当ブログでは、いわゆる発売日前の「フライングのネタバレ」に関する話題は扱いません。フライングのネタバレとなるコメントはご遠慮ください。ご協力よろしくお願いします。(発売日後のネタバレはOKです。)

おすすめエントリ(最初はこちらからどうぞ)

2014年08月02日

第47話、なぜか佐原の表情が植野に似てる件

コネタです。

さて、第47話は佐原回で、佐原のいろんな表情が見れましたが、そんな中で、いくつか、「あ、これって植野が前にやってた表情にそっくり」というのがありましたので、それをピックアップしてみたいと思います。

まずはこれ。


第47話、13ページ。

佐原が将也の病室にきて、植野の向こうにいる将也をさがして「チラ チラ」と周りを見ている描写です。

このコマは、第3巻のこのシーンとそっくりです。


第3巻104ページ、第20話。

永束が猫ポーチの「ずっと好きでした」を持ってにゃんにゃん倶楽部でバイトする植野に会いに行ったときのシーン。
このときは逆に植野が、永束の向こうにいる(かもしれない)将也をさがして「チラ チラ」と周りを見ている描写になっています。

構図やせりふのレイアウトまでそっくりです。
これは、役回りは変わっていますが、ある意味、「第6巻は第2巻、第3巻のリフレイン」というネタの1つになっているのかもしれません。

そしてもう1つは、こちらです。


第47話、12ページ。

佐原が学校で妖精の衣装を作っていて、ある程度できあがったときに見せた表情です。
このとき、佐原の口がハート型になっていて、「あれ、この表情、どこかで見たことがあるな…」と思ったら、ここでした。


第44話、15ページ。

第44話で植野が硝子に暴行を加えているときに、佐原が「なおちゃんは 人の気持ちを 無視しすぎる」と反論したのに対して、植野が「出たッ!西宮さんの得意技ッ!」と茶化して返したときの植野の表情が、この「ハート口」でした。

これまでも、佐原は植野の私服のアドバイスに従ったり、植野のクセとかをまねたりしているように見える場面がいろいろありますが、そういう「真似する」のと関係ないところで、こういう表情やシーンのシンクロみたいなのが出てくるのは面白いですね。
タグ:第47話 第20話
posted by sora at 10:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 第6巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]
※複数の名前の使い分け、なりすまし、名無し投稿等はご遠慮願います。

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]
※エントリの内容に沿ったご意見をお待ちしています。なお、批評の範疇を超えたキャラ叩き、断罪、作品叩き、中傷コメントなどは遠慮願います。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/403064839
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック