2014年09月04日

第51話、「空想シーン」で描かれている世界の意味とは?

第51話の真ん中に、明らかに現実と違う、楽しそうな毎日が描かれた硝子の「空想シーン」があります。(まんがのコマの枠がぐにゃぐにゃのものが、それにあたります)

このシーン、最初は、障害を持ちつつももう少しうまくやれていたら、このくらい楽しい毎日になっていただろうな、という硝子のささやかな願望、もしくは、辛いことがたくさんあった過去の記憶を微妙に捏造して、「楽しかった過去」に塗り替えているシーンとして読んでいたのですが、あることに気づいて、衝撃を受けました。

このシーンの読み方。それは、

硝子が空想する、「もし私の耳が聞こえていたら、障害がなかったら」というifの世界

ということです。

硝子が自宅に帰り、笑顔の西宮母、西宮祖母と一緒に食事をとるシーンにはもう1膳の食器があり、入浴中に「ガチャ」とドアの音がして、結絃が「おおぉあぁんあぁー」と言っています。これは「お父さんだー」でしょう。


第51話、11ページ。

つまり、この空想のなかでは、父親が離婚していません
そして、入浴中なのに、「ガチャ」という遠くのドアの音が「聞こえる」設定になっています
さらに、結絃の髪は長いままで、あの「髪切りイベント」も発生していないことがわかります。

そして、硝子は歌番組を楽しみ、合唱コンクールでもうまく歌えてみんなの中に溶け込んでいます。佐原も不登校になっておらず、ヘアメイク雑誌の話題で盛り上がる関係です。

…これらで分かるとおり、この「空想」の世界では、硝子は耳が聞こえるのです

では、なぜ「聞こえる」設定なのに、すべての登場人物の発音がおかしいのでしょうか?

それは、

硝子は、正しい発音の世界を知らないから。

です。

硝子の空想は、硝子が経験している、理解できている知識の範囲のなかで構築された「健聴者の世界」です。その「硝子が想像できる範囲」のなかに、健聴者がスムーズに話している音声言語は含まれていません。
ですから、この空想は「誰も聴覚障害者がいない世界」という設定になっているにも関わらず、会話は全部崩れていて、まさにそのことが、「本当は、硝子は重い聴覚障害者である」ということを残酷にも示している、ということになっているわけです。

…いや、この表現はすごい。
この表現の構造に気づいたとき、リアルに鳥肌が立ちました。

そして、「硝子視点回」を、単純に過去のいじめの回想とかに使うのではなく、硝子が障害をもっていることでどれだけ自己肯定感を潰され続けてきたか、硝子がどれだけ辛い人生を送っていたかを示すために、こんな形で使うとは、本当に度肝を抜かれました。

もう、この描写だけで、個人的には第51話は第21話(最初の植野大暴れ回)に匹敵するかそれを超える「神回」になりました。
タグ:第51話
posted by sora at 08:17| Comment(19) | TrackBack(0) | 第6巻 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
確かに現実の世界では台詞の文字が削れているのに対して、空想の世界では台詞の文字がはっきり描かれていますね。これも「耳がきこえていたら」という表現なのでしょうね。
Posted by まくら at 2014年09月04日 09:49
健聴者の私が言えることではないかもしれませんが、51話で一番悲しかったのは、「聴覚障害があっても幸せな自分」を、硝子が全くイメージ出来ないことです。
それは仕方のないことですが、どうしようもなく切ないです。
Posted by せら at 2014年09月04日 10:07
「お父さんだー」には気づきませんでした、流石ですね。
しかしそこ以外の所感はほぼ同じです。他にもこの回に漫画の無限の可能性を見出した方は多かったものと思います。
この漫画作品は、下手な文学作品なんかよりもずっとずっと深い表現力を持っていると感じ、深い感銘を受けているところです。

思えば、大今先生の前作「マルドゥック・スクランブル」でも彼女はいくつか鳥肌の立つような実験的な表現を試みています。
そのうちのひとつが、(今手元にないのですが)かなり後半の回の扉絵で、殺人鬼シェルが殺した少女たちが時系列を超えて集まりみなシェルとともに微笑んでいるのですが、よく見ると彼女たちはシェルに殺されたままの姿を保ったままなのです。
よく見ないと分からず、物語に直接関係のない抽象的な扉絵(当然原作では描かれていないと思います)なので意識しないとスルーしてしまうかもしれませんが、それに気づいた時は心底恐怖を感じたものです。

今週号のインタビューでも使われていたオクタヴィアとシェルのシーンでも、この後オクタヴィアが殺される際まで笑顔で描かれており、シェルの非道さとのコントラストを極めて鮮明に描いています。
同様に、今回の回想シーンのような一見穏やかなシーンに残酷性を盛り込むのは、大今先生の得意とする描写なのかもしれませんね。
Posted by かっぱくん at 2014年09月04日 10:46
どんなに、理想の世界を思い描いても文字の崩れた世界が硝子の限界なんだというのが、健常者の視点から見るとそのギャップの大きさに苦しみます。硝子視点ではこれが正しい世界だから気づくことないですし、どんだけ硝子のことを思ってる結絃や将也でも気づくことはできないでしょう。これは読者だけが気づくことができる読者に訴える回なんだろうと思いました。

あと、硝子の髪型がボブのままなところに硝子がどんだけ石田母に髪を切ってもらったのがうれしかったかがうかがえれます。
この、聴覚障害がなかった前提の世界で妹の髪は長いままなのに、ボブになってるのはおかしいからです。以前の学校で聴覚障害が元でイジメになったのを理由に硝子母が髪を切らせにいった。だから、ボブ=聴覚障害となってるのに理想の世界はボブ。ま、これが元でヘアメイクに憧れたのであれば切って捨てることができないんでしょうね。
石田母はおそらく、赤の他人で硝子の思いを汲んでくれた最初の人になのかなと思いました。その人が、いまや目も合わせてくれなくなってるというのは、硝子にとってかなりのダメージですね。まだ、怒りを全身に硝子にぶつけた植田の方が硝子にとってうれしかったのかもしれません。
硝子は将也に助けてもらった今命を簡単に投げ出せない状態。生きるしかない中、じっとはしてられず映画製作をやりきるしか方法が思いつかない中、石田に会えないジレンマ、石田母の無視、植田が完全参加してくれない、加えて事故にかかわってる島田の存在(アドレスを受け取る)とストレスずくしで、だからこそ、なぐさめに理想の世界をおもい描いてみたもののむなしいだけ。現実は石田に会えないまま火曜が終わる。石田がいなくなる。追いかけなくては!ってなったのかと思いました。
Posted by 加納かこ at 2014年09月04日 10:49
これまで硝子の内面描写がほとんど無かったのに、こんな悲しい心の内を描いた今回は本当に心が締め付けられるようだった
あと、不完全な言葉の中で、将也の「わ」だけがはっきりと描かれていることが印象的だった
Posted by   at 2014年09月04日 12:29
いつも興味深く読ませていただいております。初めて書き込みをさせていただきます。

今回の考察を拝見して、1巻で将也が竹内に言った、「西宮は彼女の星(だか国だか)の言葉を話しているだけだと思います」という旨の文言を思い出しました。(今ちょっと単行本が手元にないのであやふやですが…)
あのシーンでは、単なる台詞の一つとして読んでしまいましたが、ある意味正しいというか、硝子のセカイに置いては正しかったという見方もできるのかな、と思いました。
Posted by ノエル at 2014年09月04日 13:17
(前コメントに追記します、長文&トピずれ気味で失礼)

肝心な事を書き忘れましたが、扉絵の件は何故そのようになったかというと、シェルは殺人を犯すたびに自らの記憶をクリアしてしまうので、彼自身に少女たちを殺した自覚がない事を象徴しているのです。
少女たちは微笑みながらシェルに手を振り、彼も悪びれず微笑み返していますが、少女たちはずぶ濡れだったり首に縄の後がついていたり…。

他作品に関するコメントはこれ以上は控えますが、大今先生の構成と演出の奥深さについてはとても年齢相応のものとは思えません。
凄すぎます。
Posted by かっぱくん at 2014年09月04日 15:45
硝子と皆が一緒に楽しそうに過ごす中に父親がいるというのがまたなんとも言えない気分になります。

父親がいる=離婚していない
離婚していない=健常者

硝子の父親と一緒にいる妄想は今の自分を否定してるようにも見えますし、妄想の中ですら無意識に自分責めてるようにも見えて心が苦しくなりました。

また将也が第六話で

「あの時お互いの声が聞こえていたらどんなに良かったか」

と硝子に言ってましたが、今回の話を読むと実は硝子にとってもその言葉は心の奥底でひっそりと閉じ込めていた想いだったのかなと思ってしまいました。
Posted by もしだ at 2014年09月04日 15:46
この空想は硝子自身が「諦めたもの・欲しかったもの」そのものなんじゃないでしょうか。
硝子は恐らく西宮母のあんな優しい表情はほとんど見た事なかったんじゃないかと思います。

硝子は障害を持ってしまったが為に「両親が揃った」当たり前の生活を失いました。そして離婚をきっかけに西宮母は自分に子供厳しくあろうとした為に「硝子達に笑顔を見せる」事もなくなりました。学校でも様々な要因で「育まれるはずだった友情」も失い孤立していきました。

硝子が諦めた物がまだ明示されていないので私の推測でしかないのですけど。「諦めた物が諦めずにすんでいたならばこんなだったのでは」というようなものなんじゃないかと思います。
Posted by ぽこ at 2014年09月04日 15:56
何度もすみません、ぽこさんのコメントに便乗します。

今回の妄想が「諦めたもの・欲しかったもの」に極めて近いと私も思っていますが、この妄想中に本音の喧嘩と仲直りが入っていたら個人的にパーフェクトでした。
小学生時代、将也と取っ組み合いの喧嘩をした事を彼女が肯定的に捉えている描写があるわけで、この回収がどこかにあるはずですが、今回なかったので今後に期待します。
Posted by かっぱくん at 2014年09月04日 18:57
皆さん、コメントありがとうございます。

私は、今回の話で、硝子が「諦めたもの」はまさに、この「空想」で描かれたような世界(に限りなく近い世界)を、自分の努力で手に入れること、だったと思っています。

これについてはエントリを書くつもりでいます(実は一回書いたんですが、間違って消してしまいました(--;))。

また、今回「空想」の世界のなかの髪型がボブだったことで、「自分の希望を聞いてくれたカッコイイ石田母に憧れてヘアメイクに興味をもった」という仮説がますます確証度を増しましたね(というか、もう間違いないでしょう)。
これもエントリ書く予定です。
Posted by sora at 2014年09月04日 21:31
追記させていただきます。
先のコメントで書いた通り空想シーンは「かつて諦めてしまったもの」と私は推測しました。なので空想に出てくる将也の事は「今現在諦めようとしているもの」と考えています。他のエントリでいろんな方が考察されている「映画ができたら硝子は将也や橋の仲間の元から去るのではないか」という説に準ずるものなのですがいざ自ら命を絶とうとした時に再会したあの時の将也の自殺念慮たどり着いて夢に現れたと仮定すると硝子が去ろうとする将也の腕をつかむシーンは「まだ貴方を諦めたくない」という意思表示だと私は考えます。

Posted by ぽこ at 2014年09月04日 21:48
何度も追記すいません。

先のコメントの続きになってしまうのですが将也が小学生になるシーンは「心では諦めたくないと思っていても頭で諦めようとしている」という事が表されているのではないかと。

心の中では将也が好きでかけがえがなく自分にとってすでになくてはならない存在である事をしっかりと認識している→「諦めたくない」
しかし頭の中には呪いの意識が刷り込まれているため全てが終わったら自分がいなくなる事で将也を解放したい→「諦めようとしている」

という状況があり、将也の袖を掴んだ事で諦めたくないと示した一方で諦めなくてはと思っているためそれが「諦めた頃」すなわち小学生時代の将也の姿になっているのではないかと。

「全てを諦めたあの頃の自分」を小学生の将也に重ね「あの頃には戻りたくない、前へ進みたい」という気持ちが硝子を走らせたのではないかと。

いい方に解釈したのですが主さんどう思われますか?
Posted by ぽこ at 2014年09月04日 22:15
このような考察はあまり得意ではないので主さんのような丁寧な考察は非常に助かります。

今回の聲の形は今までのかなり趣向が違いましたね。セリフがはっきりしない分、演出がかなり印象的でした。特に硝子の空想と石田の最後のセリフは身を削られるようなそんな気持ちでした。残り話数も少なく気になる伏線も多くありますが、どのように収めるのか気になるところです
Posted by くりぼろす at 2014年09月05日 01:34
皆さん、コメントありがとうございます。

ぽこさん、

はい、私も「諦めたもの(手に入らないもの)」「手に入れたもの」の対比が、ここには含まれていると思います。

前半は、かつて「諦めたもの」の世界です。
小学校時代に「諦め」て、ずっとそのままだった世界が、将也との再会から、自力での映画再開を通じて、それなりに「手に入ったもの」に変わりました。

一方で、再会した(=手に入った)はずの将也とはいまそのつながりが切れそうになっています。
そして、私は、硝子は今回それを「失いたくない」と考え、「諦め」るかわりに、かけだしたのだと思います。
それは、自力で映画再開したことと、むしろ同じ方向性での「自分で手に入れる」行為だと思っています。

くりぼろすさん、

今回は、まんがの表現の可能性を極限まで追求した話になっていると思います。
小説でも、おそらく映画でも難しい、まんがならではの表現だったと感じています。
おそらく、今回の流れは6巻でまず小さな区切りを迎えそうですが、その後、7巻でどうまとめてくるのか、まだまだ読めないですね。
Posted by sora at 2014年09月05日 07:22
今回は限られたページ数の中で、濃厚な内容だったと思います。
個人的には色んな「聲の形」を表現していたのかなと思いました。
現実世界の聲の形(序盤)、硝子の世界の聲の形(中盤)、心に聞こえる聲の形(終盤)というように。
Posted by かじどん at 2014年09月05日 08:15
かじどんさん、

コメントありがとうございます。

なるほど、面白い読み方ですね。
もともと、このまんがは、タイトルどおりさまざまな「こえ」を表現しているなあ、と思います。
硝子の映画再開への誘いも、筆談ノートだったり手話だったり相合傘だったり、さまざまな「こえ」で実現していったものでしたね。
Posted by sora at 2014年09月06日 00:01
今更ながら聲の形にはまりました。このブログはとても深くて面白く読ませていただきました。
しょうもない突込みなのですが、硝子の空想シーンで川井が「西宮さん一緒に帰ろう」と言っていますが、父親が離婚してないならば苗字は西宮ではない可能性が高いのでは?とふと思いました。でも実際に離婚したのが3歳の時なので硝子に昔の名字で呼ばれた記憶はないと思われるのでこれでいいのでしょうね。
Posted by oidai at 2017年07月01日 10:29
oidaiさん、

コメントありがとうございます。

ご指摘の点は鋭いですね。そのとおりだと思います。
よくよく考えてみると、硝子が生まれたときの苗字というのは、作品の中ではわからなくなっているんですね。
Posted by sora at 2017年07月08日 18:31
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/404723520
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック