2014年07月03日

第43話、将也が転落したのは何階からか?

43話で将也は硝子の代わりにマンションのベランダから転落してしまうわけですが、ここで将也の容態に大きな影響を与えるのが、

結局、将也はマンションの何階から落ちたのか?

ということだと思います。

ここで決定的証拠となるのがこのコマです。


第43話、15ページ。

転落直後の将也の視界だと思われますが、まだ硝子の着物のすそが見えている、ということはまだ1フロア分も落ちていないタイミング(でも硝子の顔は見えないくらい)だということが分かります。

ここで、ベランダの柵がよくみると4つ確認できます
そうすると、転落したフロアの柵はもう過ぎてしまって見えてないわけですから、4+1で柵の数は5つ。
5階、ということでいいでしょうか?

多分、違います。
マンションでは通常、1階はこういう壁+フェンスという構造にはなっておらず、壁のないテラス状になっています。(それで専用庭みたいなのがついているマンションも多いですね。あるいは専用のガレージになってる場合も多いです)

つまり、4+1+1で最低6階、ということになるのではないでしょうか。

6階だとすると、1フロア3mとして(まんがで言っているように4mは通常ありません)、6×3=18m、ではなくて、6階の床=5階の天井の上にいるわけですから(6-1)×3=15mということで、ちょうど広瀬が言っていた「コンクリートの固さに…」の高さに相当します。
うーん、かなり高いですね…。

しかも、この着水直前のコマですが、


第43話、15ページ。

花火の「しだれ部分」が下向き(つまり上下反転)で、かつ上半分が見切れています。
これを素直に将也の視界として解釈すると、「頭からまっ逆さまに着水した」としか読めません。…

次号で判明するであろう、将也の容態が気になります。
タグ:第43話
posted by sora at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 第6巻 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
西宮家の部屋番号って10xxだったような。
だったら10階かも。
Posted by かじ at 2014年07月03日 21:59
かじさん、

コメントありがとうございます。

10階という描写がどこかにありますか?(私の見落としならぜひ教えてください。)

第42話9ページのネームプレートの左側が微妙に「10」に見えますが、よくみると単なる模様(穴?)のようです。

また、もし10階なら昇ってきた将也はもっと息が切れているのではないかと思いますし、43話で高さを計算するときももっと高いイメージを持つんじゃないかと思います。
このエントリで引用したコマから見ても、せいぜい6~7階という感じなのでは、と思っています。

Posted by sora at 2014年07月03日 23:17
うろ覚えなので、42話のプレート見間違いかもしれませんm(_ _)m
Posted by かじ at 2014年07月06日 06:48
かじさん、

コメントありがとうございます。
やはりあそこのネームプレートですね。
改めてチェックしてみましたが、やはりただの何かの穴、○ですね。そのすぐ左に縦方向の影があって「10」に見えますが、そちらは細かくチェックするとタダの影なので、「10」ではなさそうです。
Posted by sora at 2014年07月06日 08:17
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/400876771
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック