当ブログでは、いわゆる発売日前の「フライングのネタバレ」に関する話題は扱いません。フライングのネタバレとなるコメントはご遠慮ください。ご協力よろしくお願いします。(発売日後のネタバレはOKです。)

おすすめエントリ(最初はこちらからどうぞ)

2014年11月01日

第59話、「将也の約束」はまだ達成なかば(2)

さて、第7巻がラストに向けて、「将也が第43話で誓った約束」を1つ1つ守って実行していくのだとすると、まずはその約束がどんなものであったのかを改めて確認する必要があるでしょう。

第43話を振り返ってみると、転落前に将也が誓った約束は、大きく次のようなことでした。

1)嫌なことから逃げたりしません

2)西宮を言い訳にしません


第6巻13ページ、第43話。

3)みんなの顔 ちゃんと見ます

4)みんなの声も ちゃんと聞きます


そして、約束とはちょっと違いますが、転落中の将也が硝子に対して思ったこと、伝えたかったこともいくつか描かれていました。

5)ごめんな西宮 今さら遅いけど

6)俺のこと どう思ってるか 聞いておけばよかった

7)ちなみに 俺はさ


これらを順にみていきたいと思います。

このなかで、現時点(第59話)ですでにクリアされたと評価できるものは、3)、4)、5)くらい、少し大目に見て1)が追加されるくらいでしょうか

5)については、「橋の上の奇跡」のときにはっきりと硝子に謝ることができました。


第54話、5ページ。

このときの将也はかっこよかったですね。

3)と4)については、文化祭回で、最初に学校に着いたときはヘタレてしまいましたが、その後映画メンバーと順に話し、その後クラスメートともちゃんと見てちゃんと聞いて、ネガティブな声からも逃げることなく、バッテンを外すことができました。


第57話、16〜17ページ。

このときの将也もかっこよかったですね。

そして1)については、上記3)、4)とも関連しますが、文化祭回で映画のあと「逃げ」てしまった後、しっかりみんなの前に出てバッテンを外すことができたこと、さらには第58話での島田との再会などを通じて、いちおう、自分にとって嫌なことがあっても逃げない気持ちを手に入れた、とは言えるんじゃないだろうか、と思います。

そうなると問題なのは、残っている2)、6)、7)ということになります。
posted by sora at 08:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 第7巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]
※複数の名前の使い分け、なりすまし、名無し投稿等はご遠慮願います。

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]
※エントリの内容に沿ったご意見をお待ちしています。なお、批評の範疇を超えたキャラ叩き、断罪、作品叩き、中傷コメントなどは遠慮願います。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/408097093
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック