当ブログでは、いわゆる発売日前の「フライングのネタバレ」に関する話題は扱いません。フライングのネタバレとなるコメントはご遠慮ください。ご協力よろしくお願いします。(発売日後のネタバレはOKです。)

おすすめエントリ(最初はこちらからどうぞ)

2014年09月02日

第50話 コネタ集(1)

恒例のコネタ集、第50話でみかけたものをご紹介します。
今回はかなり多いので、エントリを2つに分けます。

1)やっぱり捨ててた花束
冒頭のコマで、ゴミ箱のなかに見たことのある花束が…。


第50話、1ページ。

やっぱり、硝子が持ってきた花束、捨てましたね。
まあ、今回の展開からすれば当然ではありますね。将也がからんだ場面では、植野の硝子憎しは筋金入りですから。

2)川井はこんなに前から知ってた
今回、将也が硝子いじめを始める前から、将也が振り向いてくれない、という悩みを川井に相談していた、ということがわかるコマが描かれました。


第50話、2ページ。

植野が将也のことを好きだ、ということは、川井はずーっと前から知っていたんですね。
川井は、将也のカースト転落後、好きだったはずの将也へのいじめに植野が参加しているのを見て、どう思っていたのでしょうか。
そして、高校になって植野が将也を再度追いかけ始めたときには、どんなやりとりがあったんでしょうね。

また、第39話で、川井と植野が「目くそ鼻くその争い」を展開しているとき、川井が「なおちゃんは積極的に西宮さんをいじめてたじゃない」と植野に反論している場面がありますが、これも、単に川井が植野に責任転嫁しているとは言い切れず、実際に植野が「将也の気を引くために」積極的に硝子をいじめていたことを、実は川井ははっきり知っていたのかもしれない、という風にも読み取れるようになり、解釈が変わってきます。

たった1コマですが、「その後」のことをいろいろ想像させるエピソードだと思います。

3)広瀬のフルネームが判明
今回、広瀬からLINEもどきが送られてくるときに、広瀬のフルネームが明らかになっています。


第50話、9ページ。

「広瀬 啓祐」(おそらく「けいすけ」)という名前だったんですね。
まあ、今さら知ったとしても使われずに終わりそうな雰囲気がひしひしとしますが…。

4)広瀬のLINEのアイコンは誰?
広瀬LINEネタの続きですが、広瀬が使っているアイコンが何者かわからなすぎて笑えます。
本人?だとしたらすさまじいビジュアルの変化ですし(花火回のときのビジュアルとも合いません)、彼女?だとしたらなかなか派手な女性とつきあってることになりますね。
でも、もしかしたら、単に好きなアーティストの写真、とかかもしれません(笑)。
タグ:第50話
posted by sora at 07:32 | Comment(5) | TrackBack(0) | 第6巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして♪毎朝 起きたら楽しみにコチラを拝見させていただいてる デミウルゴス です。

もし、個別視点回の条件が フルネームが明かされてる事 だったら、広瀬視点があるかもですね!。

ガキんちょ将也に一番物理的なものをくらってた彼
話している人の顔をちゃんと見ながら聞く彼には、小学生の将也や中学高校の島田がどのように見えていたのか知りたいです。

(ただ、これまでのセリフ数もとても少ないく、特に不思議な点が無いので難しいと思いますが、)ボクの願望です。
Posted by デミウルゴス at 2014年09月02日 18:01
はじめまして。細かいところまで推察されているコチラのブログをいつも楽しみにしています。あめです。

5巻の後半を見てみると、皆が花火を違う場所から見ているコマで広瀬の隣に同じ髪の色の女性がいるようです。耳に髪をかけていないので、若干髪型は違うようですが。。

もしかしたら、広瀬と付き合っている女性なのかもしれませんね。
プロフ画像にしているのもそういった理由からかも。。
Posted by あめ at 2014年09月02日 22:16
皆さん、コメントありがとうございます。

今のところ、フルネームがあって個別視点回が回ってきていないのは、硝子を除けば島田と、今回広瀬が加わりました。

まあ、あと12話くらいしか残ってないことを考えると、島田回はありえても広瀬回はなさそうというのが個人的な印象ではあります。

広瀬の彼女?については、第42話の最初のページにも、島田・広瀬と一緒にうつっています。
ですから、このアイコンは、たぶん「広瀬の彼女」ということなんだろうと思っています。
Posted by sora at 2014年09月02日 23:38
広瀬のアイコンにのっている女性、もしかして石田のお姉さんだったりして
根拠はありませんが何となく
Posted by あくび at 2014年09月04日 22:19
あくびさん、

コメントありがとうございます。

(笑)だとしたら驚愕ですが、今号の作者インタビューを読むと、それはないと思います。
将也は姉の彼氏とはオープンに話をする関係という設定のようですから。
Posted by sora at 2014年09月05日 07:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]
※複数の名前の使い分け、なりすまし、名無し投稿等はご遠慮願います。

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]
※エントリの内容に沿ったご意見をお待ちしています。なお、批評の範疇を超えたキャラ叩き、断罪、作品叩き、中傷コメントなどは遠慮願います。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/404667048
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック