2014年12月10日

「このマンガがすごい!2015」発売!

12月10日発売の、宝島社「このマンガがすごい!2015」、ようやく入手することができました。





表紙を見てすぐ分かるとおり、事前の情報どおり、今年のオトコ編第1位は、「聲の形」が見事獲得しました!

そして、その後8ページにわたる大今先生へのロングインタビューが掲載されています。



上記の写真の左端に少しだけ入れてありますが、インタビューのページに、大今先生の描きおろしのカラーイラストが掲載されています。
将也、石田母、そしてマリアがカラーで登場しています。
特に石田母とマリアがカラーになったのは恐らく初めてで、「プリン」とも言われる(笑)石田母の髪の色がようやく判明しています。マリアの帽子は緑色だったんですね。

そして、今回のインタビューですが、相当に読み込んで、伏線などを徹底的に読み解いてきた人がインタビュアーをやっていることがはっきりわかる内容になっています。



内容としては、リフレイン構造の話や、回収されなかった伏線の話題が中心なのですが、その「回収されなかった伏線」として指摘しているポイントが極めて的確です。

・竹内が手話を覚えていたこと
・石田母のピアス引きちぎり事件
・途中から硝子の右耳の補聴器が消えること

実際、これらは私も「回収がまったくされなかった伏線」として指摘していたものです。(一方で、「島田との対決がなぜなかったのか」とか「自殺の理由がはっきりしない」といった、深く読めば描かれていると言えるポイントを「未回収」として指摘するようなことはまったくありませんでした)

また今回、大今先生が、硝子の障害の程度について、非常に重要な「ネタバレ」を1つされています。

「硝子は高度難聴。聾ではないが、右耳がほとんど聞こえない」(大今)。(本書9ページより)

そして続く文章で、「作中、途中から硝子は右だけ補聴器をかけなくなる。」と記述されており、上記の大今先生の答えとあわせて、「硝子が右耳に補聴器をかけなくなったのは、かけても聞こえないから無意味だからつけなくなったのだ」と推測できるようになりました。
これはとても重要な情報だと思います。

さて、そんなわけで、聲の形のファンブック的要素も十分兼ね備えた今年の「このマン」、ちょうど1週間後に控えたコミックス最終第7巻とあわせて、ぜひ一緒に揃えたくなる、すばらしい内容でした!
posted by sora at 07:18| Comment(17) | TrackBack(0) | その他・一般 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
買いました買いましたー!

大満足
Posted by 永束体型 at 2014年12月10日 15:18
講談社のページにも受賞記念インタビューが載りましたね。

http://comic-sp.kodansha.co.jp/topics/koe

第6巻・7巻表紙に込められた想いも載っていました。
また、アニメ化について、やはり硝子の声優について厳しい注文だされてましたね。

あと、「試し読み」で裏表紙の図案もわかりました!硝子が手を振っていたのは、そういうことだったんですね。
Posted by ぽてと at 2014年12月10日 19:08
本屋にかろうじて1冊だけ残っていたので、何とか手に入りましたよ…
Posted by ポプル at 2014年12月10日 23:07
皆さん、コメントありがとうございます。

今日、公式にこのマン1位が伝えられてからは、Yahooニュースのトップにもなりましたし、Twitterでも一日中バズってましたね。電子書籍の購入もぐっと増えているようです。

このマン自体も、私も昨日買った同じ書店をのぞいてみたら、昨日は平積みだったのに今日はもう残り2冊になっていてびっくりしました。

これは、来週の7巻も早めに確保しないと初版を手に入れるのに失敗してしまうかもしれません(笑)。

あと、インタビュー記事が立て続けにいくつかWebに掲載されました。これらでは、これまでとは違ってかなり伏線の中身に言及していて興味深いです。
「硝子の難聴はだんだん進行していて、もう右耳はほとんど聞こえなくなったので補聴器を外した」という大今先生の解説には、胸が痛くなりましたね。

http://konomanga.jp/interview/17665-2
Posted by sora at 2014年12月10日 23:28
やっぱり聲の形は良いですね
みんなに愛される作品になって欲しいところです
インタビューを見るともっとこの漫画が好きになれると思うので見て欲しいですね
Posted by あぽろ at 2014年12月11日 00:20
今日のワイドショーのトピックスでチョロッと報じられてましたよ。


アニメイトのオマケイラスト、早くいかないとなくなっちゃうね。


早く来い来い発売日〜って小学生かい!!と自分ツッコミ…
Posted by あらやん at 2014年12月11日 17:39
皆さん、コメントありがとうございます。

ZIPでも紹介されたようですね。
最近、Twitterでも聲の形の話題をつぶやく人が激増しています。これまで知らなかった人にも「届いて」いる感じになってるのが賞のパワーだなと感じています。

