当ブログでは、いわゆる発売日前の「フライングのネタバレ」に関する話題は扱いません。フライングのネタバレとなるコメントはご遠慮ください。ご協力よろしくお願いします。(発売日後のネタバレはOKです。)

おすすめエントリ(最初はこちらからどうぞ)

2014年07月10日

第44話、結絃について回収された悲しい伏線とは?

第44話、植野の大暴ればかりが目立ちますが、その影でこっそり回収された大きな伏線があります。
それは、

結絃が筆談ノートを見てずっと知りたいと思っていた、「小学校のころのねーちゃん」の姿

です。

第4巻の冒頭、第24話は、一見、第3話最後の硝子の告白の後日談という位置付けに見えますが、実際には、将也の再会から始まり、硝子の小学校時代のつながりが少しずつ復元されていく(同時に硝子が生き生きとした感情を取り戻していく)過程で、結絃を過去に引き留めている「小学校時代の硝子へのいじめへの恨み」を清算し、未来に目を向けられるようになるための最初の歩みが始まる回でもありました。

そういった、結絃の過去からの脱却のあがきは、第29話でも改めて描かれています。

祖母「…ゆづはまだ 姉ちゃんいじめとった奴 蹴とばしたりたいんか」
結絃「痛い目あわせてやりたいとは今でも思ってるけど …思うだけだよ キリないしね」
祖母「んでも 姉ちゃんのノート 見とったのは…」
結絃「知りたいだけ 姉ちゃんが どーいった人達の中にいて どんな空気を感じてたか 知りたいだけ 知らなかったら いつか後悔するかもしれないから」
祖母「ばーちゃんは ゆづが心配だよ 姉ちゃんのことばっかで 自分のことは知ろうとせん」



第4巻112ページ、第29話。

なぜこんなに結絃は硝子の筆談ノートと小学校時代にこだわったのでしょうか。
それは、どんなにいじめられても作り笑いをしていた小学校時代の硝子が、たった1度だけ見せた本音が(恐らく)「自殺したい」であったこと、そのきっかけが「筆談ノート」を捨てられたことだったこと、そして恐らく、この「自殺したい」以降は、硝子が感情を殺して「諦めて生きている」ことを察していたこと。

硝子を「守る」ために、結絃は髪を切り、自ら男子のように振る舞い、学校にも行かずに「硝子の世話係」として生きる選択をしてきました。

そんな硝子が、将也との再会以降、感情を取り戻して告白までやらかしたわけです。
結絃としてはこれで姉のことは心配するのをやめて、今度は「自分のこと」をやり直す段階に入ってもいいはずですが、そのためにも必要だったのが「姉が小学校のころ、どんな空気のなかでどんなことを感じて過ごしていたか」を知ることだったのだと思います。

そして、「知らなかったら いつか後悔するかもしれないから」という結絃の不安は当たりそうになりました。
もしも硝子があのまま自殺していたら、結絃はきっと「ちゃんと知っておくべきだった」と後悔したことでしょう。

でも、硝子は辛うじて助かりました。
そして、硝子自身が書いた手紙によって、「姉ちゃんが どーいった人達の中にいて どんな空気を感じてたか」が明らかになりました。

その内容は、結絃にとっては衝撃的なものだったでしょう。
硝子は、端的に「妹を守るために」、「普通」を目指して周りと同じようにクラスに溶けこもうと頑張って空回りし、迷惑をかけて、作り笑いしかできなくなって、いじめを受けて、最終的に「自殺したい」となって「諦めた」わけですから。

花火大会で、硝子のことを守れなかったこともショックだったと思いますが、結絃は「カントクフユキトドキ」なんてことを言っており、無意識のうちにいまだ硝子の保護者を自認していることが伺えます。
でも、自分の存在こそが、姉を追い込む原因の1つとなっていて、守っているつもりが守られていた、ということを知り、「硝子の保護者」などという結絃の自己イメージは、自殺阻止失敗と今回の手紙によって完全に破壊されたといっていいでしょう。

だからこそ、手紙朗読時に硝子以上に結絃がショッキングな顔をし、その後の植野の髪つかみビンタを見ても、止めることもできずにひとり号泣して固まっていたわけです。


第44話、17ページ。

結絃がいまだに中性的なルックスを続けているのは、「自分で断髪したあの日」から時計が止まっていて、まだ「過去にとらわれている」ということの現れです。不登校とか「死骸の写真ばかり撮ってる」とかも、同様の話ですね。
ですから、今回、結絃が知りたかった硝子の過去が明らかになり、同時に結絃の現在のアイデンティティが否定されたことは、これから結絃が大きく変わっていく契機にまちがいなくなっていくでしょう。
posted by sora at 00:12 | Comment(12) | TrackBack(0) | その他・一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>硝子は、端的に「弟を守るために」

妹なのです・・・
Posted by 瑣末ですが at 2014年07月10日 01:00
ゆづるは「弟」ではなく「妹」ですね。
『硝子は、端的に「弟を守るために」、「普通」を目指して周りと同じようにクラスに溶けこもうと〜』
の部分です。
Posted by レミオ at 2014年07月10日 01:49
皆さん、

ご指摘ありがとうございます。ナチュラルに間違えてました(^^;)。
修正しました。
Posted by sora at 2014年07月10日 07:11
こんにちは。

さて、44話が非常にハデで一見分かりやすい展開となったこともあり、某所でも凄まじい勢いで議論が展開されていますが、似たような話題のループと繰り返し現れる近視眼的な「硝子悪玉論」に辟易しています(苦笑)。

管理人さんのこちらの記事ですが、「硝子の手紙」を通じて結絃が姉の真意を知るところにとどまらず、かなり以前のエピソードにまで射程をのばして検証することによってこのシークエンスの重みを提示してくださるので、非常になんというか…溜飲が下がります。

ばーちゃんと結絃のエピソードは読みながら私自身非常に気になっていたことであったはずなのですが、今回完全に頭からスッポ抜けていましたので、大変にありがたいご指摘として読ませていただきました。同時に、最近よく聞く「このところの大今のストーリー展開は説得力が無い」というほとんど無根拠な「批判」にも、期せずして反論してくれる内容だったと思います。

おかげさまで私の頭の中でこのエピソードが消化できましたので、さらにご指摘の「これから結絃が大きく変わっていく契機にまちがいなくなっていく」について、非常に関心が向いますね。
物語中で最終的に結絃は復学し、おそらく容姿についても「ちびゆじゅう」時代のそれに回帰するのでは…と私個人は考えていたのですが、この個人的(わりとどうでもいい?)予測が当たりそうな確信を強めています。「結絃萌え」にとっては、彼女が最後まであの容姿のままで通すのかどうかはけっこう重大案件なのです(笑)。

とにかく、今回アイデンティティの崩壊に直面した結絃が、自らの内面再構築をスムーズに進められることを祈りたいと思います。
長文・お目汚し失礼しました。
Posted by ブラウニング at 2014年07月10日 07:31
ゆじゅうのショックと心の傷は4巻で伏線が張られて?いる滝元君が満を持して登場、彼との恋で癒され、ゆじゅうは女に戻っていく・・・、こういう展開でいいんですよ(笑)
Posted by レッドバロン at 2014年07月10日 08:00
>レッドバロンさん
そうそう。滝本君、何気に気になるんですよ
この漫画が顔の出さないモブキャラの
名前だけ出すということは他にはやってないし
「あの性格」の母宮が、割と親しげに語っていること。恐らく親子ともに顔見知りであること。
=幼馴染である可能性が高い


さすがに成長が完全に止まるとか男の容姿を持つ少女というのはご都合主義が過ぎて、ファンタジーすぎて、姉以上にありえないけど、ここまでやったからには、今度は一気に女性になる。という、更なるぶっ飛び展開は、きっとある。最終回でいきなり数年後・・・
すっかりオトナの女性になったゆじゅが登場、とか・・・

それに、実際に石田はゆじゅを少し異性と意識するようになってる
部屋に来るといわれたときのあの「間」や、
好きな人はいるかといわれたときのあの「間」、
最初はなかったものだし、今は制服で泣いてるシーンも目撃してしまってるし

もし硝子がいなかったら、この漫画のヒロインはゆじゅでしょうw
Posted by ミスターパーフェクト at 2014年07月10日 08:34
みなさんのコメント読ませていただいて

植野のセリフ「性悪女!」の「女!」の部分が結弦の顔のコマに被さってるのも、ちゃんと意味があるんだなぁって思った次第です。
Posted by めりっさ at 2014年07月10日 15:07
皆さん、コメントありがとうございます。

ブラウニングさん、

結絃のアイデンティティ破壊が、44話の最大の見所だと思っています。(今回、前半にも後半にも登場している唯一のテーマですから。)
今後の結絃の成長は必ず描写されると確信しています。

レッドバロンさん、ミスターパーフェクトさん、

「滝本君」ですか…。
そういえばそんなのがいましたね(笑)。
不登校を心配しているくらいですから、顔見知りなのはそのとおりでしょうね。
滝本君にはお姉さんがいて、それが真柴のかつての同級生、みたいなことも考えてしまいますが(^^;)。

めりっささん、

深読みですね(^^)。
ここで植野が言っている「とんだ思い上がり」というのも、きっと結絃自身にも響いていると思います。
Posted by sora at 2014年07月10日 20:09
思えば2巻で、結弦のバカッター捏造をめぐって結弦と
硝子がケンカした際、硝子が手話神拳で「あんた(の助けだか、おせっかい?)要らない」てなことを言っていたように思いましたが、あれは怒りの勢いに任せた暴言、失言ではなく、半分以上本音だったんですね・・・。
Posted by レッドバロン at 2014年07月10日 21:19
はじめまして.
聲の形が大好きでネットで調べていたらこちらの考察サイトにたどり着き,
以来いつも楽しく拝読させていただいています.

今回のエントリと「伏線回収」という流れ,それから回想で出てくる手話が「自殺」であり,硝子は自殺願望を結絃に伝えていたと言う話を踏まえて,一つ気づいた点があります.それは,「結絃が死骸の写真を撮る理由」です.

最初私は単に結絃の趣味かと考えていましたが,今回のことで結絃は死骸そのものに興味があるわけではなく,"硝子に自殺を思いとどまらせるための抑止力として写真を撮っていた(見せていた)”のではないか?と考察しました.
つまり,結絃にとっては死骸を撮影することに意味があるのではなく,撮影した死骸の写真を硝子に見せて“気持ち悪いと感じさせ”,「生き物(つまり人間が)が死ぬとこんなに気持ち悪くなるんだぞ!だから死ぬな」
というメッセージを送っていた(あるいは実際にそう伝えたことがある)のだと思います.

こういう仮説の元で,死骸と写真に関するシーンを見てみると下記のように捉えることができる気がします.
----------
・29話,永束の腕についていた蚊の死骸の写真を硝子に見せて
(結絃)「フフ,キモいだろっ
これの良さがわかんねーねーちゃんは正しい!」
→一見,自分の趣味は誰にもわからない,と言っているようにもとれるが,硝子を正しい方向に導こうとしているようにも読める?

・30話,将也が死骸の写真ばかり撮っている事実を知って,「わかるぜ,こーいうのが好きな時期俺にもあった いいんじゃね?」と発言
(結絃)「お前変わってるな こんなのがいいなんて はっきり言ってセンスねーよお前」
→石田を攻撃しているようにも読めるが,祖母が亡くなって精神的に参っている状況で,つい本音が出たとも考えられる
→実は結絃も死骸の写真が良いとは感じていない?

・32話,将也が見つけたプレゼント(鳥の死骸)について
(結絃)「おおっ! キレイすぎるな.2点」
・それを硝子に見せて
(結絃)「これキモい?ねーちゃん
そうか!キモいか!(にかっ)」
→鳥の死骸のプレゼントにはそこまで喜んでいない(結絃の表情からも読み取れる).しかも"死骸がキレイなこと"に対して低い評価をしている
→死骸はキレイなものではなく,気持ち悪いものである必要がある?
→さらに,硝子が気持ち悪そうな反応を示したときに初めて最高の笑顔を見せる
→写真を撮ることより,硝子に見せて気持ち悪いと思わせるのが目的?
----------

まぁ,たとえ最初は死骸の写真に興味がなかったとしても,なんどか撮影→硝子に見せるを繰り返すうちにいつの間にか死骸の写真を撮ることにも興味が出た可能性はありますが笑

個人的には結構いいセンだと思っています.
長文失礼しました.
Posted by ラルス at 2014年07月10日 21:42
滝本君は結構重要っぽいから、忘れないで〜w


ゆじゅうが死体を撮るのは姉の自殺が切欠では?

死について考えるようになる・・・
・・・考えるうち、アートとして没頭していく・・・
という芸術家によくあるパターン

日常的に動物の死体を撮影し・・・
さらには祖母の死に顔(?)を撮影したカメラで、
今度は姉の自殺シーンを撮影してしまったので、
この漫画の中では、カメラ=死に関する写真という枠組みなんだと・・・

まあ他の写真も撮ってますけどねえ・・・
Posted by ミスターパーフェクト at 2014年07月10日 22:06
レッドバロンさん、ラルスさん、

コメントありがとうございます。

硝子が「あなた・いらない」と言ったのは偶然かもしれませんが、それに対して結絃が大ショックを受けて家出してしまったのは、まさに今回のように、硝子の世話係を自認している結絃のことを硝子から否定されたような気がしたからだと思います。

また、「死骸撮影」の件ですが、そのとおりだと思います。
エントリでも少し触れていますが、ご指摘のとおり、「結絃の死骸撮影」は、死が残酷なことだということを伝える(それによって自殺を思いとどまってもらう)ための行為だった可能性は高いと思います。
Posted by sora at 2014年07月10日 22:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]
※複数の名前の使い分け、なりすまし、名無し投稿等はご遠慮願います。

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]
※エントリの内容に沿ったご意見をお待ちしています。なお、批評の範疇を超えたキャラ叩き、断罪、作品叩き、中傷コメントなどは遠慮願います。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/401389833
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック