2014年12月10日

第58話を社会心理学の視点から読み解く(9)

※このエントリは、第58話連載時に書いたものです。そのため、その後の連載の内容と齟齬があったり考察に変化がある場合があることをご了承ください。

第58話では「映画が酷評される」という「結果」事象が発生しています。
そしてこの結果に対して、各メンバーによって、さまざまな「言い訳=原因帰属」が行われていきます。
それらについて、先の「原因帰属理論」に当てはめながら、改めて眺めていきましょう。

最初の、植野・佐原の「なにもわかってないくせに…」という批判は、審査員が適切に評価してくれなかった(審査員がダメダメだった)、ということを言っているわけですから、これは、カテゴリとしては

2)運(=外的、かつ変動する)

に帰属していることになります。


第58話、9ページ。

その後、植野から文句を言われた永束が反論して、川井とやりあっているところでは、映画メンバーそれぞれのスキル不足を言い合っているので、ここでの帰属カテゴリは、

3)能力(=内的、かつ固定)

ということになるでしょう。


第58話、10ページ。

「(変な審査員で)運が悪かった」から、「メンバーの能力不足の問題だった」に帰属が移行したわけですから、場が荒れるに決まっています。そして、「誰の能力が足りなかったのか」の「犯人探し」になっていったわけですね。

ここで将也が改めて「みんな最高、映画はよくできてた、審査員がわかってねーんだ」と反論したところで、帰属は改めて

2)運(=外的、かつ変動する)

に戻ります。

ここで、「運」というのはわかりやすさのラベルであり、実際には「変動する外的要因への帰属」ということになります。
ですから、将也は「変動する外的要因」である「審査員の評価」のサイコロをもう一度振るために「審査員にかけあって再評価させる」という手段に打って出ようとしたわけです。(これはテストの例でいえば「もう一度テストを受ければこんどはいい結果が出るかもしれない」というのと同じような話です)


第58話、12ページ。

そして、ここで島田が登場します。
島田は、「糞みてーな奴に認められて嬉しいのかよ」と、将也の原因帰属(と問題の解決法)をやんわりと否定しつつ、新たに「片手間だしこんなモンだろ」と、新たな帰属を提示します


第58話、13ページ。

「片手間だからこんなモン」というのは、

4)努力(=内的、かつ変動する)

への帰属だ、ということに気づくでしょうか?

ここへきての島田のひとことで、ある意味(失敗したことを納得し、次につなげるためには)もっとも望ましい、「努力」への原因帰属が初めて示されたことになります。


ラベル:第58話
posted by sora at 07:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 第7巻 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。