私は今回も発売日にアニメイトかとらのあなに買いに行く予定ですが、行くのが夜になってしまうのが若干心配ですね(これまでは1月後とかでも特典が残ってることが多かったですが)。
Posted by sora at 2014年12月12日 00:31
こんにちは。今日は、学校の懇談会で町のアニメイトに寄って予約頼んだら、予約はしないけど、発売日当日に電話したら取り置きはしてくれると言われて、すごすごといなかに帰って来ました…取り置きしてくれるなら、予約にして、送料払うから発送してくれればいいのに。お山の村から町のアニメイト行くの、きついんですけど…娘、バイトで町に行けるといいけど公休日なら、売りきれて特典イラスト手に入らないかも。テレビにまで話題になった話題のお作ですし。ああ…
Posted by あらやん at 2014年12月12日 13:51
あらやんさん、

コメントありがとうございます。

オンラインのアニメイトとかとらのあなって、通販やってませんでしたっけ?
たしか先着順で特典つけて送ってくれた気がします。

まあ、発売当日に届かなかったりして残念な気分になることもよくありますが…(^^;)
Posted by sora at 2014年12月13日 07:36
こんにちは。情報ありがとうございました。


うち、一回アホ娘が無断でアニメイト通販勝手に利用、バカ買いをしたあげくあまつさえ代引きをわたくしに回して以来禁止令敷いてました。


豊橋の店舗の店員さんも店舗で買い物してほしかったのかなあ…店だとついつい余計買いしちゃいますしね。昨日も、手ぶらで帰れず、持っていなかった3巻を買ってしまいましたし…
Posted by あらやん at 2014年12月13日 14:40
あらやんさん、

コメントありがとうございます。

店員さんが店頭にきてほしいのは、通販だと「自分とこの店の売り上げにならないから」だと思います(笑)。

私も、改めて読み返したりもしているんですが、やっぱり第3巻は面白いなあ、と思いますね。
後半でひっくり返されるもろもろをふまえて読むと、ますます面白かったりするので、やはりこの「聲の形」のコミックスは保存版だなと思います。(^^)
Posted by sora at 2014年12月13日 23:45
「このマンガがすごい」サイトにインタビュー後編も掲載されましたね。
こちらの方もなかなか面白かったです。
島田が今もヌートリアを飼っているという裏設定あったりしたんですね。
植野が将也の布団にもぐりこんでいたエピソードもネーム段階では植野から相当ヤバい雰囲気をしかけようとしてたのですね…。

http://konomanga.jp/interview/17698-2/2

やはり、オリジナル版、リメイク版だけでなく、これらの情報も盛り込んだファンブックが欲しいです!
Posted by ぽてと at 2014年12月15日 23:36
ぽてとさん、

コメントありがとうございます。

情報ありがとうございます。さっそくリンク集に追加しておきました。(このリンク集も、大今先生のインタビューがずいぶん充実しました(笑))

今回のインタビューも面白いですね。やっぱり鯉はいろいろ含むところがあるようです。
植野のシーンでは、ネームではピーナッツが頭についてるところが笑えます。こっちでいけばよかったのに(笑)。
Posted by sora at 2014年12月16日 00:46
第7巻ゲットしましたが、植野のシーン、単行本では修正が入ってました。結局、こうなる運命だったんですね(^^)
Posted by ぽてと at 2014年12月17日 11:09
ぽてとさん、

コメントありがとうございます。

ピーナッツ、ネーム以上に大増量でしたね(^^)。
思わず笑ってしまいました。
Posted by sora at 2014年12月17日 23:37
将也は一体どこにあれほどのピーナッツを持っていたんでしょう?
普段、ピーナッツを食べているシーンも無かったのに。
で、考えようによっては、これは第4巻68ページ(第27話『嫌い』)で将也が植野からソフトクリームを投げつけられたことに対するリフレインとも読めますね。
もっとも、今度は植野も逃げないで将也ときちんと話し合おうとする姿勢は見せてました。
Posted by ぽてと at 2014年12月18日 00:06
ぽてとさん、

コメントありがとうございます。

ピーナッツ、どこから出てきたのか?問題は、硝子のパンが、いつもどこから出てくるのか?問題に匹敵する謎ですね(笑)。

最後にご指摘のとおり、登場人物たちは、物語前半ではすぐに話から逃げてしまっていましたが、最後のほうでは、どんなに厳しい状況になっても、しっかり向き合って話し合うようになっており、そこに成長が読み取れます(選考会のあと、いろいろあっても橋崩壊のときみたいにならなかったのも、その1つの現れでした。)。
Posted by sora at 2014年12月19日 00:24
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック