぽいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする