当ブログでは、いわゆる発売日前の「フライングのネタバレ」に関する話題は扱いません。フライングのネタバレとなるコメントはご遠慮ください。ご協力よろしくお願いします。(発売日後のネタバレはOKです。)

おすすめエントリ(最初はこちらからどうぞ)

2014年11月02日

第59話は第23話のリフレインになっている?(1)

第59話では、硝子の進路をめぐって、久しぶりに将也と硝子の言い争いが展開されましたが、ここで不思議なのが、言い争いに発展する前、進路のことを話すか話さないか迷っているときの硝子が、異様なまでに照れていることです。


第59話、8ページ。

これだけ見ると、まるで将也に告白しているかのようですが、この表情にはどういう意味があるのでしょうか?
私は、これは、素直にこう読むのがいいと思います。

これは、硝子にとっては事実上の告白に近かった。

と。

そう考えると、硝子のこの表情に非常に近い表情が見られたシーンを思い出します。


第3巻182ページ、第23話。

これですね。
あの「うきぃ回」、第23話で将也に告白している最中の表情にそっくりです。

やはり、硝子にとって「考えている進路を将也に伝えること」が、「将也に告白すること」に非常に近かった、ということを示しています。

硝子が進路を伝えることが、なぜ「告白」に非常に近いのか、という点についてはエントリを分けて考察したいと思いますが、簡単にいえば、

1)もともと理容師を目指すきっかけが小学校の頃の「憧れの理容師」との出会いだった
2)その「憧れの理容師」が石田母だということを硝子は第55話で知った
3)東京で修業して資格もとって一人前になりたい(いずれは石田母のもとで働けるかも)。


という思いが硝子の中にあるのだと想像します。
つまり、この夢のゴールが「将也」につながっているので、硝子にしてみれば、この話をするのは「逆プロポーズ」に近くなってしまい、ものすごく照れくさい、ということなんだろうと思います。

さて、このように、第59話の「進路の夢」が硝子にとって「恋愛感情」に近しいものとみると、1つ気づくことがあります。

それは、

第59話は第23話のリフレインになっている!

ということです。

第23話とは、あの3巻巻末の「うきぃ回」です。

次のエントリで、第59話と第23話、どのエピソードがどのエピソードと対応してリフレイン構造を形成しているのか、具体的に見ていきたいと思います。
タグ:第59話 第23話
posted by sora at 07:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 第7巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]
※複数の名前の使い分け、なりすまし、名無し投稿等はご遠慮願います。

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]
※エントリの内容に沿ったご意見をお待ちしています。なお、批評の範疇を超えたキャラ叩き、断罪、作品叩き、中傷コメントなどは遠慮願います。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/408150583
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック