2014年12月06日

第59話、結局「西宮母のオススメ」は何だったのだろう?

※このエントリは、第59話連載時に書いたものです。そのため、その後の連載の内容と齟齬があったり考察に変化がある場合があることをご了承ください。

第59話で、硝子は理容科を卒業したあとの進路として、「母親のすすめるコース」と「東京に修業に出るコース」の2つで迷っていることが判明しました。


第59話、6ページ。

このうち硝子の考える「上京コース」については、第59話のなかで硝子がそれなりに詳しく語っています。
東京にいる、尊敬する聴覚障害者の先生の店で働きながら資格をとる、というのがその内容ですね。


第59話、10ページ。

一方、「西宮母がすすめるコース」についてはは第59話のなかでもほとんど明らかにされていません
少なくとも、地元に残るプランであることは間違いないようですが、それ以外のことは分かりません。

単純に、地元の聴覚障害者に配慮のある理髪店で修業をするコースなのでしょうか?
それとも…

もしかすると、ヘアメイクイシダで修業をするコースをすすめている、ということはないでしょうか?

ここで思い出すのが、第55話で、子どもたちがコンビニに買出しに行っている間に、石田母と西宮母が勝手に盛り上がっていた件です。


第55話、18ページ。

短時間にこれほど大量のお酒をあけ、お寿司を食べてしまった二人は、いったいどんな話で盛り上がっていたのでしょうか?

普通に考えて、お互いに高3の子どもを抱えるシングルマザーの2人が、子どもの進路のことに関心がないわけがありません
そして、娘の命の恩人である将也の自宅は理髪店で、当の娘は高校で理容科に通って理容師を目指しているわけです。

この状況で、西宮母が石田母に「硝子の卒業後、お宅のお店で硝子に実務の勉強をさせてもらうわけにはいかないだろうか」という相談をもちかけるというのは、決して唐突なことではないような気がするんですよね。
絶対使ってくれというのではなく、ダメもとで聞いてみるだけというのであれば、気軽に聞ける程度の話であるように思います。

そして、そう持ちかけられた石田母のリアクションは、恐らく「お金はたくさん払えないけど、それでもいいなら大歓迎」といったものになるんじゃないかと思います。

もしそういうやりとりが第55話の酒宴の席で本当に出ていたとするなら、西宮母が硝子の進路決定にあたって、「地元で修業」コースの1つの有力オプションとして、ヘアメイクイシダに通うことをすすめるのも十分に考えられることではないでしょうか。
そして、それが「母親のおすすめ」であれば、硝子がそれに反対し、あえて東京に行こうとするのも、逆に理解できる気がするのです。

硝子も、やがては地元に戻って、できればヘアメイクイシダで働きたい、と思っている可能性は高いと思います。
でも、「だからこそ」、硝子はヘアメイクイシダで迷惑にならないよう、またさらにお店を繁盛させることができるよう、より高い技術を学べそうな東京の先生のところにまず修業しに行って、資格もとって腕も磨いてきてから戻ってきたい、と考えそうな気がするのです。

そして、こういう複雑な思いを持っていることを、将也に思い切って打ち明けようとしたら、今回のような矛盾に満ちた答えが返ってきたのだとすれば、「こっちの気持ちも知らないで」と、思わず怒って帰ってしまうのも無理はないように思うんですね。

ですから、一見特に大きな意味を持たないように見える「西宮母のおすすめ進路」というのが、実は意外と重要だったりするのかもしれません。


ラベル:第59話 第55話
posted by sora at 08:23| Comment(8) | TrackBack(0) | 第7巻 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この石田母と西宮母との酒盛りでの話題ですが、私個人としては西宮一家の石田家訪問が元々は将也負傷に対するお詫びと硝子救助に対するお礼(それと結絃の面倒を見てくれたことも含めて)が目的だったことを考えると、西宮母から石田母に対して硝子の修業について相談するとはちょっと考えにくいです。
でも、石田母は硝子がヘアメイクの勉強をしていたことは知っている(病院内でぶつかったとき、硝子がへアメイクの本を持っていたのを見ている)ので、二人が、それぞれの子供について話しているとき、例えばこんな会話があったのではないでしょうか?

---------
石田母「そういえば、硝子ちゃん、ヘアメイクに興味がおありなの?」
西宮母「ええ、高校も理容科なんですの。」
石田母「あら!でも、資格取るためにはお店での修業も必要でしょ。どこで修業の予定?」
西宮母「ええ、障害に理解のあるお店を学校から紹介してもらおうと考えてるんです。」
石田母「ねぇ!せっかくだから、ウチで修業してみたら?」
西宮母「え!それはありがたい話だけど、ご迷惑では?」
石田母「なに言ってんのよ!ウチの娘は店を継ぐ気持ちないみたいだし、将也もアレでしょ。もし、硝子ちゃんが店を継いでくれるんなら、あたしの方がありがたいわよ!」
---------

どちらにせよ、硝子の進路の件が二人の話題になったのは間違いないと思います。そして、その話の流れで『ヘアメイクイシダ』経営についての話題になったとすれば、そこで、石田父がいなくなった経緯が出てきたところで将也がキッチンに戻ってきたことになり、話の流れがスムーズになると思います。
Posted by ぽてと at 2014年12月06日 15:37
将也と硝子が一緒にヘアメイク石田で働いたとして
理容師としてはキャリアも腕も硝子が遥かに上。
硝子の専属手話通訳士と成り果てた将也がいじけて
家出・・というケースも有りうるかも(笑)?

しかし、本当に硝子は帰ってくるんですかね?
東京での仕事と生活が面白くてしょうがなくなった硝子が結局東京で就職して帰ってこない・・という可能性ないのかな?
ママ宮は早々に不介入宣言してますし、実際就職口sのものは東京の方が多そうですし。

その場合、さすがに関係が関係だから将也との人間関係そのものが切れてしまうということはないにせよ、恋愛関係的には自然消滅(もともとそこら辺はあやふやだし。まあ、空白の二年半でどこまで強い関係ができてるかにもよるでしょうが)という場合もありえそう。

まだ若いですからね、変わりもしますし新しい人間関係もどんどんできてきますからね。
それにしても、硝子の野良眠彦センセイでの修業は学校推薦で期限限定の研修生として?どういう条件で行ったのか?マンガ読んでも今ひとつ飲み込めませんでした。

最終回の描写は成人式だけの一時帰省なのか?
それとももう本式に帰郷しているのか?もよくわかりませんでしたね。


Posted by prijon at 2014年12月06日 19:27
未来の石田君、髪結いの亭主も結構ありかな、と思いましたよ。


税務署からみたら、硝子ちゃんなんか赤子の手をひねるみたいにチョロい相手。税理士さん入れたら結構お金かかっちゃう。理容師としては硝子ちゃん方が上でも、なんとかなっちゃうもんですよ。看護婦の亭主みたく、硝子ちゃんの赤ちゃん背負っておしめ干してミルクやって、飯作り。専門学校卒業すると専門士のタイトルも取れますから、専門学校講師の選択肢もありますよね。硝子ちゃんがろう学校理容科学科の技術教官や助手の選択肢もあるでしょうし。確かにあの零細理容室に職人は二人も三人も要らないでしょう。
呑んだくれママ二人の会話、二人のいく末よりも、お互いの苦労話してるうちにビール9本あけちゃった。って展開もありかと。石田君のバカ親父は髪結いの亭主の立場に耐えられなかったけど、息子の方は見たところ親父よりも賢くなってるはずですから。


職人社会のしきたり、免許取得のあとの数年間の御礼奉公の後、水門に帰って来るまでに最低5年はかかります。成人式は昔で言えば藪入り。その後、石田ママが硝子ちゃんを専属理容師として使うこともあるでしょう。最終回の西宮ママの老け込み方、口先では不介入宣言してましたが、一人にしておけないものを感じてしまいまして…
Posted by あらやん at 2014年12月06日 21:53
皆さん、コメントありがとうございます。

このエントリにコメントが集まるのは予想外でした(^^;)。あまり出来のよくないエントリだったので、今回も掲載せずに葬り去ろうかと思っていたくらいだったので(笑)。

硝子が東京から帰ってくるかどうかは、ちょっと分からないですね。
以前も書きましたが、東京で修業したのだとすれば、「次の店」のつても、基本的には東京にできるでしょうから。

ただ、そういう展開になった場合は、将也も家を出る流れなんだと思います。
(だからこそのペドロ帰還、石田母は倒れなかったという最終話なんだと思っています。もし大今先生が続編を書かざるを得ない状況になったら、そこから始めるんじゃないかな、と思っています)
Posted by sora at 2014年12月06日 22:29
続編は本当に作者が追い詰められるか、年齢を経て丸くなるかしないとこないでしょうね。
まあ、あったとして、すんなり二人は幸せに仲良く暮らしましたとさ・・などという内容ではないことは間違いないかな?と(笑)

いくら人の好き好きとはいえ、石田と硝子の極度に遅い進展は多分、平穏無事で何事もないせいかと・・。
双方タカをくくってるせいかもしれません。
その安心を崩す展開かな?と。
石田君に別の彼女候補ができた・・とか、ベタですけど。
石田視点ではわかりづらいけれど、連載中のパターンをみる限り例の「ちゅき~」をみてもわかるとおり硝子ちゃんの方が石田君との関係にずっと積極的だし。

逆に硝子に彼氏が・・の場合、石田君は最初は嘆いてもわりと「あいつが幸せなら」とあっさりと諦めそうな気がするので。

でも、これだとベタすぎるラブコメですね。まあ、もうこの先はありきたりなラブコメ、ホームドラマにしかならない・・と思ったのも作者があっさりと7巻で話を切ってしまった理由の一つかもしれませんね。
Posted by prijon at 2014年12月07日 18:38
prijonさん、

コメントありがとうございます。

そうですね。まあ、続編はよほどこの先大今先生が厳しくならないと出てこないと思います。
そもそも大今先生がこの先で描きたいことがあるようにも思えないですし。

それでも、4~5作不振が続いたら出てくる可能性はあると思いますが、そのときはまず将也が家を出る展開は鉄板な気がしています。
Posted by sora at 2014年12月07日 21:46
しかし、あそこで硝子が結局、東京から帰ってこない・・となるとなんだか釈然としない思いになりますね。

別に石田にピッタリひっついてろってわけではないのですけども、自殺未遂で大騒ぎしてオカルト展開までやって「生きるのを手伝ってほしい」「はい」のやりとりは一体何だったのか?と。

随分、軽い自殺未遂と誓いだなぁ・・って印象が湧いてしまいます。まあ、帰ってくるばかりが「生きるのを手伝う」「一緒に頑張る」ではない・・という見方もあるでしょうが、それ言ったら何でもありになりますしね。
もともと自殺未遂後の後処理がえらく軽くみえていたのがさらに軽い印象に思えてきますね、個人的には

まあ、作中では硝子のその後は不明のまま終わりましたし、もしも帰ってこない設定だったらの話ですが。

もしかして、これ作者的にもあまり触れたくない部分だったのかな?と要らぬ勘ぐりをしてしまいました、すみません。

Posted by prijon at 2014年12月08日 19:48
prijonさん、

コメントありがとうございます。

少なくとも第62話で完結する、現時点での完結イメージを前提にするなら、硝子は地元に戻ってきて、ヘアメイクイシダにやってくるんじゃないだろうかと思っています。

将也が家を出て、硝子は戻ってこない、という展開は、「続編」を描くとき専用かな、と思います。
Posted by sora at 2014年12月09日 00:25
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。