当ブログでは、いわゆる発売日前の「フライングのネタバレ」に関する話題は扱いません。フライングのネタバレとなるコメントはご遠慮ください。ご協力よろしくお願いします。(発売日後のネタバレはOKです。)

おすすめエントリ(最初はこちらからどうぞ)

2014年12月20日

硝子が目指す「映画再開」の意味とは?(3)

※このエントリは、第50話連載時に書いたものです。そのため、その後の連載の内容と齟齬があったり考察に変化がある場合があることをご了承ください。

さて、話を映画再開に戻して、硝子が筆談ノートでいっている「石田君がやっていた仕事 私にやらせてください」の部分の真意を掘り下げたいと思います。


第6巻75ページ、第46話。

この部分の端的な意味は「私は仲間集めの仕事をやります」ということになるでしょう。

そして、実際に、ものすごい情熱と猪突猛進の行動力で、映画再会を周囲に迫っています。
その行動は、川井には「どーしちゃったの西宮さん」と言われ、植野には「いーかげん諦めてよ」「うざい きもい」と言われてしまうほどの入れ込みようです。

ただ、実は硝子にとって、「自分がかつて壊してしまった、将也の小学校時代の関係を修復したい」という思いは、今回の映画再開よりもずっと前から、硝子はやりたいと思っていたこと(でもこれまでは行動する勇気がなくてできなかったこと)だったのです。

第3巻に、こんなシーンがあったのを覚えているでしょうか?
将也が硝子と佐原を再会させた後、硝子に「小学校の奴で 他に会いたい奴とかいる?」と聞いたとき、硝子はかなり長い間考え込んだあとで、


第3巻66ページ、第18話。

硝子「あなたは?」

と聞き、将也が、「俺は会いたい奴なんかいない」と返しても、さらに食い下がって、

硝子「本当に?」

と聞き返しました。

このとき、過去のトラウマに襲われてしまった将也は激高し、「本当にいないからッ……!!」と叫んで硝子をびっくりさせてしまいます。


第3巻68ページ、第18話。

このエピソード、第3第18話で、65ページから70ページあたりまで、実に6ページという長さにわたって描かれています。1話20ページ程度しかない連載で、これだけのボリュームをとったエピソードというのはある意味異例といえ、それだけこのシーンが重要だということを示しています。

そして、このシーンは、硝子が、自身の佐原との再会を1つの契機として、「自分が壊してしまった、小学校時代の将也とクラスメートとの関係修復の役に立ちたい」という思いをはっきりと持った、そういうエピソードとして描かれていたんだ、と、いまの映画再開に突き進む硝子を見ると気づかされます。

このときに持った「将也の過去の関係修復への淡い思い」は、橋崩壊事件から自身の自殺、将也の身代わり転落という経緯をへて、いまや「これこそ自分が絶対にやらなければならない『使命』だ」というくらいの「強い確信」に変わったのだ、と思います。

それこそが、第45話でおもちゃの自動車を捨てたときに硝子が見せた「覚醒の表情」の背後にあった「決心」だったのではないだろうか、と思わずにはいられません。


さて、少し話を戻しますが、先のエントリで、硝子が映画撮影再開で目指しているのは、小学校時代までさかのぼって、「自分が壊してしまったものを再構築、修復すること」であろう、ということを書いてきました。

それでは、硝子にとって「小学校時代に私が壊してしまった、みんなが築き上げたもの」とはなんでしょうか?

細かいものまで考えていくとキリがないかもしれませんが、硝子が知っている範囲での、小学校の頃から5年以上たった今でも「修復すること」に価値が残っている関係に限定するならば、つきつめれば次の2つくらいしかないのではないかと思います。

・将也にとっての、島田や広瀬ら仲間との関係。
・植野にとっての「将也と楽しく過ごせたはずの時間」。


後者についてですが、第50話で、硝子が植野の映画復帰に非常に強くこだわっていることが示されています。
これは、「自分が壊してしまった」と思っている、「植野と将也との関係」を「取り戻そうと」しているからではないでしょうか。

考えてみると、植野自身も、第3巻で「私はただ取り戻したかっただけ 石田と私の時間を 西宮さんのせいで壊れてしまったあの時間」と言っています。


第3巻153ページ、第22話。

そして、硝子も、どうやら植野の将也への恋心に気づいていたフシがあります。
だとすると、(責任とか善悪とかそういう話は横においておいて)硝子が考える、「自分の存在によって壊れてしまった、小学校時代にみんなが築き上げたもの」のなかに「将也と植野の関係(とその未来の可能性)」が含まれている可能性は、相当高いと考えざるを得ません。
(そして、そう考えたときに初めて、硝子が植野の映画参加に異様にこだわっている理由もはっきりするように思います。)

そうなると、硝子はこれから、映画撮影が再開された状況のなかでは「植野と将也の関係が深まっていくように働きかける」という動きを見せる可能性があるわけですね。

うーん…。

そして、それだけではなく、硝子と映画再開についてはもう1つ気になることがあります。

考えてみると、硝子が「私が壊してしまったものを 取り戻したい」と言っているとき、「硝子自身」は、その「取り戻す」世界のなかに含まれていません
では、「取り戻した」あと、硝子はどこに居場所を見つけるのでしょうか?

可能性としては、硝子の活躍により、将也と「島田−広瀬ライン」との関係が修復され、植野もまた将也ともう一度修復できそうな「関係」を手に入れて、その他高校になってから生まれた橋メンバー間の「絆」も再生した、そういう段階で、硝子がどこかにいなくなってしまう、そういう展開が十分ありえるような気がしてならないのです。

「植野が残って硝子は去る」という展開ですね。
そう考えると、いまの硝子の映画再開の動きは、めぐりめぐって「植野フラグ」になっていると考えられるのかもしれません。

ただ、そうはいってもやっぱり「聲の形」は最終的には「将也−硝子」の世界に収斂していく、と予想しているので、いったん「植野フラグ」が立って硝子が消えても、将也は硝子を追いかける、探すという選択をして、「植野フラグ」は折られてしまう、という形で、7巻の終盤を迎えていく、といった展開になるのではないかと予想しますが…。

※アップ時の補足
物語が完結した今となっては、上記の予想は外れていますが、実は第51〜52話というのは、硝子が上記のような「自己犠牲的な関係修復をして自分は去る」という態度を翻して、自分自身を認め、自身の幸せのために行動することを決めた展開だったとも考えることができると思います。
第51話では、「将也が去る」という夢を見た硝子ですが、実はこれは「硝子が去る」というつもりだったということの裏返しだったと考えても、不自然ではないと思います。

posted by sora at 09:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 第6巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]
※複数の名前の使い分け、なりすまし、名無し投稿等はご遠慮願います。

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]
※エントリの内容に沿ったご意見をお待ちしています。なお、批評の範疇を超えたキャラ叩き、断罪、作品叩き、中傷コメントなどは遠慮願います。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/410954056
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック