当ブログでは、いわゆる発売日前の「フライングのネタバレ」に関する話題は扱いません。フライングのネタバレとなるコメントはご遠慮ください。ご協力よろしくお願いします。(発売日後のネタバレはOKです。)

おすすめエントリ(最初はこちらからどうぞ)

2014年12月14日

第53話、夢の中の服装問題を改めて考える

※このエントリは、第53話連載時に書いたものです。そのため、その後の連載の内容と齟齬があったり考察に変化がある場合があることをご了承ください。

第53話の前半の「夢」のシーンのなかで、3ページめ以降の「高校生将也」が登場するシーンを読み解くにあたっては、それぞれのキャラクターの「服装」がヒントになると思われます。

4ページでの2コマめ、橋で泣いている硝子を将也が夢で見る場面ですが、硝子の服が「いま本当に硝子が着ている服(将也は見たことがない)」であることから、超常的な力によって将也が橋の上にいる硝子を「遠視(透視)」したと考えざるを得ない、ということについては既に別のエントリで触れました。



問題は、このときの将也の服装と背景です。

将也の服装は、「制服の冬服」です
転落したときに着ていた私服でも、5月以降夏休み前までずっと着ていた夏服でもありません。
ですのでこの将也の服装は「夢の中完結の服装」だと考えるべきで、そうすると1ページ前の3ページの3コマめに映っている「冬服の将也」がこのコマで戻ってきている、と考えるのが適切だと思われます。


第53話、3ページ。

次に背景ですが、橋を「透視」しているコマの、将也よりも右側は真っ白で、将也より左は夜の闇の黒に塗りつぶされています。
つまり、将也を境にして、左と右で別の世界が描かれている、ということだと考えられます。

「橋で泣いている硝子」は「リアル(目覚めたあとの)世界」の映像です
それに対して、「冬服の将也」は「将也の見ている夢」の映像です

つまり、このコマでは、「夢の中にいる冬服姿の将也が、夢の中にいるままで、リアル世界の硝子の姿を透視した」ということを表現しているのだ、と言えるのではないでしょうか。

そして、これは繰り返しになりますが、「夢」のレイヤーにいる高校生の(冬服の)将也は「夢を見た」といって小学生のころのありえない生活を見ています。「夢」のなかで「夢」を見ているわけですから、この小学生将也が登場しているレイヤーが「夢中夢」となります
さらにその小学生将也は「幸せな気分で眠りにつく」といって寝てしまいますが、これは「夢中夢中夢」というさらに多層化された「夢のレイヤー」であり、全体として複雑な「多重夢構造」を形成しています。

以下、このレイヤーを改めて整理してみます。

1)リアル世界のレイヤー:橋で泣く硝子がいる。

2)レベル1の夢レイヤー:病室で眠るリアル将也が見る夢の世界。制服冬服姿の将也がいる。

3)レベル2の夢レイヤー:レベル1の夢の中の将也が見る夢(夢中夢)の世界。小学生の頃の将也らがいる。

4)レベル3の夢レイヤー:レベル2の夢の中の将也が「幸せな気分で眠りにつく」といって眠ったあとのまどろみ(夢中夢中夢)の世界。どうやらこのレベルに長くいるとそのまま死んでしまうらしい。「黄泉の世界」。


第53話は、上記の「レベル2の夢レイヤー」の映像(小学生将也のありえない夢)から始まります。
ただし、ここで「夢を見た」というモノローグを語っているのは、「レベル1の夢レイヤー」にいる将也です。

そして、3ページの1コマめで眠ってしまったレベル2の将也は、「レベル3の夢レイヤー」=「黄泉の世界」に沈んで死にかけますが、誰かに手を引っ張られてハッとして(ここで引っ張ったのは誰か、という謎は別エントリで考察していますが、島田や硝子ともつながりがある形での「鯉」ではないかと私は読んでいます)、2段階アップで「レベル1」まで戻ってきて一命をとりとめます。

そして、「レベル1」の将也が「本当の俺たちは ドコへ行くんだろう」「本当のみんなは」などと答えのでない問いで悩んでいるうちにまた意識が遠のいて、ふたたび「レベル3」まで落ちてしまいそうになり「死ぬんだろうか」と弱音を吐きます。

でもここで「いや 死んじゃダメだ!」と最後の気力を振り絞って「レベル1」に戻ってきたとき(4ページ)、その勢いで?さらに「レベル1」を超えて「リアル世界」との境界まで覚醒し、(超常的な力が働いて)「リアル世界」の橋で泣いている硝子を「透視」します

そのあと、その硝子の映像は途切れますが、その硝子に声を叫ぼうとした将也は、ようやく目覚め、「リアル世界」に戻ってきます。

第53話の前半、将也が目覚めるまでの夢のシーンでは、将也はこんな風に多層化された夢の世界をさまよい、ところどころで死の淵にたちながらもなんとか生還して目覚めた、という構成になっているのだと思われます。
タグ:第53話
posted by sora at 08:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 第7巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]
※複数の名前の使い分け、なりすまし、名無し投稿等はご遠慮願います。

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]
※エントリの内容に沿ったご意見をお待ちしています。なお、批評の範疇を超えたキャラ叩き、断罪、作品叩き、中傷コメントなどは遠慮願います。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/410599225
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック