2014年09月27日

第54話、硝子の手話を解読する(未完成版)

第54話の大きな特徴は、硝子がものすごくたくさん手話を繰り出しているのに、その「訳」が一切示されていないという点です。

特に、将也が謝って自殺のことに触れたあとの手話は、硝子が繰り出した手話のなかでも、これまでで最長のものだと言え、何を言っているのかも非常に興味のわくところです。

私は手話はできないので、ネットや書籍の手話辞典を参照しつつ、ストーリー上の文脈をふまえて解読してみました。
最終的にすべて自分なりに「手話辞典」等で確認したものを掲載していますが、後でも触れるように間違いが混ざっている可能性が高いことをご了承ください。

2ページ:ごめんなさい。
(1コマ目は泣いているだけ。2コマ目、3コマ目の2コマの連続動作として「ごめんなさい」)

3ページ:おかげで助かりました。
(1コマ目が「命」、2コマ目が「守る」)

6ページ:どうして謝るの?
(2コマ目が「なぜ」)

8ページ:あなたが落ちたのは 私のせいです。 または
     あなたじゃなくて、私が悪いんです。

(3コマ目が「あなた」+「落ちる(?)」または「”~ない”+???」、4コマ目が「わたし」「悪い」)


分からないコマの1つ、第54話8ページの3コマ目。

9ページ:またバカなことを考えてしまって…。みんなの関係を壊してしまったことが悲しくなって、
(1コマ目「同じ」、2コマ目「醜い」「考え」、4コマ目「関係」「乱す」、5コマ目「悲しい」、7コマ目「なる(?)」)


分からないコマのもう1つ、第54話9ページの5コマ目。右手は「悲しい」でよさそうだとして、左手に意味はあるのでしょうか。

10ページ:それで…
(1コマ目、前のページの「なる」の続き)

16ページ:わかりました。
(2コマ目「了解、わかった」)

この中では、特に「落ちる」と「なる」、さらに「悲しい」のときの左手が怪しいですが、それ以外も間違っている可能性は大いにあります。

ただ、上記の読み方なら、自分的にはいちおう意味が通る気がするので、とりあえずこれを暫定版(未完成版)の読み解きとしておき、必要に応じて修正していこうと思います。
(間違いがあればぜひご指摘ください。助かります。)
ラベル:第54話
posted by sora at 08:13| Comment(15) | TrackBack(0) | 第7巻 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
8ページ3コマ目の「あなた」の次は「痛い」のように見えます。

https://cgi2.nhk.or.jp/signlanguage/enquete.cgi?dno=6405

その次は人差し指だけ立ててるようなので「合う」か「入る」のように見えないことも無いような、違うような?(右手側がよく見えない。。。)

https://cgi2.nhk.or.jp/signlanguage/enquete.cgi?dno=4062
https://cgi2.nhk.or.jp/signlanguage/enquete.cgi?dno=6842

もし前者なら「あなたが痛い目にあったのは」、後者なら「あなたが怪我をして入院したのは」といったところになるでしょうか (「入院」は別にあるようなので違うかもですが)。
答え合わせの回はあるんですかねぇ?
Posted by こば at 2014年09月28日 10:14
こばさん、

コメントありがとうございます。

そうなんですよね、この8ページ3コマ目は「あなた」+「?」+「?」の3アクションをやっているように見えます。

そして、3アクション目が何か分かれば、2アクション目も分かるような気がしているのですが、なかなかこれだというのが見つからないですね…。
Posted by sora at 2014年09月28日 17:19
この回は、読者の側のコミュニケーションのあり方にも鋭く問いかけてきているような気がします。

これを読んでいるあなたは、硝子(を代表とする聴覚障害者たち)の聲を、これまで聞いてこようとしていたか?これからでも聞く意思はあるのか?と。

私は、手話をちゃんと読み取れない現実を前に、これまでいかにいわゆる健聴者中心のコミュニケーションしかしてこなかったか、聴覚障害者たちと真剣に向き合ってこなかったかをつきつけられた気がしました。
Posted by よーかい at 2014年09月29日 15:35
手話を学んでいる者です。といってもヘッポコすぎて間違いの指摘とかはムリです。普段、ろう者の手話がなかなか読み取れないのですが、今回の硝子の手話もそんな気分になりました。ホントに、「パ、パ、パ…」って感じで……わからないんです。

8ページ3コマ…これがわかりにくいのですが、「あなた」「落ちる」でいい気もします。「痛い」はちょっと違う気がします(もう少し湾曲させそう)。「落ちる」+「川」? 「パ」が2つなので手話2語かもしれません…「あなた」(パ)+もう1つ何か…(下からなのか上からなのか)。
その次は「私」「悪い」でいいかと。全部右手でやってもよさそうだけど、「私」が右手で「悪い(?)」が左手になってます。

9ページ2コマめ…左手の動きが…「悪い」とか「ダメ」とかのニュアンスでしょうか。(違ってそうだけど「罰」もあり得るのか…)
4コマめは「関係」が壊れる様子なので、管理人さんと同じ解釈です。
5コマめ…これは「すみません」に見えるんです。頭を下げているように見えるからですが、本当にすまない感じを表しているのかなぁ、と(でも、それなら右手もう少し顔の真ん中辺りで左手も…)。
9ページラスト10ページ最初は…いろいろ考えましたがよくわかりません。もう「パ」もないですし。(「手助け」「助ける」の受け身かとも思ったのですが…両手開いているから違う気が…)

将也が「硝子の飛び降りの原因を作ったのは自分だ」と言っているのに対して硝子が反論しているわけですよね。あと、硝子の手話の後で将也が「同じこと考えていた」とも。
……いろいろ考えましたが、この辺でギブアップです。
手話をやってる知り合いはそれなりにいるのですが、(年配の人が多いのもあって)マンガ読んでいそうな人とか解読してくれそうなほどの人がいなくて残念です。誰かそんな人が見つかって、教えてもらえたらまた書き込みにきます。
役に立たないことを長々と失礼いたしました。
Posted by U.J. at 2014年09月29日 22:53
皆さん、コメントありがとうございます。

このまんがは、いろいろなことを挑戦的に叩きつけてくる作品だと思います。
硝子の手話をあえて訳さない、というのはこれまでもずっと続いてきたことですが、こうやって「本気の長文」をぶつけられると、ほんとにまったく分からないですね。
これは言い換えると、こういった障害のある人に、私たちは簡単なことばだけを言わせて、複雑な会話を拒絶する、といった態度につながっていないだろうか?とも考えるわけです。

そういえば、観覧車回で植野は筆談を拒絶し、硝子はやむを得ず、「私は私が嫌いです」と一言だけやっと言うことができただけでした(しかもそれに対してビンタされてしまいました)。
そんなことも思い出します。


また、U.J.さん、
手話解読についてのご意見ありがとうございます。
やはり難易度が高いんですね。(まあ、まんがで手話を表現するということ自体がものすごく挑戦的なことでもあると思います)
また何か参考になる「読み解き」がありましたらぜひお教えください。
Posted by sora at 2014年09月29日 23:36
これ完成形ありますか?自分も知りたいですが。
自分は、
7ページの将也の言葉を受けて、首を振って「ちがう」
8ページ「飛び降りたのは」「自分のせい(私が悪い)」
9ページ「それは(同時に)」「私は悪いことをしたと思った」「関係を壊したこと」「昔(以前)と同じ」に
10ページ「なった」のが首振って「嫌だった」泣きながらだから「すごくつらかった」?
と読んでいます。
ここは飛び降りた理由をゲロっているんじゃないでしょうか。
Posted by mkt at 2014年10月25日 01:05
mktさん、

コメントありがとうございます。

「解読」ですが、ここから進んでいません。
手話は動きなので、まんがで描かれるとなかなか完璧に分かるのは(多少手話を勉強されている方でも)難しいようですね。

で、内容ですが、おっしゃるとおり、ここは自分が飛び降りた理由を話しているということは間違いないんじゃないかと思います。
その後で将也が「死に値するほどじゃないと思ったよ」とか言っていますしね。
Posted by sora at 2014年10月25日 23:42
初めて書き込みさせて頂きます。記事興味深く拝見しています。
手話初心者です。この部分の手話表現はとても難しくて解読をしたいなと思っていました。記事を参考にしながら私の解釈を書きますね。

8ページ3コマめ
右から読み取ります。3つあります。最初のふたつは親指の位置から見て右手。なので同時に出来ない。あなた、ない(手のひらを返す)
最後が「全部」の最後の形ではないかと。
なので「あなた(のせい)じゃない、まるっきり(全く)」

次は「私がわるい」
9ページ目。「同じ」ですが「やっぱり」という意味もあります。「やっぱり最低だったと思う」
4コマ目、「関係」「混乱」で「絆を乱してしまった」

5コマ目左手が「以前」右手は「同じ」(「悲しい」では無いように思います)「昔と同じ」で小学校の時みたいに友達関係を壊したという意味かなと思いました。
10ページめ「なる」ではなく「大切」で、頭を振っているので「大切な(絆)なのに」と解しました。

まとめて意訳すると
「あなたのせいじゃない、全然」
「悪いのはわたしで、やっぱり最低だと思う」
「(みんなの)関係をムチャクチャにしてしまった。昔(小学時代)みたいに」
「大切なのに、大切な(関係)なのに」
となります。

Posted by よっさん at 2014年11月25日 23:22
よっさん さん、

コメントありがとうございます。

解読ありがとうございます。
コメントいただいた解読で、意味が通りますね。
このあたり、いろいろな「説」があって、なかなかどれが正解か悩みどころです。

最終話についていた大今先生のインタビューで、手話の正解が1コマだけ説明されましたが、こんな風に、手話の分かりにくい所をぜんぶ解説したファンブックが出るといいなあ、と思っています。
Posted by sora at 2014年11月25日 23:37
先日聲の形を初めて読んで、手話の内容がわからないのでここにたどり着きましたが・・・やっぱみんなわからないんですね。
手話の先生とか本当に普段から手話を使ってる人だったらわかるのでしょうか?
Posted by すぴ at 2015年12月13日 23:27
すぴさん、

コメントありがとうございます。

この作品の手話の解読が難しいのは、まんがという静止画のなかで手話という動きが表現されていることにもあるようです。

当ブログにお越しの方の中には、手話を実際に使われている方もいらっしゃいますが、それでもはっきりと分からないところがあったりするようですから。

これについては、やはりぜひ公式のファンブックなどを作っていただいて、そこで解説していただきたいと思っています。
Posted by sora at 2015年12月14日 21:16
いやー、7巻30頁を読んでるけど、難しいですね。
 大今先生、解説ブックだしてほしいですわー

てか、その後や、省かれた話などをアニメ映画上映を記念して、単行本1冊~2冊程度で、出してほしいと思うしだいです。
Posted by 尾張名古屋 at 2015年12月28日 01:09
初めまして。ハマチと申します。
アマゾンにてこちらのブログの存在を知り、是非拝読させていただこうと思い足を運ばせていただきました。

両親が聴覚障がい者で、手話が当たり前の環境で育ってきました。ちゃんとした所で習ったわけではないため、正しい手話を使えて(解読して)いるとは言い切れませんが、お力添えになれればなと…。


8ページ3コマ目、同じくはっきりした解読はできませんでしたが、ただ3アクションではなく2アクションの手話だと思います。
「痛い」の手話かなとのご意見もあるようですが、「痛い」の手話だともっと間接を内側に折り曲げて表現するので違うんじゃないかな?と思っています。

見方によっては「守る」の手話かもと憶測を立てると、
「あなたは守ってくれた。」
「私が悪いのに。」
と、意外に区切られている文章かもしれませんね。

9ページ5コマ目、私は右手の表現は「悲しい」より「難しい」と解釈していました。
そして左手の動作について、最初は「聞こえない」と表現しているのかな?と思っていましたが、そうなると将也の「同じこと考えてた」という答えはおかしいですよね。
なので、他の方がおっしゃるようにきっと「前(以前)」を表現してる手話かなと思います。

つまり、「守る」の仮定も踏まえれば…
「あなたは守ってくれた。」
「私が悪いのに。」
「そうでしょ?」(*「同じ」の手話の解釈)
「死のうと考えていたんだから。」

「(あなたの)関係を壊してしまった。」
「以前のように(元通りに)は難しい。」
「大切…」「大切なのに。」
という風に解釈してみました。
Posted by ハマチ at 2016年01月07日 00:16
尾張名古屋さん、

コメントありがとうございます。
別エントリのコメントでも触れましたが、そのあたりをカバーしたファンブックをぜひ出して欲しいものですよね。

ハマチさん、

手話の解説ありがとうございます。
うーん、やっぱり皆さん割れますねえ。
だいたい、硝子が伝えようとしていることの方向性は皆さん同じですが、コマごとの意味はなかなか確定できないと感じています。

9ページのあたりは特に難しいですね。

やはりここは大今先生本人の解説が欲しいところだと思います。
Posted by sora at 2016年01月07日 21:04
9ページの5コマ目の手話(右手の方)についてのことですが、
動きがないと何とも言えませんが、手の形から見たところ、二つの手話があります。

A.「前、過去、昔」(手を後ろへ移動)
B.「でも、だけど、けれど」(手を180度回す)

文脈から考えると否定的な意味のような気がしますが
まぁ結局は作者に聞いてみないと分かりませんね。

この投稿への返信は不要で構いません。失礼しました
Posted by とんぼ at 2016年09月30日 20:42
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック