2014年12月07日

第58話から「島田の物語」を考える(7)

※このエントリは、第58話連載時に書いたものです。そのため、その後の連載の内容と齟齬があったり考察に変化がある場合があることをご了承ください。

なぜ、中学時代まで最低の評価を下していたはずの将也を、高3になった島田が、それほどネガティブに見ていない(ように見える)のでしょうか。
この間、将也は島田とまったく関係を持っていませんし、両者の関係に影響を当たるようなイベントも何も発生していませんのに、です。

ここは、可能性としては3つくらい思い当たります。

a)学校が別になって関心がなくなってしまった。
 いじめは、いじめられた側はずっと覚えているものの、いじめた側はすぐに忘れてしまうものなので、この解釈は決して不自然だとも言い切れません。

b)小学校時代、将也のカースト転落後、硝子をいじめ続けて転校に追い込んでいたのは将也ではなく植野だったということを知ったから。
 私はこの可能性は非常に低いと思っています。植野の性格からして、この小学校の頃の硝子いじめについては、墓場まで持っていって誰にも話さないのではないでしょうか。

c)植野から、将也が高校になって反省して硝子に謝りに行ったということを聞いたから。

私は、このc)の可能性が大本命だ、と思っています。

将也は植野と再開した第21話で、はっきりとこう植野に伝えているのです。


第3巻137ページ、第21話。

将也「……小学校ん時の… すげー反省したから 謝りに行った」

私は、植野がこの話題を島田に話したのではないかと考えているのです。

もしこの話を聞いたら、島田は将也に対する目を少しだけ変えたでしょう。
何より島田は、将也が硝子に「謝らなかった」ということを、特に許せなく思っていたフシがあるからです。
ですから、高校生になった将也がわざわざ硝子に会いに行って謝罪した、ということを知れば、島田の将也に対する評価はかなり改善するはずなのです。
さらに1)のような「時間がたったことによる無関心」も加わって、島田にとって将也は「だったらもう許してもいいかな」という存在に変わったのではないかと推測されるわけです。

そう考えると、植野が急に将也と島田の和解工作を始めた理由も少し推測できます。
つまり、植野が先ほどの「将也が硝子に謝りに行った」という話をしたときに、島田が「へーそうなんだ、それはあいつのこと少し見直したな、もうあいつのこと許してやってもいいのかも」みたいなリアクションをしたのではないか、と考えるわけです。
そして、それを聞いた植野が「これならもしかしたら2人が和解して、また私も含めて昔みたいな関係を取り戻せるかも」と期待したかもしれない、というわけですね。
それで、遊園地のときや今回の映画などで、将也と島田を引き合わせる機会を強引に作ろうとしたのではないかと想像するのです。
ただ、実際には島田にとって将也は既に「特に関心をもたない人間」であり、そういった植野の行為は「おせっかい」としか映らなかった、ということではないかと思います。

そして、植野の和解への努力の理由については、もう1つ可能性が…。
それは、島田が将也への徹底したいじめを続けた理由が、実は自分がやっていた硝子いじめを将也の所業だと島田が勘違いしているからだ、ということに気づいていた、という可能性です。
だとすると、植野からすると、

・将也が中学で徹底的にハブられたのは、実は自分のせいだ。

ということになってしまうわけです。
本当は将也が好きだった植野にとって、この事実を受け止めるのは辛いことでしょう。
それでも、植野は恐らく、「あのいじめは自分がやった」と島田に言うタイプではないと思います。

もし植野が、そんな罪の思いをずっと感じてきたのだとすれば、高校になって島田が軟化し、将也を憎む気持ちが薄れてきたこと(あるいは、硝子に謝りにいったという将也のエピソードを思った以上に高く評価したこと)は、島田と将也の和解を実現させ、それによって「自分の過去の罪が帳消しになる」ことを期待した、という可能性が出てきます。

話を島田に戻して、花火のあとの救出劇についても、上記のような「将也と硝子の新しい関係」の噂を植野から少しだけ耳にしていたとなると、少なくとも「好奇心の対象」にはなったと思います。
そして、マンションの下から将也の硝子救出、身代わり転落を目撃して、「将也は確かに変わっていた」ということを確認して、「ポジティブな気持ちで」将也救出を行なったのではないかと思います。
ただし、島田はそんな今さらの心境の変化を将也に知られたいとは思わなかったでしょうから、硝子には(そしておそらく植野にも)「石田に言うなよ」と釘を刺したんだろうと思います。


ラベル:第21話 第58話
posted by sora at 08:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 第7巻 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。