2014年09月17日

第53話、感動の再会なのに今回も夫婦漫才(笑)

さて、第53話は、「普通に病院で再会するのでは」という予想を裏切り、「マジであの場面から将也が橋にやってきて二人が再会」という、ある意味コテコテの、でも感動的な再会劇となりました。

でも大今先生は、この2人についてはいつも、真面目に向き合うとどうしても夫婦漫才的なコントになってしまう、そういった演出上の味付けをしています。

考えてみると、あの超名場面である第23話も、ポニーテールで大盛り上がりの将也から始まり、硝子の必死の口話、それに対して将也がさっくりと「手話使えよ」と受け流し、その後の硝子の手話で結絃がよだれをたらしていたり、せっかくもらったプレゼント(ガーデンピック)を飴だと思ったりと、会話が完全にコントになっていましたし、最後の「うきぃ」を将也が「月」と勘違いして「きれいだね」という「奇跡のボケ」をかます漫才っぷりに、硝子自身まで苦笑いして走り去っていきます。
あとは、遊園地回のあとの橋での「ほめ殺し」も、無理しまくりの表情の将也とわけがわからず赤面する硝子、最後に靴下とパンをほめるという将也の暴走っぷりが完全にコントでした。

さらに遡ってみると、スマホを手に入れた将也が硝子のメアドを手に入れようとしたら佐原の連絡先を聞かれた場面も漫才ですし、さらに遡って結絃の妨害を永束がさえぎって久しぶりに橋で再会したシーンでも将也が「いいバゲット」を見せて硝子がびっくり、というコントのシーンがあり、さらにさらに遡れば、高校で最初に再会した場面も、いきなり「友達になれるか?」という手話をぶつける将也の手を真っ赤になりながら思いっきり握りしめる硝子も、さらにその前、「忘れ物」といって筆談ノートを見せる将也に思いっきりびっくりする硝子も、どれも「夫婦漫才」の要素が満載です。
(そういえば、「筆談ノートでびっくり」の硝子と、今回の「硝子を橋で見つけてびっくり」の将也は、リアクションがそっくりでした。)

つまり、この2人は再会した頃からずっと、夫婦漫才を続けてきたということですね。

ちなみにこの2人の「夫婦漫才」は、どちらもボケになりうる、というところに特徴があります。
第23話では、硝子が口話を使っているあたりは硝子がボケ、将也がツッコミとなっていますが、最後の「うきぃ」に対して将也が「月?」と聞くところ、そして将也がかっこよく「キレイだね」と返したところは、将也の大ボケに硝子が「ダ」と逃げる形でツッコミと、攻守入れ替わっています。

そして今回も、久しぶりの「奇跡の再会」で感動の場面ですが、やっぱりコントになっています。


第53話、15ページ。

将也のこの気の抜けた「よっ」から、夫婦漫才スタートです。

まず、大今先生渾身の「仕込み」で、お互いがお互いに相手をユーレイじゃないかと思わずにはいられないような演出がなされています。

硝子は、肩を痛めていることもあってボサボサの髪、寝間着のままで深夜に橋にいるという異常な状況、そして将也に気づいてもすぐには動かない(これは逆に、硝子も将也をユーレイだと思ったからですが(笑))といった状況から、硝子のことを「それとも西宮のほうがユーレイだったり?」と思ってしまっています。
(読者からはさらに、これまでの硝子が表情を殺して幽霊のように動き回っている姿や、植野が「ユーレイかと思ったわ」と言ったりした場面を知っているので、いっそう硝子が「ユーレイっぽく」見えていますね。)

一方の将也は、病院で昏睡しているはずなのに深夜の橋にいきなり登場して「よっ」と声をかけてくるという「絶対にありえない状況」ですし、しかも着ているのが白い入院着で、どこからどう見ても「ユーレイの白装束」にしか見えません
さらに、フラフラ、ユラユラと歩いてきたのでしょうし…。

そして、二人は同じタイミングで目をこすり、


第53話、16ページ。

同じタイミングで相手をいぶかしげに見つめ、自分の頬をつねる将也におずおずと硝子が近づき、指で将也をつついて「実体」があることを確認してびっくり、という、これまたコテコテのリアクションで、しっかり「夫婦漫才」を見せてくれました。


第53話、17ページ。

さらに、これは第53話の時点ではまだ「漫才」に展開していませんが、きっと何か起こるだろう「伏線」として、将也がカテーテルを垂らしたままで橋にきている、ということがあげられます。
カテーテルを垂らしている姿もユーモラスですし、さらにカテーテルの性質上、将也の尿はどんどん出てきてしまっている(ただ、将也はちゃんとキャップははめたようです)はずで…。
将也がこんな状態で「感動の再会」をしている2人、というのも、傍から見たらコントにしか見えません。

感動の場面であってもたっぷりとネタ要素を仕込み、夫婦漫才を展開させるのも、この「聲の形」の面白さだと思います。
posted by sora at 12:56| Comment(3) | TrackBack(0) | 第7巻 | 更新情報をチェックする

2014年09月18日

第53話までで、第2巻前半のリフレインが完成している?(1)

第53話は、まさかの「将也と硝子が同じ夢を見ていた」+「将也と硝子が深夜に橋で劇的な再会」という、想像を超えた奇跡が起こりまくりという異例の回となりました。

…と書くと、第53話がこれまでの構成から逸脱した回のように思えるのですが、よくよく読み返してみると、実は第53話は、第42話から続く、「第2巻のリフレイン」という構造を美しく決めた回だったことに気づきます。

もう少し詳しくいうと、第42話~第53話のなかに、2つの「リフレインする物語」が、入れ子構造のように組み込まれているように読み取れるのです。

リフレイン構造1:結絃視点を含む各自視点回

第2巻後半から第3巻の、「過ちを批判されながらも、かつての仲間を集める話」を、

 第2~3巻:過ちを批判する人:結絃、批判される人:将也、かつての仲間を集める人:将也

 第6巻:過ちを批判する人:植野、批判される人:硝子、かつての仲間を集める人:硝子


というメンバー差し替えでリフレインする構造になっている。


リフレイン構図2:将也視点回と硝子視点回

第2巻前半の、将也と硝子が最初に再会してから、次に(2週間後に)もう一度会うまでの展開を、

 第2巻:将也が硝子に会いに行く。

 第42話~第53話:硝子が将也に会いに行く。


というメンバー差し替えでリフレインする構造になっている。


このうち、第53話によって描かれかたがはっきりしたのは、「リフレイン構造2」のほうになりますので、次のエントリではその第2のリフレイン構造について考えてみたいと思います。
ラベル:第53話 第09話
posted by sora at 07:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 第7巻 | 更新情報をチェックする

第53話までで、第2巻前半のリフレインが完成している?(2)

さて、前エントリを受けつつ、第53話の「橋での奇跡の再会」で、将也-硝子ラインについて、第2巻前半のリフレインが完成したように見える、という話を書いてみたいと思います。

まず、第2巻での再会~2回目の橋での再会までの流れは、こうなっています。

1)将也が硝子に対して犯した過ち(硝子へのいじめ)がスタート地点。
2)にも関わらず、硝子は将也を見捨てず、腕をつかんでくれた。
3)それによって、将也は自殺することを免れた。
4)その後、将也は硝子に会いに行こうとするが、「お前は会っちゃダメだろ」と批判されて、会えない。
5)将也自身も、自分に硝子と会う資格があるのかを自問する。
6)会えない期間が2週間続く。
7)将也が橋にいるところに、硝子がやってきて劇的な再会。
8)将也と硝子が「同じこと考えていた」ことを知る。


一方、今回、第5巻ラスト~第53話での橋での出会いまでの流れは、こうなってます。

1)硝子が将也に対して犯した過ち(将也を振り切って自殺を決行)がスタート地点。
2)にも関わらず、将也は硝子を見捨てず、腕をつかんでくれた。
3)それによって、硝子は自殺することを免れた。
4)その後、硝子は将也に会いに行こうとするが、「お前は会っちゃダメだろ」と批判されて、会えない。
5)硝子自身も、自分に将也と会う資格があるのかを自問する。
6)会えない期間が2週間続く。
7)硝子が橋にいるところに、将也がやってきて劇的な再会。
8)硝子と将也が「同じ夢を見ていた」ことが示されている。


将也と硝子を入れ替えて、まったく同じ展開になっている(もちろん、意識的に合うように調整して並べていますが、それにしてもそっくり)ことが分かります。

第42話のラスト、将也は硝子の腕をがっちりとつかむことで、硝子の自殺を阻止します。
これは、第2巻の冒頭で、硝子が将也の差し出した手をつかむことで、自殺しようとしていた将也に生きる選択をさせたことと対応します。

そして、その後、第2巻では将也は手話サークルを繰り返し訪れますが、その都度結絃に妨害されて、「そこにいることは分かっている」のに、硝子に会うことができません。
将也自身も、「自分が硝子を傷つけた人間である」という自責の念があるために、硝子に会う資格があるのだろうかと自問を繰り返します。


第2巻63ページ、第8話。

一方、第6巻でも、硝子は将也に会おうと病室を繰り返し訪れますが、その都度植野に妨害されて、やはりそこにいることが分かっている将也と会うことができません。
硝子自身も、「自分が将也を傷つけた人間である」という自責の念にかられて、将也に会う資格があるかどうか悩みます。(こちらでは、植野が「病室に入る資格」について語るシーンもありました。)


第46話、4ページ。

ここで、第6巻では「硝子が映画の仲間を再結集させる」という別のイベントが挿入されますが、これは第2巻ではこの位置ではなく、第3巻の佐原・植野イベントに相当すると考えられますから、前エントリでも触れたとおり、ここで物語のリフレインが2重の入れ子構造になっていることが分かります。

さて、そうこうしているうちに、第2巻でも第6巻でも、およそ2週間の時間が流れます。
第2巻では、将也は手話サークルへの訪問を再度チャレンジしますが、改めて結絃に阻まれて会えず、第6巻では、硝子はいてもたってもいられずに深夜に「橋」を訪れますが、やはり当然ながら将也には会えません。

ところがそこに、第2巻では手話サークルから将也を追いかけて追いついた硝子が現れ、ちょうど「橋」の上で劇的な再会となります。
第53話では、病室から硝子を探して脱走した将也が現れ、ちょうど「橋」の上で劇的な(奇跡の)再会となります。

そして、第2巻で「橋の上で2週間ぶりに会えた」将也と硝子の会話では、2人が同じことを考えていた、という内容が印象的ですが、第51話から53話の展開もまた、2人が再会前に同じことを夢見て、同じ場面を「見て」いたことが非常に印象的になるよう構成されています。

こうやってみてみると、実に美しいリフレインの構造になっている事がわかりますね。

第53話での再会の場所が「橋」になっているのは、率直なところ物語の運びとしてはかなり強引な印象も残りますが、このリフレインの構造をしっかり締めて、将也と硝子が「ループする物語を時間をずらして生きている」ことを描写するために、作者がどうしてもこだわりたかった部分だったのかな、と思います。
ラベル:第53話 第09話
posted by sora at 07:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 第7巻 | 更新情報をチェックする

2014年09月19日

第54話の展開を予想する(1)

さて、第53話は、第52話のサブタイ煽りがかっちり(内容的に)当たって、橋の上で将也と硝子が出会うという展開となりました。

いや、出会うのはいいんだけどふつうその展開は予想しないでしょ…。
どんだけ斜め上の展開が好きなんだ大今先生(^^;)。

というわけで、ラストが近いせいなのか、最近サブタイ煽りが当たるようになってきている今日この頃、今回の次回予想もこの「次号サブタイ煽り」を活用してやっていきたいと思います。

今回、次号サブタイ煽りは「伝えたいこと」となっています
この流れでこの煽りを信じるなら、当然に、ここでいう「伝えたいこと」とは、

1)将也が硝子に伝えたいこと
2)硝子が将也に伝えたいこと


この2つに決まっています。

ですので順当にいけば、次回は橋の上で再会できた二人が、それぞれ相手に伝えたいことを伝える、という、カタルシスにあふれる回になることが予想できます。

ところがここでちょっと気になるのが、

硝子に意思伝達の手段がなさそう。

ということです。

硝子は肩を吊っているので手話ができませんし、さすがに筆談ノートも持ってきていないでしょう。
そうなると、口話で「うきぃ」なのかもしれませんが、第23話でも将也に「手話使えよ」とか言われてしまったくらいですから、これだけですべて乗りきるのも厳しそうです。
指文字で短文を伝えることができるくらいでしょうか。

ただ、すでに物語のなかで繰り返し示されているとおり、「聲の形」は「ことば」によるコミュニケーションだけではありません。
硝子が将也に「伝えたいこと」はたぶん、「将也を抱きしめる」ことだけですべて伝わると思います。
「抱きしめるにしても片腕が動かないだろう」という問題はありますけど(笑)、それでも、動く片腕で強く将也を抱きしめれば、硝子が将也に「伝えたいこと」はありあまるほど「伝わる」ような気がします。

というわけで、硝子が「伝えたいこと」はことば以外で伝わる、と予想したところで次のエントリに続けます。
ラベル:第54話 第53話
posted by sora at 08:11| Comment(4) | TrackBack(0) | 第7巻 | 更新情報をチェックする

第54話の展開を予想する(2)

さて、橋の上での再会からの、第54話の展開予想の続きですが、次回「伝えたいこと」で、将也は硝子にどんなことを伝えるのでしょうか

まあ、恐らく最初は、

1)生きていてくれてよかった。

ということになるでしょう。

将也自身、第43話の転落の時点で、あれで硝子をちゃんと引上げられて硝子が確実に生き延びてくれたと確信はできなかったでしょうし、もしかするとその後再度自殺してしまったかもしれない、とも心配していたと思います。
橋で会ったときも、そこにいるのがリアルの硝子なのか、ユーレイなのか疑っているくらいです。

だから、硝子がちゃんと生きていて、そこにいるということ。
何よりもそのことに感謝し、喜びを伝えることが、何より真っ先にくる「伝えたいこと」である
ことは言うまでもないと思います。


そしてそれ以外で思いつく「伝えたいこと」の筆頭なのは、

2)過去の硝子への行為についての謝罪。

だと思います。

別のエントリでも触れましたが、これまで将也は、自分が硝子に対して小学校時代に行なったいじめに「自分の犯した過ち」として向き合い、そのうえで硝子に謝罪することがどうしてもできませんでした。
将也が、とっくに壊れてしまってどこにも存在しない「島田らとの楽しい毎日」への呪縛からいまだに抜けられないように見えるのも、将也が小学生時代のさまざまなことを自分なりに清算できていないことが理由であるように思われます。
硝子に謝罪せず、硝子いじめという事実から目をそむけ続けるということは、将也の心のカレンダーを、硝子が転校してくる前の楽しい日々で止めることでもあるだろうからです。

第43話で、転落中の将也は硝子の右耳のキズを発見し、「補聴器事件」のときにつけたキズであることを思い出し、心の中で「ごめんな 西宮」と謝罪するわけですが、この謝罪を実際に行なうのは、この橋での劇的な再会場面をおいて他にはないでしょう。

考えてみると、この「耳のキズ」をつけた日こそ、硝子が将也に「友達になろう」と手話で話しかけ、それを無視した将也が筆談ノートを池ポチャし、硝子がすべてを「諦め」て結絃に「死にたい」ともらした、その日に他なりません。
つまり、「耳のキズについて謝罪する」ことは、将也が硝子に対して繰り返したいじめのなかでも、最も残酷で、硝子に最も辛い思いをさせた行為を、ダイレクトかつピンポイントに謝罪することにつながると言えます。

逆に言えば、だからこそ将也の謝罪はシンプルでいいのだと思います。

「その耳のキズ、俺があのときにつけたキズだよね。あのときは本当にごめん、あの頃の俺は本当にバカだった」

耳のキズのことだけを謝れば、「すべて」が伝わる、そう思います。
だから、将也が何よりも先に、硝子への謝罪の気持ちを「伝えたいこと」として伝えられたら嬉しく思います。

あと、それ以外に考えられる「伝えたいこと」としては、

3)高校で再会してからのふがいない自分に対する謝罪。

があるのではないか、と思います。

第43話で神様と「取引」をした将也は「西宮を言い訳にしません」と約束しました。
実際、橋崩壊事件から花火大会までの将也は硝子に依存し、「硝子を守る」ことを言い訳に自分の弱さを直視せず逃げ回っていました。
それどころか、再会後、橋崩壊事件までの将也も、クラスメートにつけた×もそのまま、過去を思い出すのが怖いから硝子と深く関われないなど、実は対人関係も(孤立していた時代と)大して変わらないふがいなさでした。

将也は、硝子の自殺の原因の一端がそういった自分の弱さ(と、その結果として硝子に与えた負担)にもある、と自覚しているはずです。
ですから、将也が硝子に「伝えたい」もう1つのこととして、小学校時代の過ちだけでなく、再会後の「ふがいなさ」についても、率直に話し、これからはちゃんと向き合っていく(だから自殺なんてもうしないでほしい)という話をするのではないか、と想像します。


4)そして、硝子に対する率直な恋心を。

第43話で、転落して意識を失う直前、最後の最後に将也が硝子に伝えたい、と思ったことは、「ちなみに 俺はさ」でした。
もちろんこの先に続くのは「お前のことが好きなんだ」しかありません。

これをいつ言うのか。
死んだも同然のところから生還してきて、深夜の橋の上で二人きり、なんていうこれ以上ないシチュエーションなわけですから、ここで言わないわけにはいかないはずです。

もし本当にここで将也の告白があったら、まさに聲の形最大のクライマックスの到来ですね。

その「告白」は、たぶん「好きなんだ」ではなく、

今度こそ、来年の君の誕生日を一緒に祝おう。

これしかないのではないでしょうか。

KOEKATA_52_011.jpg
第52話、11ページ。

それに対して硝子が「伝えたいこと」、それは、その「一緒に」の手話をした将也を抱きしめること、それで「すべて伝わる」でしょう。
腕を吊っていて手話ができないことも、筆談ノートを持ってきていないことも、ここまでくれば硝子の心からの「聲」を伝えるのになんの問題にもならないはずです。
ラベル:第53話 第54話
posted by sora at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 第7巻 | 更新情報をチェックする