2014年09月03日

第51話、ヒントはコマ枠にあり?

第51話は、硝子の現実と回想と妄想とテレパシーみたいなオカルトなどが入り交ざって、しかも時系列もぐちゃぐちゃで、それらをあえて分かりにくく配置しているので、どこで何が描かれているのか、どれが現実でどれが空想か、どういう順序で話が進んでいるのかが非常にわかりにくいですが、実はそれらの区別をかなりはっきりつけさせてくれるギミックが盛り込まれています。

それは、

コマの枠の描かれ方

です。

まず「回想」シーンは、枠の外が黒く描かれています
この技法は過去にも何度も使われていますし、現実から回想シーンに入るところでは枠の外がだんだん黒くなって、回想から現実に戻ってくるとまただんだん白くなるように描かれていますから、たぶん皆さん気がついていらっしゃるでしょう。

今回も、冒頭の花火大会の夜、石田転落後に警察や島田・広瀬と出会うシーンは、普通に枠の外が黒く塗りつぶされていますから、ここは「回想」ということになります。


第51話、5ページ。

そして映画再開の場面は普通の枠なので、ここは「現実」ということになるでしょう。

ところがこのあたりから雲行きが怪しくなります。

かつての6年2組の席に座ったところから過去に戻り、小学校で硝子がクラスメートと仲良くやっている描写は、一見「回想」に見えますが、枠の外が黒くなく、かつ枠がぐにゃぐにゃです。


第51話、10ページ。

つまりこれは、「現実」でも「回想」でもない、ということを示しています。
そして内容を読み込むと、全面的に過去の事実と異なるものになっていることがわかりますから、この「ぐにゃぐにゃ枠」で描かれている場面は、「夢」ないし「妄想」ととらえるのがいいと思います。
実際に、幸せそうな小学生硝子が布団に入る(妄想)シーンから、腕を器具で固定して涙を流す硝子が目を覚ます(現実)シーンに切り替わるときに、「ぐにゃぐにゃ枠」が「通常枠」に戻っています
(よくみると、「妄想」シーンのところどころに少しだけはさまれている「現実」シーンでも、そのコマだけ「通常枠」に戻っていることがわかります。)

そして、さらに悩ましいのが、将也が現れて死を示唆する場面。ここは明らかに「夢」であるように見えるのに、「枠」の線がまっすぐで、かつ外側も黒く塗られていません


第51話、15ページ。

この枠は「現実」の表現です。
なのに、そこにいないはずの将也が、さまざまな場面で現れ、年格好まで変わるという、明らかに「夢」の中としか思えないシーンになっています。

これは、どういうことでしょうか?

それはおそらく、このシーンは(あえてオカルトに傾く事を妨げないなら)、「夢」ではなく「現実」だ、ということなのでしょう。
硝子の頭の中だけで完結している「夢・妄想」ではなく、「現実」の将也が硝子のもとにやってきて、リアルタイムに「会話」をした、そういう「現実」として描かれている、と。

だから、硝子は走らないといけない、ということになります。
火曜日が終わる前に。
じゃーな、と言って去っていこうとする将也を、「現実」として、引き止めるために。
なぜなら、将也のそのメッセージは、「現実」のなにか、だということだから。

なお、今回は「枠」だけでなく、「文字」にも読みときにつながる表現技法が使われていますので、それについては別エントリで触れたいと思います。
ラベル:第51話
posted by sora at 08:13| Comment(9) | TrackBack(0) | 第6巻 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この夢が「妄想」ではなく、「現実」のなにかだとしてこの「夢」を見たことによって走り出して来週なんらかのイベントが起きるのだとしたら・・・・・・・・・・・・・

あんまりでしょうw
伝わらない聲、形にならない聲、そこからくるすれ違いや傷つけ合い、そのなかで少しずつの少しずつの前進を表現してきた作品で、最後にそういったオカルト的な伝達によって物語が進展発展するのだとしたら

よってこれは「妄想」だということを望みます
あるいは「現実」だとするならこの夢をみたことによって何かが変わっちゃいけない
硝子が走った先で物語に重大な影響を及ぼしちゃいけない
Posted by ryu at 2014年09月03日 09:55
将也が登場したあの場面。
「虫の知らせ」っていうのはこういうものなのかなと思いました。
夢のようで、妄想のような、誰の目にも触れない場所で、でも確かな現実感の中で二人の精神が繋がっているというか・・・

硝子が自らの声で呼び戻さないと、将也は本当にさよならしてしまうんじゃないかと感じています。まだ間に合う!走って~!硝子~!!

Posted by めりっさ at 2014年09月03日 12:10
考えてみると硝子が見てる時間は我々の世界のリアル時間のほんの少し前なんですよね
正に今の時間、石田と硝子はどうなっているのか…
自分はオカルトとか何とかじゃなく、今まで積み重ねてきた石田と硝子の歴史が硝子の意識に働きかけたって位に思ってます。
現実とか妄想とか夢とかって何か違う感じです。
Posted by cosminex at 2014年09月03日 17:34
マルドゥックスクランブルの

「安心♪ 安心♪」ぬくぬく→ダンボールでした

このシーン思い出した……
Posted by マスク at 2014年09月03日 19:24
最後のシーンは硝子の将矢への想いや、目覚めなかった場合の不安、焦りが折り重なって死の予感として夢に現れたんだと思います。

硝子は走る。
病院にはきっと硝子のお母さんが勤務してるのでどうにかして入れるでしょう。
将矢の病室に行き、生きていることに安心して涙が将矢の頬に落ちる。
すると将矢はゆっくりと目を開ける。

ベタベタの展開でもいいです。
二人には幸せになってもらいたいです。

目が覚めた将矢は怪我のせいで耳が聞こえなくなっている。
なんとことは無いですよね…笑

Posted by nomutarou at 2014年09月03日 20:20
高校生石田との最後の対話シーンは、ふつうに「現実」だと思います。ただし、「悪夢をみた」という意味での。
私としては、あれは硝子が自分のみた夢のあまりの不穏さに目が覚めた後、あらためてその内容を思い返している(と同時に、読者にもその内容を示している)のだろうと想像します。

石田に「じゃーな」と別れを告げられた硝子はそこで滂沱の涙とともに目覚め(目覚めたタイミングは、「幸せだったはずの子ども硝子」が眠りについた次の対比的なコマでしょう)、時計に目をやるともう「火曜日」が終わっていこうとする時刻。
そして左手の親指をじっと凝視します。指は不自然なくらいに大写し。これたぶん、硝子が石田との別れ際に袖をつかんだ感触を確かめつつ、夢の内容の反芻へとつながっていく「ブリッジ」の役割を果たすコマなんでしょうね。

夢というものが時におそろしく不条理な悪夢だったりすることは、私たちも日常的経験からよく知っています。
なので、「虫の知らせ」といったややオカルト寄り?の解釈もアリですし、ただ単にタイミングの悪すぎる悪夢だったことから硝子は「即行動」で不安を押しとどめるしかなかった、という現実的解釈もアリだと私は思います(硝子は時刻からするとじつに50分は思い悩んでいるわけですし)。

最近こちらでの自分のコメント内容が微妙なのではないか――と思えて投稿は控えようと思っていたのですが…。やっぱりダメですね、今号のような希有な神回を読んでしまっては(管理人さん、申し訳ございません)。
Posted by ブラウニング at 2014年09月03日 22:21
皆さん、コメントありがとうございます。

やはり話題は後半の将也登場のシーンに集中している印象です。

この、将也登場のシーンについての考察が、明日のエントリになる予定です。
よろしければご覧ください!
Posted by sora at 2014年09月03日 22:46
初めまして。
少し前から拝見させて頂いており、sora様の深いご考察に大変感銘を受けています。
今回のエントリで言うところの「妄想」(私も同じ考えです)ですが、これは、単に過去の記憶を幸せなものに置き換えただけでなく、「西宮の耳が聞こえるif」なのでしょうか。
(しかし、西宮は「声」について想像しか出来ないので、全員あんな感じになっている。)
もし声が聞こえていたら、普通にふざけ合って、音楽祭も楽しく終えて、皆の輪に入って仲良く下校する事もできて。
そう思うと、もういたたまれず…是非sora様のご意見を聞いてみたいと思い、コメントさせていただきました。
こちらは毎日楽しみにさせていただいているので、今後更新が減るのは勝手ながら非常に残念ですが、それはそれで心待ちにさせていただこうと思います m(_ _)m
※もし、今後のエントリで触れる予定がある様でしたら、承認不可で構いません。宜しくお願い致します。
Posted by roku at 2014年09月04日 08:14
rokuさん、

コメントありがとうございます。

はい、このコメントとちょうど同じくらいのタイミングでエントリをリリースしましたが、これは間違いなく「硝子も聞こえているというif」だと思います。
だからこそ、音声が崩れているのが悲しいのですね。
Posted by sora at 2014年09月04日 21:23
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック