2014年11月11日

第60話 コネタ集

火曜日恒例のコネタエントリです。
今回は、1ページ1コマ目や「ゼリー」「小テスト」など、すでにコネタエントリを投下しているので、少し控えめなボリューム感です(それでもそこそこありますが)。

1)硝子メールの雰囲気が変わった

これまで、将也相手であってもかなり他人行儀だった印象の硝子のメールですが、今回は印象が違います。


第60話、3ページ。

最大の変化は、「顔文字の登場」でしょう。
まだまだ堅い文章ではありますが、少しは高校生っぽくなった感じでしょうか。

ただ、この文面、実際には東京に行きたいのに気を使って「自分の意思で」上京をやめた、と伝えるために、ちょっと無理していて空元気を感じさせるものですね。


2)「杭瀬」は大垣の川の名前

真柴と川井が目指しているという大学は「杭瀬大」という架空の名前の大学だということですが、この「杭瀬」、どういう意味かと思ったら、舞台のモデルになっている岐阜県大垣内を流れている川の名前でした。


第60話、6ページ。

ちなみに、大垣市内を流れている川には、もう1つ「水門川」というのがあって、こちらは将也らが通っていた小学校の名前に使われていましたね。


3)真柴の1位は誰だ

これは解決されない「永遠の謎」になってしまいそうですが、真柴が永束から「川井のことをどう思ってるんだ」と聞かれて、「好きだよ、3番目くらいに」と答えるシーンがあります。


第60話、9ページ。

2番目は小さな子どもで、3番目が川井だそうですが、では、1番目は何でしょうか?

a) 自分自身
b) 将也
c) 別にいる本命の彼女
d) 母親か家族


さて、どれでしょうか?
私は個人的には、

e) 空席

が正解じゃないかと思っています


いま真柴には恋愛の対象として本当に好きな人はいない、そういう人が現れたら「1番」になるけれども今は空席で、その「空席」をあけたままの状態で、2番が子ども、川井は「その下」という意味だったんじゃないかな、と思っています。


4)コンクールは市?県?

誤植?系コネタの1つめです。
今回、結絃の写真は「市の」コンクールで優秀賞を取ったらしいですが…


第60話、11ページ。

以前、花火大会の前の西宮家の会話では「県の」コンクールになっていました


第5巻168ページ、第41話。

これは、単なる誤植なのか、それとも硝子らは市や県のコンクールにいろいろ出していたのか、どちらなのでしょうか。
今回、石田母が見ていたのが「市内報」みたいなもののようですから、これが誤植だったとしても「県」のほうに合わせにいくのはちょっと無理があって、なかなか厳しいですね。


5)結絃のセリフでオレ俺が混在

誤植?系ネタの2つめ。
今回、結絃が勉強を将也に教わりながら自分語りするところで、1箇所、一人称がいつもの「オレ」ではなく「俺」になってしまっている箇所があります。


第60話、15ページ。

これ、意外と重要な違いで、第2巻の最初と最後のモノローグで叙述トリック的に使われていたとおり、「俺」を使うのは将也で、「オレ」を使うのが結絃、と、はっきりと使い分けられてきたんですよね。
ですから恐らく、これは単行本では修正されるのではないかと予想しています。


posted by sora at 07:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 第7巻 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。