2014年12月19日

第51話から改めて考える、硝子が「諦めたもの」とは?(10)

※このエントリは、第51話連載時に書いたものです。そのため、その後の連載の内容と齟齬があったり考察に変化がある場合があることをご了承ください。

硝子が一度手に入れようともがき、「諦め」、5年後に将也が改めて取り戻そうとあがき、それもまた失敗して再度「諦め」た硝子が選んだ選択が「自殺」でした。

自殺をいままさに決行しようとする硝子、それを止めに入る将也はダイニングの椅子につまづき、筆談ノートが床に落ちます。


第5巻186ページ、第42話。

ダイニングの椅子に筆談ノートがあったということは、硝子は飛び降りる前にこのノートを見ていた、ということになります。
小学校の頃、将也に池に投げ込まれて拾い上げた筆談ノートを見つめ、また池に落としてしまったときと同じ表情で、硝子は筆談ノートを見つめ、ダイニングの椅子に「落とし」て、そして自殺を決行してしまったのでしょう。
このときもまた、筆談ノートは「諦めたもの」「手に入れたかったもの」の象徴でした

ところが、自殺を決行したにもかかわらず、すんでのところで将也に救出され、結果、将也が身代わりに転落して長期昏睡の大ケガを負ってしまいます。
大切に思うがゆえに、そばにいてこれ以上不幸にしてしまう前に自分から離れていこうとしていた将也に大ケガを負わせてしまい、かつ「自殺」というある種の「逃げ道」を閉ざされた硝子は、家族全員で泣き、「幸せだったかもしれない過去」の象徴であるおもちゃの自動車を捨てた朝、決意したのだと思います。

将也が作り上げてくれたけれども壊れてしまったものを、こんどは自分が動くことで「取り戻す」ことを。

そして硝子は橋メンバーや竹内と交渉し、橋メンバーの再集結、映画撮影の再開にまでこぎつけます。
かつて手に入れようとあがき、「諦め」、その後将也が手に入れようとあがき、失敗し、また「諦め」たものが、ついに硝子自身の再度の「あがき」によって、手に入った瞬間だった、とも言えます。

でも、硝子はその日の夜に気づきます。
「手に入った」のに、満たされない自分の心に。
そして、いま硝子にとって、本当に手に入れたいものが別にあることに気づいたわけです。

この瞬間、硝子を逆説的に長く長く縛っていた「手に入れたかったもの」「諦めたもの」から、硝子は「卒業」した、と言えるのではないでしょうか。

だからこそ、硝子は深夜に駆け出したのだ、と思います。


第6巻166ページ、第51話。
ラベル:第51話
posted by sora at 07:11| Comment(4) | TrackBack(0) | 第6巻 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は深夜にかけ出した件は、2度めの夢で石田の命の危機を感じ取って、引き止めたかったからではないかと、思います。
石田の方も現在の橋で泣く硝子を夢で見ていますので、虫の知らせやテレパシーみたいな超常現象的な事がおきたと解釈してます。
Posted by よ at 2014年12月19日 21:23
よさん、

コメントありがとうございます。

そうですね、確かに硝子の夢は、将也の夢とシンクロしていました。
ただ、この「シンクロ」については、第53話になって初めて分かったことなので、このエントリ(51話連載時に書いたものです)では、そこはまだ分かっていない状態で書いているので、その部分には言及できていないです。
Posted by sora at 2014年12月20日 01:24
 コミックス読了後、興味深くこのサイトを拝見させていただいております。ブログオーナー様の非常に深い考察に、驚き頭が下がるばかりです。
 さて、硝子が「覚醒の表情」(オーナー様のこの表現、素晴らしいです)を見せる「おもちゃの自動車」を捨てるシーンについてです。
 「幸せだったかもしれない過去」を捨てる意味があると同時に、投身自殺を図った際に実際に使用した「踏み台」を捨てるという意味(死という結末との完全なる決別)もあるのではと思います。
 そしてそれは、結絃が「動物の死骸の写真」との決別(硝子がもう自殺という結末を選ばないから)という点で姉妹の行動がリンクすると考えます。
 (結絃が写真をはがしている時点では「自殺するな」という気持ちは伝わっていなかったと思っていますが、結果として硝子が「おもちゃの自動車」を捨てる行為により、結絃の気持ちは成就しています)
Posted by とし at 2015年01月04日 17:09
としさん、

コメントありがとうございます。

確かに、自動車のおもちゃを捨てることは、「あの瞬間」、死への踏み台にしてしまったアイテムを捨てるということで、「もう死なない」という決意は間違いなく示していると思います。
さらに、結絃の行為との関連があるという指摘も、興味深いですね。

実際、この「自動車のおもちゃ」については、いろいろまだ考察の余地があるような気がしています。
Posted by sora at 2015年01月06日 01:10
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック