当ブログでは、いわゆる発売日前の「フライングのネタバレ」に関する話題は扱いません。フライングのネタバレとなるコメントはご遠慮ください。ご協力よろしくお願いします。(発売日後のネタバレはOKです。)

おすすめエントリ(最初はこちらからどうぞ)

2014年06月15日

今日は、4巻最大の見せ場・将也たちが遊園地に行く日です!

さて、単行本4巻の発売も2日後にひかえ、Amazonにもようやく画像が出てきました。


聲の形(4)
大今良時
少年マガジンコミックス

さて、その4巻の表紙にも使われているとおり、前半は「遊園地編」なわけですが、実は今日6月15日は、(私のカレンダーによると)まさにその、将也たちが遊園地に遊びに行く日になります!


(第25話1ページ)

呼んでもいないのに植野が登場し…


(第25話16-17ページ)

この「友達っぽい!」に続くわけですが、ここからまた将也は受難が続くわけですね(笑)。

さて、今日ナガシマスパーランドに遊びに行く方はいらっしゃるのでしょうか?(^^)
posted by sora at 08:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 第4巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月17日

コミック第4巻、本日発売です!

今回は3か月も待たされてしまいましたが、いよいよ本日、「聲の形」第4巻が発売です。


聲の形(4)
大今良時
少年マガジンコミックス





今回は、遊園地編と祖母編(あえてネタバレを避けるために祖母編と書いておきます)ですね。
植野の大活躍?も見れますし、西宮家の家庭の事情も分かってきます。

既にゲットした方の情報によると、番外編2も収録されているようですから、3巻最後の「うきぃ」もフォローされていることになりますね。

また、名物?の帯の熱いキャッチコピーも健在のようです。

というわけで私も午後くらいにゲットする予定です。
楽しみです。


追記:買ってきました。今回は40話のカラーが特典についていたアニメイトで買いました。



これまで、裏表紙は割と地味なものが多かったですが、今回はカラフルでいい感じですね。



そして、いつも笑わせてくれる(あまりに内容からずれてポエムなので)帯のコピーは今回も健在。



「誰にも聞かれず、そっと話す。後悔と愛を。」って、たぶん「愛」のほうはまだ40話まできても話してない気がしますお(笑)。
posted by sora at 07:07 | Comment(6) | TrackBack(0) | 第4巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月21日

「聲の形」、単行本の表紙はなぜ色かぶりしている?

さて、いよいよ単行本4巻もリリースされて盛り上がる「聲の形」ですが…
単行本の表紙について、どうしても気になってしまうことがあります。

それは、

どの表紙もなんか色かぶりしてるぞー!

ということです。

色かぶりというのは写真とか動画とかの映像用語で、画面全体に特定の色が偏って発色している(ある特定の色が全体を覆っている)ことをいいます。
よく、電球の下で写真を撮ると、全体的にオレンジっぽい写真が撮れてしまうことがありますが、あれが色かぶりですね。別の言い方をすると「ホワイトバランスがおかしい」ということになります。

色かぶり
↑左が色かぶりしてる写真、右が補正した写真。
 これ、かなりひどいですが、実際にこういう写真が(特にLED照明の下だと)撮れちゃうんですよねえ。

で、そういう目で単行本の表紙を見ると、今回出た第4巻は、ちょっと個人的には我慢できないくらい「緑かぶり」しています。
まるで映画「マトリックス」シリーズの仮想空間(MATRIX)全体が緑かぶりで表現されていたのと同じ違和感を感じてしまいます。



この「緑かぶり」を映像的に解消すると、たとえばこんな感じになります。



うーん、個人的にはこっちのほうがいいなあ。何か意図があるのだとは思いますが…

ちなみに、第1巻から3巻の表紙も、若干色かぶりしています。3巻がかなりひどくて2巻が一番マシ。


      ↓


最後におまけで、この色かぶり修正ツール、私はこれを使ってます。いろいろ使いましたがこれが一番便利。

http://www.isl.co.jp/jpegphoto/
SILKYPIX JPEG Photography
posted by sora at 08:40 | Comment(2) | TrackBack(0) | 第4巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月22日

将也のまんじゅう食いっぱぐれ事件とは?

これは気がつくと本当に面白いので、4巻が発売されたら記事にしたいと思っていたネタです。

第4巻第27話〜28話で、「ゴクヒ映像」をもって将也の家に遊びに来る結絃。
母親に「冷蔵庫のお饅頭食べなさいね」と言われ、将也はまんじゅうを用意して結絃と「ゴクヒ映像」を見ます。


第4巻73ページ、27話。ちゃんと最初はまんじゅう2個あります。

そして、結絃は映像が始まるとすぐにまんじゅうを食べています。


第4巻75ページ、第27話。いきなり植野が「あんたのことが嫌い」と言って二人とも目が点。でも結絃はしっかりまんじゅう食ってます。

これで、皿の上のまんじゅうは1個になっています。

ところが、そのあともよく見ると…


第4巻91ページ、第28話。なんとまた結絃がまんじゅう食べてます。

残り1個だったまんじゅうを結絃が食べてしまったので、当然ですが…


第4巻91ページ、第28話。

結絃が帰った後、まんじゅうを食べようとして皿に伸ばした将也の手がスカります(笑)。
もうこのときには、まんじゅうは1個もなくなっています。
将也はまんじゅうを食いっぱぐれてしまいました。

シリアスな顔をして植野と硝子のことを考えている将也ですが、このときの頭の中の何割かは、実際には「あ、結絃、まんじゅう2個とも食いやがった!」になってるはずですね。

物語の本筋と全く関係のないところにこういうコメディが入っているのが楽しすぎです。
タグ:第28話 第27話
posted by sora at 08:37 | Comment(8) | TrackBack(0) | 第4巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月23日

第4巻、川井の真柴への恋心が最もよく分かるコマは?

えー、これはコネタです(笑)。

第4巻では、川井と真柴が、物語の主要メンバーのなかに入ってきます。
そして、川井は真柴に恋心を抱いていて、折にふれてアプローチをしかける(そもそも将也・永束の映画企画に川井が割り込んできたのも真柴狙いですし)わけですが、そんな川井が真柴にぞっこんであることが、視覚的にはっきり表されているコマがあるのです。

それが、このコマです。遊園地編、第4巻48ページ、第26話です。



この引きのコマだと分かりにくいですね。
川井のところだけズームアップしてみると…



飛ばしてます。
川井が真柴を見つめて、ハートマークを飛ばしています(笑)。
こんなにはっきり恋心が「視覚化」されているページは、後にも先にもこのページだけでしょう。

しかもこのページ、将也が「友達っぽい!」の後で島田と出会ってしまい、気持ちがダダ下がりしているまさにその瞬間のコマであり、将也は気持ち最悪、植野は石田を怒らせてしまってオロオロといった割と修羅場な状況なんですが、川井のところだけ別世界になっています。

このコマ、普通に物語を追っているとコマの右端の将也・植野にしか目が行かないわけで、そこであえて狙って(多くの人の目に止まりにくい)コマの左側にこういうお遊びを入れてくるのはさすがです。
タグ:第26話
posted by sora at 07:16 | Comment(2) | TrackBack(0) | 第4巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする