2014年11月16日

第61話、なんと将也の進路も理容師だった?(2)

さて、第61話で将也が高校卒業後の進路として、理容師を目指すために専門学校に進むということを選択した「理由」について考えています。

将也が植野に語った話からすると、将也はもともと「当面は大学に行って働いて、ゆくゆくは自宅の店を継いで働きたい」ということを考えていたようですが、それを「今すぐ理容師に」という思いに変えたものは、何だったのでしょうか

第60話にあった「ヒント」としては、

1)母親がひとりで店を切り盛りすることへの心配。
2)硝子が東京に出て行くという事実。
3)そもそも自分は家を出るつもりがあるのか?ということへの自問自答。
4)仲間から聞いた、それぞれの進路とその動機。
5)母親に聞いた、理容師を選んだ理由。
6)あまり成績がよくないという現状。


といったところが考えられます。

恐らく、将也は自分の進路を改めて深く考えるにあたって、特に3)について考え直したに違いありません。

”自分はそもそも、サラリーマンとかになって、家を出て東京や地方で働くイメージを持っているのか?……”



そして将也が出した結論は「家を出るイメージがまったくわかない」ということだったんじゃないかと思います。

その大きな理由の1つが、1)ということなのだろう、と思います。
第60話を見ると、将也は小学校の頃から、女性である母親が一人で店を切り盛りして頑張っていることを気にかけていた様子が伺えます。
そんな「優しい」将也が、自分の将来を改めてイメージしたとき、数年単位で家を空けてしまって、自宅を母親と姉、姪という女性だけにしてしまう、ということを非常にイメージしづらかったことは容易に想像できます。
そう考えれば、将也にとって、少なくとも「硝子と一緒に東京に出て大学に通う」という選択肢は消えることになるでしょう。

そして、第60話から伺えるもう1つのことは、4)で明らかなように、将也が「進路を選ぶ理由」を求めていた、ということです。
将也は、周りの人に次々と、進路だけでなく、その進路を選ぼうとしている「理由」も聞いていることに気づきます。


第61話、5ページ。

夢を追いかける硝子、永束。
あえてモラトリアムを選択する真柴。
恋に生きる川井。
ちょっと意味あいは違いますが、家族を安心させたいという結絃。


そして、最後の決め手になったのは、もしかすると5)の母親の「理由」だったのかもしれません。


第61話、10ページ。

「楽しそうだったから」。

将也は、ここで気がついたのかもしれません。

進路を選ぶ理由なんて、実はどうでもいい。
要は「目指すものになれれば、それが答えになる」のだから。


現に、「楽しそう」で理容師を選んだ母親は、立派な理容師となって店を経営しているわけですからね。


ラベル:第61話 第60話
posted by sora at 07:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 第7巻 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。