2014年08月05日

第47話 コネタ集

さて、第47話の話題のシメは、今回も「コネタ集」でいきたいと思います。
ここまでのエントリで取り上げてこなかったちょっとした第47話のネタ、注目ポイントをピックアップしていきます。
今回はややネタ切れぎみで、コネタを独立エントリとしてけっこう使ったこともあって、残っているコネタの数は少なめです。

1)佐原はヘッドフォン女子

佐原は、下校するときには大柄なオーバーヘッドヘッドフォンで音楽を楽しむ「ヘッドフォン女子」のようです。


第47話、12ページ。

ただ、登校するときは、今回も、3巻で将也と会った時も使っていませんが、これはラッシュだから安全のために聴かないようにしているんでしょうか。

ところで、今回はちょっとブログっぽいものを貼ってみたいと思います(笑)。


audio-technica 密閉型オンイヤーヘッドホン テレビ用 シルバー ATH-200AV

佐原みたいに外につけていくにはダサすぎですが、自宅で使うにはこの激安ヘッドフォン、音圧が高くてなかなかいいです。私はずっと何年も家ではこれを使ってます。
(このブログのエントリの原稿を書いているときもこれで音楽を聴きながら書いたりしています。)


2)ほんとにおさえてた植野

今回、佐原が将也の見舞いにいって病室のドアを開けようとしたら、開きませんでした。


第47話、13ページ。

そして、中から植野が開けました。

…ほんとに押さえてたんですね、植野が。
前回、第46話で、永束が「開かねー、押さえてやがる」と言ったのは(その場から離れて硝子と話をするための)演技なんじゃないか、とも思ったのですが、嘘じゃなかったということですね。
永束君を疑ったりして悪かったです(笑)。

それにしても、植野はすっかり立てこもり状態なんですね…。


3)低い靴を選んで履いてる佐原

第44話で、植野-硝子の修羅場(というか植野の一方的な暴行現場)に巻き込まれて、靴のヒールが折れてしまった佐原ですが、今回、学校にいくときに、ヒールの低い靴を選んで履いていることが分かります。


第47話、4ページ。

ヒールの折れた靴はまだ捨てずに残してありますね。これから修理するのでしょうか。

そして、このあと低い靴でつり革につかまる描写がありますが、ヒールを脱いだ佐原は極端に長身というわけではない印象です。


第47話、4ページ。

ちなみに、ここで「低い靴をはいた状態で」、学校から病室に寄っていく(それで植野や硝子に出会う)ことが、物語上ちょっとした意味を持たせてあるように思われます。
これについては、再来週あたり、合併号で新話の出ないネタ切れ期間(笑)あたりに連載エントリで触れようと思っています。
ラベル:第47話
posted by sora at 08:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 第6巻 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック