2014年07月08日

デラックスと島田の関係のなぞとは?

デラックス関連エントリの続き(第5弾)です。
こちらはコネタですが、意外と重要かもしれないと考えています。

あのデラックス事件のあと、島田が将也からの「第43回」度胸試しの誘いを塾を理由に断ったときのせりふです。

島田「お前も塾 始めたら? デラックスに会えるぞ!」


第1巻45ページ、第1話。

この発言は冗談の一種だとは思いますが、それでも、この発言を見る限り、島田はデラックスにそんなに悪い感情も持っていないし、逆にデラックスから塾で何らかの反撃を受けたりしている様子も伺えません。
あれだけのことが起これば(靴のことをモロに本人に聞いているわけですし、将也が殴り付けた現場に島田もいたわけですから、島田のことは覚えているでしょう)、普通は険悪なムードになるでしょうし、同じ塾にいられなくなったりする可能性も十分考えられます。

それがそうなっていないのは、恐らく島田が事件のあと塾で会ったときに何らかのフォローをして「和解」したからではないかと想像します。

ここからはさらに想像になりますが、

1)島田は、デラックス事件でのげんき君の登場によって、スニーカー盗難の主犯はげんき君で、デラックスはむしろ巻き込まれた側だということを察知。
2)にもかかわらず、将也に思いっきり殴られたということで、そもそものきっかけを作った立場として申し訳なく思い、塾で自らデラックスに話しかけ謝罪した。
3)デラックスと和解し、スニーカーの件について事情を全部聞いた。


といったことがあったのではないでしょうか。
あの状況から、デラックスと「和解」しようと思うと、まちがいなく島田の側から歩み寄らないと実現しないと思いますから。

ここで重要に思えるのが、「謝罪」というキーワードです。
なぜなら、この「謝罪」というキーワードが、「島田が将也をなぜ執拗にいじめたのか」あるいは「将也が乗り越えなければならない課題」といったこととつながっている気がするからです。(このあたりについてもまた別の機会に書きたいと思います)


ラベル:第01話
posted by sora at 20:27| Comment(4) | TrackBack(0) | 第1巻 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最近の超絶展開やのこり話数を考えると細かい謎や伏線は回収されないかもしれないけど島田があそこまで執拗に将也をいじめた理由は明らかにしてほしい
Posted by オチョア at 2014年07月08日 21:44
オチョアさん、

コメントありがとうございます。

そうですね、私もそこだけはちゃんと作品のなかでしっかり描きなおして欲しいと思いますね。

これまでの話で「推測」はできますが、どれもあまり根拠がはっきりしないし、ぜひもう一度島田としっかり向き合う場面を作って、それで島田のホンネを聞きたいですね。(和解する必要はないと思っていますが)
Posted by sora at 2014年07月08日 23:08
靴を盗んだから悪い奴なので裁かれないといけないとか
本人が盗んだんじゃないなら悪かったなとか
島田少年はそういう正義についての拘りを持っていたでしょうか?

それに
この「真相」が和解の動機になったとするなら
逆に言えば「真相」がなかった場合は和解する気にならなかった、
つまり島田少年は塾でデラックスに狙われる立場になるつもりだった…
島田少年はそんなに考えなしだったでしょうか?

そもそもデラックス事件より後の時期でも
島田少年には申し訳ないとか謝罪しようとかいう観念があるように見えません。
Posted by 裁縫 at 2014年07月09日 01:48
裁縫さん、

コメントありがとうございます。

まあ、ここまでくると「想像」なので、絶対正しいとか間違っているとかいう議論は難しいとは思います。

ただ、島田があの事件のあとも平穏にデラックスと塾に行けているのは、逆にちょっと不自然だな、というところから推理したところです。

この件については、上でも書いていますが、一度別エントリでもう少し掘り下げてみる予定です。
Posted by sora at 2014年07月09日 20:22
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。