当ブログでは、いわゆる発売日前の「フライングのネタバレ」に関する話題は扱いません。フライングのネタバレとなるコメントはご遠慮ください。ご協力よろしくお願いします。(発売日後のネタバレはOKです。)

おすすめエントリ(最初はこちらからどうぞ)

2014年12月18日

第51話から改めて考える、硝子が「諦めたもの」とは?(5)

※このエントリは、第51話連載時に書いたものです。そのため、その後の連載の内容と齟齬があったり考察に変化がある場合があることをご了承ください。

ここまでの考察をふまえて第1巻、あるいは小学校時代の結絃の回想を改めて読み直してみると、小学校時代の硝子の行動が、有機的につながっていくように思います。

硝子は、(第51話で空想したような)自分の障害があたかも存在しないかのような幸せな世界を努力により実現することを目指して、あえて積極的に周囲のクラスメートに関わっていったわけですが、結果的には障害が原因でその努力はうまくいかず、世話係の植野からは愛想を尽かされ、せっかく親しくなれそうになった佐原は自分のせいで不登校になってしまい、他のクラスメートからもどんどん距離をおかれるようになって孤立していきました。

その孤立が合唱コンクールで決定的になって以降、硝子に積極的に関わっていたのは、「いじめ」を行なう将也だけになってしまっていたのだろうと思います。
(私は、第1巻の「将也視点」での印象よりも、実際には学級裁判までの「硝子いじめ」は将也の単独犯の性格がずっと強かったのではないかと推測しています。少なくとも、島田、広瀬、川井あたりは、硝子いじめへの関与は将也が感じているよりもずっと少なかっただろうと思います)

言い換えると、合唱コンクール以降は、硝子とクラスメートとの「つながり」は、もはや将也からのいじめによるものだけになっていた、という状態に近いものになっていたのだろうと思います。
ですから、この時点での硝子にとっての将也というのは、「いじめの主犯」であると同時に、「残された最後のクラスメートとのつながりの糸」であり、さらには「自分が目指していたもの(=障害を克服できた幸せな世界)を諦めないための、最後の砦」でもあったのではないでしょうか。

そこで起こったのが、あの補聴器事件です。
補聴器を奪われ、捨てられ、さらに耳まで傷つけられた硝子が、なぜ将也を待ち伏せして「友達になろう」と手を差し出したのでしょうか。


第1巻114ページ、第3話。

ここまでの考察をふまえると、これは硝子の「最後の賭け」だったのでしょう。

硝子の耳を傷つけて担任に叱られた将也は、さすがに懲りてもう自分にちょっかいを出してこなくなるかもしれません。でも、もしそうなってしまうと、それは同時に硝子にとって「自分に関わろうとしてくれるクラスメート」が誰もいなくなることを意味し、さらにそれは「これまでの挑戦を『諦める』こと」を意味します

だから、硝子としては、この補聴器事件を、将也との関係が切れてしまう展開には絶対したくなかったでしょうし、逆にこれがきっかけで将也との関係を正常化し、さらにそれを突破口にして、クラスメートとの関係をも正常化できれば、と考えたに違いありません。
正攻法を諦め、一点突破のゲリラ戦法で、「夢」の実現にむけた最後の賭けに打って出たわけです。

ですから、硝子はまず、自分のせいで将也が担任に叱られてしまったことを「ごめんなさい」と謝ったのです。
そこには、もしかすると、結絃に感じていたのと同様に「自分の障害のせいで」あなたが叱られる事になってしまってごめんなさい、の意味まで含まれていたかもしれません。

そしてその後は、そのまま筆談ノートで「友達になりたい」と、ある意味「告白」するつもりだったのだと思います。

でも、将也に筆談ノートを奪われて、そのやり方を封じられてしまった硝子は、やむなく将也の手を握り、それでも伝わらないとみるや、さらに手話で「友達になりたい」と伝えたわけです。
先にも書きましたが、硝子にとってこれは「最後の賭け」であり、自分にできることはどんなことでもやって、なんとか結果を得ようと必死だったわけです。

でも、その挑戦、最後の賭けは、失敗に終わります。
タグ:第51話 第03話
posted by sora at 07:12 | Comment(2) | TrackBack(0) | 第6巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。硝子ちゃんが聖人扱いされてしまう行動の謎をきれいに氷解させるエントリに感服いたします。


補聴器強奪したり、怪我させたりしてきた相手にごめんなさい?あり得ねえ。最初に思うことはそれでしたが、本当に手に入れたかった物のために発した言葉だったとしたらなんとむごいこと。ノート池投げも石田君の馬鹿男子故の事だとして我慢して手話で話しかける。自分のためだけだったら、ノート池投げ時点でキレて石田君を殴っても誰も咎めないですよ。それでも小さい妹のためにもと拾い上げても無駄なことを悟ってしまう。


手に入れたかった物は手に入らないとわかり、ねーちゃんとしての矜持も吹っ飛んでたった3年生の妹に死にたいと泣く。結果としてゆづちゃんは妹ではなく支援者になってしまう。あの取っ組み合いが、死ぬ前の軍鶏の羽を拡げていななく様に見えてしまってぞっとしました。


どうせ障害のせいでどうにもならんのならもうどこでもいい。ろう学校で煮るなり焼くなりしてくれ。自分が硝子ちゃんならこう言いますね。


Posted by あらやん at 2014年12月18日 10:00
あらやんさん、

コメントありがとうございます。

硝子の内面を考察すればするほど、大今先生がインタビューで言っていた、「硝子はそうするしかないから、そうしているんだ」ということばが心に沁みてきます。
本当に、硝子には「答え」がなかったんだなあ、と。

そして、その「答え」に導いてくれたのは、やっぱり将也だったんだな(高校時代はもちろんのこと、実は小学校時代も含めて)、と改めて気づくのです。
Posted by sora at 2014年12月19日 00:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]
※複数の名前の使い分け、なりすまし、名無し投稿等はご遠慮願います。

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]
※エントリの内容に沿ったご意見をお待ちしています。なお、批評の範疇を超えたキャラ叩き、断罪、作品叩き、中傷コメントなどは遠慮願います。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/410828610
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック