2014年12月18日

第51話から改めて考える、硝子が「諦めたもの」とは?(6)

※このエントリは、第51話連載時に書いたものです。そのため、その後の連載の内容と齟齬があったり考察に変化がある場合があることをご了承ください。


第1巻114ページ、第3話。

水門小に転校してきた硝子がずっと挑戦し続けていた「手に入れたかったもの」への「最後の賭け」としての将也へのアプローチは、いきなり筆談ノートを取り上げられ、その後の握手も手話も無視され、あげくに奪われた筆談ノートを池に投げ捨てられるという、最悪の結果に終わりました。

硝子は、この捨てられた筆談ノートを池から拾わずに放置し、何かを「諦め」ました
連載版では表現されていませんが、読みきり版では、池のなかから一度は筆談ノートを拾い上げた硝子が、筆談ノートに当初こめていた願いと現状の悲惨さとの落差に絶望して、ノートをまた池に落としてしまうさまが描かれています。

このとき、硝子が「諦めた」もの。
それは、ここまでの考察で明らかなとおり、水門小に転校してきてから、必死に手に入れようとしてきた、「障害がなければ当たり前に手に入るような幸せな学校生活(と、そこから派生して手に入れたかった幸せな家庭の生活)」でしょう。

障害があっても、努力すればきっと何とかなる、そう信じて頑張ってきた硝子の挑戦はことごとく失敗し、どんなに努力しても乗り越えられない「障害をもっているというハードル」の高さに、硝子は押し潰されそうになっていたのだと思います。
クラスでの孤立がすすむなか、自分にかかわってくることを続けていたのはもはやいじめっ子の将也だけになっていたわけですが、そんな「クラスメートへの最後のつながり」ともいえる、将也への「最後の賭け」も無残な失敗に終わってしまいました。

ここで、これまで頑張ってきた硝子も「限界だった」のでしょう
ずぶぬれのまま帰宅した硝子は、結絃に対して「死にたい」と手話で伝えます。


第6巻52ページ、第45話。

夢見ていた、「あたりまえの幸せな学校生活」。
努力すればきっと乗り越えられると信じていた、「障害をもっているというハードル」。
「筆談ノート」はある意味、その2つのことの象徴だった
と言えるでしょう。
硝子がホンネで夢見ていたのは「自分に障害がないという世界」でしたが、それは不可能なので、実際に目指していたのは「障害があってもそれを乗り越えて、障害がないのと同じように幸せな世界」を実現することでしたが、それを実現するための「ツール」が、この筆談ノートだったわけです。

実際、硝子は転校初日の自己紹介で、この筆談ノートについて、

わたしは皆さんと このノートを通して 仲良くなりたいと 思っています。

と説明しています。


第1巻52ページ、第1話。

このメッセージは、決して社交辞令でもなんでもない、硝子の本気の願い、夢だった、ということです。

でも実際にはその筆談ノートは悪口で埋まり、唯一友人としてノートに書き込んでくれた佐原は不登校になり、あげくに将也に池に投げ捨てられてしまいました。

「手に入れたかったもの」を象徴する「筆談ノート」が池に投げ捨てられ、硝子は、それを拾うのを「諦める」ことで、「手に入れたかったものを手に入れる」ことも同時に「諦めた」、のだと思います。
posted by sora at 07:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 第6巻 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/410828857
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック