当ブログでは、いわゆる発売日前の「フライングのネタバレ」に関する話題は扱いません。フライングのネタバレとなるコメントはご遠慮ください。ご協力よろしくお願いします。(発売日後のネタバレはOKです。)

おすすめエントリ(最初はこちらからどうぞ)

2014年06月09日

聲の形のWikiっぽいものを作る:あらすじ

まだ登場人物が残っていますが、今度は「あらすじ」のほうにいきたいと思います。
3つの別バージョンの違いが分かるように気を使いました。

ちなみに、今回の「Wikiっぽいもの」は、「完全に客観的でフラットな最大公約数てきな解説をする」のが目的ではありません(そこが「っぽいもの」たる所以でもあります)。
それよりは若干踏み込んで、「明確に描かれていないことでも、多くの人が同意するであるような解釈や人物像はむしろ積極的に盛り込む」という内容を目指しています。


あらすじ

オリジナル版
将也の通学する小学校には、耳の聞こえない少女、硝子が在籍していた。
硝子は成績優秀ながら、障害ゆえに授業を止めてしまうことも多く、生徒の多くから厄介な存在として敬遠されていた。担任教師も例外ではなく、ある日担任に呼び出された硝子は、このまま普通校に在籍していると迷惑だからと聾学校への転校をすすめられる。
硝子は、クラスメイトからも悪口などの陰湿ないじめを受けるが、中でも暴力的だったのが将也であった。硝子が補聴器を壊されたことを先生に告げ口したことに激高した将也は、硝子に殴りかかりケガをさせる。
このケガがきっかけで硝子へのいじめについての学級裁判が開かれ、すべての罪が将也になすりつけられ、将也はいじめられっ子に転落。手のひらを返したように冷たくなるクラスメイトとは逆に、態度を変えず優しく将也に接する硝子であったが、そんな硝子に邪険に当たりつけてしまう将也であった。
ある日、硝子は突然聾学校へ転校していく。迷惑な存在が消えてせいせいしたという本音を隠さないクラスメイトと担任。こんな人間と一緒にいたくない、こんな大人になりたくない−そんな思いにかられた将也は、硝子に謝りたくて行方を探し始める。
高校生になった将也はようやく手話の勉強会で硝子に再会。当時のことを謝罪する将也に、会いに来てくれて嬉しいと返す硝子。将也は、初めて硝子と会話をしたように思うのだった。

リメイク版
将也の通学する小学校に、ある日、耳の聞こえない少女、硝子が転校してきた。
障害ゆえに授業を止めてしまうことも多く、また障害があっても積極的にクラスの活動にかかわろうとする硝子は、徐々に厄介な存在として敬遠されるようになっていった。
硝子の障害ゆえの音痴が原因で合唱コンクールの入選を逃したことが決定打となり、クラスメートによる硝子いじめが始まった。硝子は、クラスメイトから悪口などの陰湿ないじめを受けるが、中でも暴力的だったのが将也であった。そんな将也に対し、なぜか友好的な態度を示す硝子だったが、将也は筆談ノートを池に投げ捨て、補聴器を繰り返し壊すなど、硝子へのいじめをエスカレートさせた。
やがて、硝子が短期間に補聴器を8個も壊されたことでいじめが学校問題化。学級裁判が開かれ、すべての罪が将也になすりつけられ、将也はいじめられっ子に転落。手のひらを返したように冷たくなるクラスメイトとは逆に、態度を変えず優しく将也に接する硝子であったが、そんな硝子に将也は邪険に当たりつけてしまい、ついには取っ組み合いのけんかまで起こしてしまう。
その1か月後、硝子は突然転校していく。転校の翌日、将也はあることを知る。硝子が早朝、机に描かれたいじめの落書きを消しているのを将也は見かけていたのだが、その落書きが書かれていたのは将也の机だったということを。
5年後、高校生になった将也は硝子に再会。自分が池に投げ捨てた筆談ノートを硝子に返し、当時のことを謝罪した将也は、学んだ手話で「俺とお前 友達になれるか?」と聞く。硝子はその将也の手をしっかりと握り返すのだった。

連載版
小学校6年生になった将也は、退屈が大嫌いで危険な遊びを繰り返す、クラスのガキ大将的存在。
そんな将也の通学する小学校に、ある日、耳の聞こえない少女、硝子が転校してきた。
もの珍しさもあって当初歓迎される硝子だったが、障害ゆえに授業を止めてしまうことも多く、徐々に厄介な存在として敬遠されるようになっていった。
硝子の障害ゆえの音痴が原因で合唱コンクールの入選を逃したことが決定打となり、将也を中心として、クラスメートによる硝子いじめが始まった。そんな将也に対し、なぜか友好的な態度を示す硝子だったが、将也は筆談ノートを池に投げ捨て、補聴器を繰り返し壊すなど、硝子へのいじめをエスカレートさせた。
やがて、硝子が短期間に補聴器を8個も壊されたことでいじめが学校問題化。学級裁判が開かれ、すべての罪が将也になすりつけられ、将也はいじめられっ子に転落。手のひらを返したように冷たくなるクラスメイトとは逆に、態度を変えず優しく将也に接する硝子であったが、そんな硝子に将也は邪険に当たりつけてしまい、ついには取っ組み合いのけんかまで起こしてしまう。
その1か月後、硝子は突然転校していく。転校の翌日、将也はあることを知る。硝子が早朝、机に描かれたいじめの落書きを消しているのを将也は見かけていたのだが、その落書きが書かれていたのは将也の机だったということを。
その後、中学になってもいじめを受け続け孤立する将也。幸福な人生を諦めた将也は自殺を決意し、死ぬ前に一言謝罪しようと硝子を探し、高校3年生の春、手話サークルで再会するが、勢い余って学んだ手話で「俺とお前 友達になれるか?」と聞いてしまう将也。硝子はその将也の手をしっかりと握り返した。
自殺の理由だったいじめの被害者の硝子とあっさりと友達になれたことで自殺の大義を失い、友達とは何かを思索する将也。永束という新しい友人もできたことでその思いは強まるが、一方で硝子の家族からは過去のいじめを非難され、過去のいじめに対する罪の意識と、その贖罪への祈念が将也に重くのしかかっていく。
自分のせいで硝子が失った小学校時代の友人関係を修復しようとする将也。その働きかけにより、小学校時代のクラスメートが再集結していく。かつて硝子と友達になろうとして不登校になってしまった佐原は硝子の親友になり、実はガキ大将だった頃の将也が好きだった植野は、硝子との三角関係に巻き込まれつつ、硝子が転校してくる前の元気な将也を取りもどしたいと奮闘する。
小学校時代に一度壊れてしまった人間関係が、5年の歳月を経て、再び試されていく。学級裁判で崩壊した、かつての親友たちの信頼関係は取り戻せるのか。今も将也の心を苛む過去のいじめに対する罪の意識を克服することはできるのか。感情を押し殺し自分を犠牲にすることでばかり問題を解決してきた硝子は、自らを縛るその鎖を解き放ち自由になることができるのか。あの頃は届かなかった「聲(こえ)」を、今度こそさまざまな「形」で伝え合うことで、失ったもの、届かなかったもの、欲しかったものを手に入れようとする、かつてのクラスメートたちの群像劇。

注:このエントリの本文に限り、非商用利用に限って著作権と著作隣接権を原則として主張しません。ただしコメントについてはその限りでありません。なお、著作権・著作隣接権を主張しないのはこの「注」が入っているエントリだけです。
 また、このエントリに対してコメントをいただいた場合、そのコメントの内容を本文に反映させることがありますが、反映された後の本文についての著作権・著作隣接権はブログ主に帰属のうえ、上記の扱いになることを予めご了承のうえ、コメントを書き込んでくださるようお願いします。

posted by sora at 21:27 | Comment(2) | TrackBack(0) | Wikiっぽいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月11日

聲の形のWikiっぽいものを作る:バージョンごとの主要な相違点

こちらのネタも、地道に続けていきたいと思います。
今回は、「3バージョンの間の微妙な違い」についてです。

ちなみに、今回の「Wikiっぽいもの」は、「完全に客観的でフラットな最大公約数的な解説をする」のが目的ではありません(そこが「っぽいもの」たる所以でもあります)。
それよりは若干踏み込んで、「明確に描かれていないことでも、多くの人が同意するであるような解釈や人物像はむしろ積極的に盛り込む」という内容を目指しています。


バージョンごとの主要な相違点

・オリジナル版・読みきり版は小学校時代の硝子いじめから高校になって将也と硝子が再会するまで。連載版は読みきり版の期間に加えて、硝子が転校してくる前の将也の小学校生活と、再会後の高校生活を含む。

・連載版は、物語の視点を主人公である将也からのものに原則限定しており、特に硝子からの視点はまったく登場しないが、オリジナル版・読みきり版はそうではなく、硝子視点の部分が存在する。特にオリジナル版では将也視点と同等のボリュームで硝子視点が使われている。

・オリジナル版では硝子が転校してきたという描写はなく、長く同じ学校に在籍しているように見える。読みきり版、連載版では、硝子は将也の通う小学校に転校してきて、半年ほどでまた別の学校に転校していく。

・オリジナル版で登場する小学校の教師は担任の竹内だけだが、読みきり版・連載版では、「きこえの教室」の喜多先生も登場する(校長先生も登場)。さらに喜多の設定は読みきりと連載で微妙に異なり、連載版の方が経験がなく熱意だけが空回りする無能さが強調されている。

・硝子の障害の度合いに微妙な差がある。オリジナル版では、ある程度の聴力は残っている一方で発話はかなり拙く母音しか出せない。読みきり版では、中度以上のかなり重い聴力障害をもち、発話はほとんどない(3バージョンを通じて最も重い設定)。連載版では、聴力は読みきり版と同様とされている一方で、発話は子音も含めてある程度できる(訓練を積んでいる)ようになっている。

・あとのバージョンになるほど、小学校時代のクラスメートが増えている。オリジナル版→読みきり版で増えているのが広瀬、読みきり版→連載版で増えているのが佐原。(もちろんそれ以外でも、特に連載版では多くのキャラクターが増えているが、その点は省略。)

・将也がいじめられる側に転落したあとの、それまでの友人に対する将也の感情が異なる。オリジナル版と読みきり版では、「(すぐに手のひらを返す)こんな奴ら」とすぐに友人関係に見切りをつけるが、連載版では「あんなに仲がよかったのに友達は変わってしまった」と、失ってしまった友情への未練を引きずり、それが高校時代まで続く1つのトラウマとなっていく。

・硝子が去ってから再会するまでの間の将也の境遇が異なる。オリジナル版・読みきり版ではその過程は多くは語られず、将也は普通の中学・高校生活を送っていたように描かれているが、連載版では中学までいじめが継続し、高校でも孤立して幻聴が聞こえるまでにメンタルにダメージを受け、自殺をするつもりで硝子と再会する。

注:このエントリの本文に限り、非商用利用に限って著作権と著作隣接権を原則として主張しません。ただしコメントについてはその限りでありません。なお、著作権・著作隣接権を主張しないのはこの「注」が入っているエントリだけです。
 また、このエントリに対してコメントをいただいた場合、そのコメントの内容を本文に反映させることがありますが、反映された後の本文についての著作権・著作隣接権はブログ主に帰属のうえ、上記の扱いになることを予めご了承のうえ、コメントを書き込んでくださるようお願いします。

posted by sora at 23:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | Wikiっぽいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月12日

聲の形のWikiっぽいものを作る:登場人物編(5) 佐原みよこ

次は佐原です。

ちなみに、今回の「Wikiっぽいもの」は、「完全に客観的でフラットな最大公約数的な解説をする」のが目的ではありません(そこが「っぽいもの」たる所以でもあります)。
それよりは若干踏み込んで、「明確に描かれていないことでも、多くの人が同意するであるような解釈や人物像はむしろ積極的に盛り込む」という内容を目指しています。


主要人物

佐原みよこ(さはら みよこ)


佐原みよこ

連載版で新たに登場した小学生時代のクラスメート。顔のそばかすに加え、高校編では背の高さとハイヒールのブーツ、ポートフォリオと呼ばれる大きなかばんも特徴となっている。
小学校時代、硝子への対応が重荷になりつつあったクラスメート、特に植野の負担を軽減しようと、喜多先生が提案した手話の勉強を一人で頑張ると申し出たものの、それがかえって植野らの反感を呼び、「点数稼ぎの偽善者」と非難されたことがショックで不登校となる。
中学に入っても保健室登校だったが、高校は植野と同じ太陽女子学園に進学し同じく服飾を専攻、学内コンクールでは植野に続く銀賞を獲得。このコンクールの結果がきっかけで植野とも和解し、過去とも折り合いをつけて明るくさばさばした性格を取り戻した。
将也の働きかけにより、高校3年になって硝子と再会、交流を深めるようになる。佐原は不登校になって以降も手話の勉強を続けていたため、硝子とも手話で会話ができる。
硝子と将也の過去のいじめの問題を知りつつ、現在では互いに好意を抱いていることを認め、理解している数少ない登場人物の一人であり、二人のよき理解者となっている。

注:このエントリの本文に限り、非商用利用に限って著作権と著作隣接権を原則として主張しません。ただしコメントについてはその限りでありません。なお、著作権・著作隣接権を主張しないのはこの「注」が入っているエントリだけです。
 また、このエントリに対してコメントをいただいた場合、そのコメントの内容を本文に反映させることがありますが、反映された後の本文についての著作権・著作隣接権はブログ主に帰属のうえ、上記の扱いになることを予めご了承のうえ、コメントを書き込んでくださるようお願いします。

posted by sora at 21:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | Wikiっぽいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月14日

聲の形のWikiっぽいものを作る:登場人物編(6) 永束友宏

次はビッグフレンド永束です。

ちなみに、今回の「Wikiっぽいもの」は、「完全に客観的でフラットな最大公約数的な解説をする」のが目的ではありません(そこが「っぽいもの」たる所以でもあります)。
それよりは若干踏み込んで、「明確に描かれていないことでも、多くの人が同意するであるような解釈や人物像はむしろ積極的に盛り込む」という内容を目指しています。


主要人物

永束友宏(ながつか ともひろ)


永束友宏

高校編における将也のクラスメイト。連載版で初めて登場。モコモコした髪型(うんこ頭)と小柄で小太りの体格が特徴。
クラスメートに自転車を強奪されそうになって困っていたところを将也に助けられたことをきっかけに将也と友達になる。将也にとって、小学校時代に孤立して以降久しぶりにできた友人だった。
将也と最初に見た映画に刺激を受け、自分が監督になって映画を撮ることを将也に提案し、これが物語後半の重要なエピソードとなる映画撮影につながっていく。
自己中心的で見栄っぱり、追い詰められると平気でウソをつく、面倒な問題はお金で解決しようとするなど、性格に問題はあるものの、情に厚く将也との友人関係を何より大切にしている。
勘違いから植野から好意を寄せられていると思い込み、植野に告白してボロクソに罵られたことから、植野を苦手としている。

注:このエントリの本文に限り、非商用利用に限って著作権と著作隣接権を原則として主張しません。ただしコメントについてはその限りでありません。なお、著作権・著作隣接権を主張しないのはこの「注」が入っているエントリだけです。
 また、このエントリに対してコメントをいただいた場合、そのコメントの内容を本文に反映させることがありますが、反映された後の本文についての著作権・著作隣接権はブログ主に帰属のうえ、上記の扱いになることを予めご了承のうえ、コメントを書き込んでくださるようお願いします。

posted by sora at 07:32 | Comment(6) | TrackBack(0) | Wikiっぽいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「Wikiっぽいもの」カテゴリを更新しました。

先日より少しずつ書かせていただいている「Wikiっぽいもの」カテゴリですが、これまでにいただいたご意見を反映させ、また登場人物編についてはイメージ画像を追加したりして、全体的に更新しました。

「Wikiっぽいもの」カテゴリの記事一覧

よろしくお願いします!
posted by sora at 16:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | Wikiっぽいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする