当ブログでは、いわゆる発売日前の「フライングのネタバレ」に関する話題は扱いません。フライングのネタバレとなるコメントはご遠慮ください。ご協力よろしくお願いします。(発売日後のネタバレはOKです。)

おすすめエントリ(最初はこちらからどうぞ)

2014年08月01日

第47話:定例 伏線回収ウォッチング

さて、恒例の伏線回収ウォッチング、今回は第47話についてのものです。

第47話では(下記のウォッチ対象の伏線とはズレますが)佐原まわりの伏線があらかた回収されて、「佐原に関する大きな謎はほぼもうない」という状態になったんじゃないかと思います。

1)特A級
1a)硝子の将也への恋心は届くのか。将也の硝子への恋心は自覚され届くのか。
1b)将也、硝子双方が持つ自己嫌悪は克服されるのか。
1c)島田の中学での将也迫害の理由、島田が将也に考えている(いた)こと
1d)小学校時代の硝子がなぜ将也と友達になろうとしたか
1e)硝子が自殺を決意するに至る(小学校からの)心情的経緯 →44話の手紙と45話の結絃の回想で語られました
1f)橋メンバーとの和解。誰と和解し、誰と和解しないのか。 → 46話、47話で、硝子−永束−佐原の人間関係が再構築されています。
1g)将也がクラスメート全般につけている×は外れるのか
1h)硝子が「諦めていたもの」とは何だったのか→45話の結絃の回想から、かなり重いものである可能性が強まりました
1i)将也は、いつ硝子に過去の行い(いじめ)を謝罪するのか

2)A級
2a)硝子が植野に出した手紙の中身 → 第44話で明らかになりました
2b)硝子の補聴器が片方になった理由
2c)水門小から転校後の硝子の学校生活、交友関係
2d)なぜ島田はテキ屋になっているのか、ただのバイトなのか
2e)結絃カメラのゴクヒ映像はもう使われないのか → 47話からみると、自殺の映像はガムシロ組にも共有されたようです。
2f)結絃の不登校は解消されるのか、自称「硝子の世話係」を卒業するのか → 第44話、45話で「世話係」の自己像が否定されました。
2g)硝子が「死にたい」から1か月半程度で立ち直るまでの経緯

3)Aマイナス級
3a)真柴の正体、真柴の「同級生」
3b)結絃が死体写真ばかり撮っていた理由 → 第45話で明確になりました。
3c)ガーデンピックはいつ聞くんだ
3d)佐原のメール「成長を証明する」方法 → 第44話、45話での植野への振る舞いに明確に見えました。47話でも成長が示されています。
3e)竹内がなぜ手話を知っているのか
3f)ペドロはどこへ行った?
3g)広瀬のいま、島田・植野との関係
3h)将也が中学時代も孤立していたことを硝子は知ることになるのか
3i)映画はどうなるの? → 硝子を中心に再開されつつあります。

4)B級
4a)喜多先生の結婚相手、喜多はいま何をやっているのか
4b)小学校時代、将也以外のクラスメートの硝子いじめの実態
4c)石田母の「優しさの中の厳しさ」はもう表現されないのか
4d)健脚コンビとは何だったのか
4e)デラックスってなぜ登場したんだろう、再登場はある?
4f)石田姉の顔出しはある?
4g)花火大会の「あれ 西宮さんじゃね?」の発言者は?


第47話は、第46話に引き続き、「映画撮影再開」を1つのトリガーにして、「橋メンバーの関係」を、硝子が率先して行動して再構築していく、という展開となりました。

また、「佐原視点回」だったために、上記では伏線として取り上げていませんでしたが、以下のような伏線が回収されています。

・佐原の不登校から保健室登校に至る状況
・佐原の、植野に対する複雑な感情 → 才能に対する憧れと昔からの恐怖
・佐原は植野に憧れて太陽女子に入ったのか? → 偶然でした
・佐原はいつから植野に憧れるようになったのか? → 太陽女子で才能を知ってから(高2)
・佐原が太陽女子で人気者になる経緯 → 背が伸びて高2でモデルに
・佐原の、将也に対する感情 →「変わった」立派な人間


また、これは別エントリで触れたいと思いますが、第47話の佐原のモノローグから、結絃のゴクヒ映像のうち、自殺の経緯の録画映像は、佐原や永束と共有されたように思われます。
ゴクヒ映像は、映画には使われず、このくらいの使われ方で終わるのかもしれません。

それにしても、思ったほど、この定点観測エントリ開始時に設定していた伏線が回収されないですね。
この「定点観測」で取り上げているのは、主に将也−硝子まわりの伏線だから、かもしれません。
やはり「植野視点回」と、将也が目覚めて硝子と対面する展開がこないと、特A級の伏線にもなかなか手が出せない感じです。
(そういう意味で、ここ数話の進行に、やや停滞感が漂っているのかもしれませんね。)
タグ:第47話
posted by sora at 08:25 | Comment(2) | TrackBack(0) | 第6巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
佐原が太陽女子学園に入った経緯は今までにも何度か推理が流れていましたが、やはり「自宅から遠く離れた学校なら、小中学校の顔見知りがいないだろうから、最初からやり直せる」という目的だったのですね。
それが、よりによって、植野と同じクラスに。
植野もさすがに気まずそうな表情でしたね。
高1の1年間は、辛い思いをしたことでしょう。

あと、コネタになりそうですが、「硝子に妹がいる」ことを佐原が知った経緯についても、さりげなく伏線回収されましたね。

今度は誰の視点になるか、楽しみです。
Posted by ぽてと at 2014年08月01日 22:11
ぽてとさん、

コメントありがとうございます。

そうですね、この47話をみると、佐原が高校1年の1年間を耐えたことこそが、最大の「成長」のように思えてなりません。
(高2以降はいろいろ頑張れる要素が増えてますが、高1のときはなにもなさそうなので)

あの1ページ目の「佐原の書き込み」は明日のエントリのネタにします。
けっこういろいろなことが分かりますよね!
Posted by sora at 2014年08月02日 23:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]
※複数の名前の使い分け、なりすまし、名無し投稿等はご遠慮願います。

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]
※エントリの内容に沿ったご意見をお待ちしています。なお、批評の範疇を超えたキャラ叩き、断罪、作品叩き、中傷コメントなどは遠慮願います。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/402978218
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック