当ブログでは、いわゆる発売日前の「フライングのネタバレ」に関する話題は扱いません。フライングのネタバレとなるコメントはご遠慮ください。ご協力よろしくお願いします。(発売日後のネタバレはOKです。)

おすすめエントリ(最初はこちらからどうぞ)

2014年11月03日

第59話、硝子はなぜ進路を語るのを照れていたのか?(2)

第59話で、硝子は将也に「理容師」という将来の夢を語ることを非常に恥ずかしがりましたが、それは単に「石田母に憧れて理髪師を目指している」という経緯を恥ずかしがっているだけとは思えません。

やはり、硝子にとっての進路の選択のなかに、表面的な内容以上の意味や思いが込められていた、と考えるほかないのではないでしょうか。

ここで考察にあたって考慮すべきポイントは、下記のようなことでしょう。

1)硝子は将也から「生きるのを手伝ってほしい」と言われて、それを心から承諾している。

2)将也の自宅が理髪店であり、石田母こそが自分が理容師を目指すきっかけになった憧れの理容師だったことを、硝子は将也昏睡中に気づき、将也退院後に石田宅を訪れて確信した。

3)石田母の経営するヘアメイクイシダは、石田母一人で切り盛りしている零細理髪店である。

4)硝子はいまの高校の理容科を卒業しただけではまだ理容師資格が取れていないようで、資格取得は卒業後、実務経験を積んだうえで取得という流れらしい。


第59話、10ページ。

5)硝子の理容科での成績は優秀で、硝子が尊敬する東京の先生から修業に来るよう誘われている。


1)と2)から導かれる「ロマンチックな」結論として、硝子が究極の夢として、ゆくゆくは将也と一緒になって、ヘアメイクイシダの跡継ぎになって頑張りたい、という気持ちを持っているのは自然なことだと思います。
(もちろんそれは、「そうなれたらいいなあ」と漠然と夢見ているということであって、いまの時点でそれを「自分の側が決める進路」として硝子が考えていたり「主張して」いるということではありません。)

ただ、ここで問題になってくるのが、3)と4)です。
硝子はまだ理容師資格を持っておらず、理容師として石田母を手伝うことができません。
さらに、石田母ひとりで回っている程度の規模のヘアメイクイシダにただ入ってきても、端的に「余剰労働力」になってしまうのが現実でしょう。リアルの世界でも、理髪店は1000円カットなどに市場を侵食され厳しい状況です。
さらに硝子は、そういった「厳しい状況」のなかでは、自身の障害が問題になってくる恐れがあるという自覚もあるかもしれません。硝子は、自分が(憧れの存在でもある)石田母にとっての足手まといになってしまうような事態だけは、絶対に避けたいと考えるに違いありません

硝子は、「夢」を実現するために、まだまだやらなければならないことがあるという自覚があるのではないかと思います。
タグ:第59話
posted by sora at 07:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 第7巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]
※複数の名前の使い分け、なりすまし、名無し投稿等はご遠慮願います。

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]
※エントリの内容に沿ったご意見をお待ちしています。なお、批評の範疇を超えたキャラ叩き、断罪、作品叩き、中傷コメントなどは遠慮願います。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/408227648
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック