当ブログでは、いわゆる発売日前の「フライングのネタバレ」に関する話題は扱いません。フライングのネタバレとなるコメントはご遠慮ください。ご協力よろしくお願いします。(発売日後のネタバレはOKです。)

おすすめエントリ(最初はこちらからどうぞ)

2014年12月23日

第49話を受けて、これまでの真柴の言動を再チェック(3)

※このエントリは、第49話連載時に書いたものです。そのため、その後の連載の内容と齟齬があったり考察に変化がある場合があることをご了承ください。

登校日の真柴との会話で疑心暗鬼になった将也は、川井の逆鱗に触れて過去のいじめを誇張された形でばらされてしまいます。

5)川井の「暴露」から橋で将也と再会するまで

川井の過去の「暴露」に対して、将也は、

将也「川井さんだって 悪口言って 一緒に楽しんでたくせに……!! 同族がエラソーに説教すんなよ!!」


第5巻109ページ、第38話。

とキレます。
ここは、どうしても過去の自分のいじめ行為について謝罪することができないという、密かに将也にかけられている「呪い」が発動した場面でもありますが、一方で、いじめ被害者である真柴は、将也のこの発言で、「当時の川井の立ち位置」がどのようなものであるか、だいたい想像がついたことでしょう。
だから、第49話で、川井にかまをかけて、「いじめの輪のなかにいたのに自分は悪くないなんて言ってる人は嘘つきだ」と川井自身に言わせるというわざをなしとげています。


第6巻123ページ、第49話。

そして、次に橋で将也と再会したときには、

真柴「川井さんから事情は聞いたよ 君が反省してるってことも」

と話しかけています。そのうえで、川井に「ほら…」とうながして、川井に反省の弁を述べさせていますが、これは、(同じいじめの輪のなかにいたのだから)少なくとも川井には将也を厳しく責める資格はなく、川井ー将也間ではお互い謝るべきだ、という真柴の価値観の現れだったのではないかと思います。
(そのうえで、将也自身の過去のいじめ行為そのものを許したわけではなかったことは、この後の真柴の言動が示しています。それについてはこの後で)


6)そして橋崩壊事件から「他人様」へ

真柴に促されて形だけの謝罪をしようとした川井でしたが、結局やはり「自分は悪くない」の一点張りで将也や植野とぶつかってしまい、「お互いに謝罪」どころか、そのまま当時の小学校メンバー全員を巻き込んだ誹謗中傷合戦に突入し、最後は将也がすべての関係を壊します。

ここで、植野が立ち去っていったときに

「いくら善人になったつもりでも いつか 報いは受けるんだな」

とつぶやいたのは、今になってみれば、真柴以外には考えられない
ことが分かります。

過去にいじめ加害者だった人間(将也)が、それを隠して「善人ぶって」高校生活を送っていたにもかかわらず、しっかりと「過去の過ちに対する報い」を受けたことは、過去のいじめと、その加害者がのうのうと幸せそうに生きているのを見てきた真柴にとって、納得のいく展開だったと思います。
(それに加えて、この真柴のせりふは、植野や川井らの「いじめ傍観組」も「報い」を受けた、という意味も含まれていると思います)

そして、「殴りたいなら殴れ」と言った将也に対し、真柴は躊躇せず全力で殴り付けます。


第5巻135ページ、第39話。

なぜ、川井に対し「将也に謝れ」と言った真柴が、将也を躊躇なく殴ることができたのでしょうか?

恐らく真柴は、「将也がいじめ加害者だったこと」を許してはいなかったのだと思います。
一方で、川井については、同じいじめの輪のなかにいて、少なくともいじめを止めていなかった(将也の言葉を信じるなら、一緒に悪口を言って楽しんでいた)わけだから、将也を責めて陥れる資格などない、とも思っていたでしょう。
いじめの被害者であった真柴にとって、川井のようないじめ傍観者が、直接の加害者を断罪できるなどとはまったく思わなかっただろうと思います。

でも、真柴自身は、この「橋崩壊事件」で修羅場を展開した、「当時の硝子いじめの輪のなかにいたメンバー」ではありません
ですから、真柴だけは、将也の過去のいじめを「絶対的な悪」として、将也を断罪する「資格」を持っている、と考えることができます。

だから、真柴は将也を殴ったのでしょう。
真柴のなかでは、川井に「将也に謝れ」と促すことと、自分自身が将也を断罪して殴り付けることは矛盾していなかったと思います。

このとき、真柴自身が、結絃から聞かれて、その価値観を明確に答えています。

結絃「何様だよ お前」
真柴「他人様



第5巻136ページ、第39話。

当時の硝子いじめの輪のなかにいなかった「他人様」である自分だからこそ、当時の過ちについて、断罪し裁くことができるのだ、と真柴は言いたかったのだと思います。

このあと、真柴の物語は第49話につながっていくことになります。
posted by sora at 08:16 | Comment(2) | TrackBack(0) | 第6巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
真柴は普段は感情を隠すタイプなので、真意のわかりにくいところがありますが、かなりすっきりしました。

あの二人にはまだ恐怖心を抱いていたんですね。汗をかくこともなく平然と立っていたので、そうは思いませんでしたが、よく思い出せば女の子が一方的に話していただけで、真柴は固まっていたのかもしれません。

真柴は将也を殴って断罪しました。川井にはその後カマをかける発言をしただけで終わったのは、43話の出来事で考えを改めたからなのか、39話の時点で川井まで断罪していたらキリがないと思っていたのかはわかりません。

(私はいじめ被害者ですが、一般的な学校いじめで川井レベルの加担なら注意くらいが妥当だと思っています)

Posted by せら at 2014年12月23日 16:59
せらさん、

コメントありがとうございます。

このエントリでは、最後のところ、真柴がなぜ「他人様」と言って去ったのか、をずっと考えていました。
その部分にそれなりに納得できる「答え」が出せたので、「真柴回」の読み解きはそれなりにうまくいったかな、と思っています。

川井については、あの時点で既に将也への「断罪」は間違っていたのではないかと真柴は感じていたはずなので、川井に対して同じことはやらなかったんだろうと思います。

Posted by sora at 2014年12月25日 00:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]
※複数の名前の使い分け、なりすまし、名無し投稿等はご遠慮願います。

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]
※エントリの内容に沿ったご意見をお待ちしています。なお、批評の範疇を超えたキャラ叩き、断罪、作品叩き、中傷コメントなどは遠慮願います。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/411106578
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック