2014年09月06日

やはり祖母の死去のダメージは大きかった?

第51話の「硝子の望んだ理想の世界」のなかでは、誰もが笑顔で、誰もが優しく、誰もが傷ついておらず、幸せな時間が流れています。
それとは対照的に、「硝子をとりまく現実の世界」では、多くの人が険しい顔、悲しい顔をしていて、硝子に辛くあたったり避けたりし、傷ついています。
「硝子の理想」と「硝子の現実」の2つの場面に、重なっている部分はほとんどありません。(言い換えると、この2つの差があまりに大きいことが、硝子のおかれた環境の厳しさを如実に物語っています)

でも、よくみると、たった一人だけ、夢と現実で同じキャラクターの人物がいます

西宮祖母(西宮いと)です。


第51話、11ページ。


第4巻107ページ、第29話。

西宮祖母だけは、夢でも現実でもニコニコと硝子や結絃を迎え、味つけが濃いかどうかという他愛もない話を笑顔で硝子に語り、いつも硝子の味方でいます。
(佐原も同じキャラクターですが、「現実」では不登校になって小学校生活の世界から消えてしまいました。)

「夢」とはあまりにかけ離れた、厳しい「現実」。両者の断絶に絶望する硝子を思うとき、そんな厳しい世界のなかでの祖母の存在は、とても大きかったことを改めて思います。

母親さえもが、常に「この子に障害がなかったら」あるいは「障害なんか克服して普通に生きなければ」といった、障害への否定・敵視や条件付きの愛情ばかりを与える環境のなかで、ただ一人、硝子の障害をありのままに受け入れ、動じることなく、障害と無関係に無条件の愛情を注いでいた西宮祖母の存在は、硝子にとってかけがえのない救いになっていたはずです。

ノート池ポチャで「死にたい」と結絃に伝えた硝子が、その後立ち直ることができた背景に、祖母の存在(と動植物とのふれあい)があったのではないか、というエントリを以前書きましたが、逆に言えば「死にたい」とまで思い詰めた硝子を救うことができた人物がいたとすれば、それは西宮祖母以外にはあり得ない、とも言えるのではないかと思います。

そんな祖母を、家族は失いました。
そのインパクトは、硝子にとって、おそらく周囲が感じていた以上に大きかったのではないかと思います。
失ったあとで、あの「橋崩壊事件」が起こり、硝子は「死にたい」のときと同じ表情をし、そして今回は本当に自殺を決行してしまいました。

前回の「死にたい」では踏みとどまり、今回は決行してしまったことの背景には、もちろんさまざまな要素が複雑にからみあっているとは思いますが、西宮祖母の存在がいなくなっていることも大きかったんだな、ということが、今回、第51話の「硝子の夢の世界」によって、改めて示されていると思います。


ラベル:第29話 第51話
posted by sora at 08:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 第6巻 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。