2014年11月16日

第61話、なんと将也の進路も理容師だった?(1)

さて、第61話、将也はいったい何を目指すんだろう?ということについて、私はほぼ間違いなく「教師」だと思っていたのですが、第61話を見る限り、将也は理容師になる事を選択したようです。
ということは、将也が第34話で語り、また第60話でもいまだ匂わせていた「大学進学」自体を、すっぱりやめるという選択をしたということになります。

将也は、いったいなぜ、大学に進学するという「オーソドックスな」進路を捨てて、理容師への道を目指すことを選んだのでしょうか?

ここは、将也が今回植野に語ったこのせりふを素直にとらえるところから始めるのがいいだろうと思います。

石田:俺はここに残って いずれするだろうと思ってたことをやるよ
   うちの店継ぐために そっちの学校行こうかと思ってる



第61話、4ページ。

つまり、もともと将也にとって最終的なキャリアのゴールのイメージは、「実家の店を継ぐこと」だったのだろう、と思います。
地元の大学に入り卒業して、平凡なサラリーマンか何かになるというのは、将也にとっては一種のモラトリアム(猶予期間)のつもりだったのかもしれません。
しばらくはそうやって「自分が何者であるか」みたいなことを考えながら働き、それが見つかればその道に進めばいいし、もしそれがだめなら実家に戻って店を継げばいい、といったことを漠然と考えていたのではないか、と思います。

ところが今回、将也はその「モラトリアム」を捨て、ダイレクトに理容師を目指すことを選びました
第60話でもまだ迷っていたことを考えると、その決断に影響を与えたものは、基本的には第60話で提示されたものだ、と考えるのがいいと思います。

それは具体的には、

1)母親がひとりで店を切り盛りすることへの心配。
2)硝子が東京に出て行くという事実。
3)そもそも自分は家を出るつもりがあるのか?ということへの自問自答。
4)仲間から聞いた、それぞれの進路とその動機。
5)母親に聞いた、理容師を選んだ理由。


それ以外には、大きなところとして、

6)あまり成績がよくないという現状。

というのも将也の進路選択に影響を与えたかもしれません。


posted by sora at 07:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 第7巻 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。