2014年06月26日

第43話以降の展開を推理する

もはや「なぞ解き」でも何でもないですが(^^;)、ここまで衝撃的な展開になってくると、どうしても「推理」とか「憶測」で次回以降を語りたくなります。

次回のサブタイ煽りは「西宮硝子の話」となっています。外すことで定評のあるサブタイ煽りなので信用できませんが、以前「西宮家のこと」という煽りだったときには「中身は合ってる」だったので、今回もそうである可能性もあります。

だとすると、場面転換して初めての硝子視点でこれまでのことが語られることになるのでしょうか。(過去の話なので回想黒ベタ枠で)

それはそれで、「なぜ硝子は将也に接近して友達になろうとしたのか」「死にたいと結絃に言った後どうやってメンタル回復したのか」「将也と離れた後の硝子の中高時代はどうだったのか」「将也と再会後ちゅきに至る心の動き」など、物語の核心に迫るなぞが語られることになっていいのかもしれませんが、「あのクリフハンガー状態から二人はどうなるのか」という切迫した不安は解消されずに先送り、ということになってしまいますね。

ただ、次回が6巻の最初、ということを考えると、これは十分ありえるように思います。
下手をすると1巻分まるまる、スピンオフ的に「硝子視点でトレースし直した聲の形の物語」になって、6巻の最後か7巻でようやく42話の終わりに戻ってくる、というのも構成としては可能だと思うので。

一方、サブタイ煽りが無視されて、42話の続きから43話が始まる場合。
この場合、「そもそも引き上げ成功するのか?」というところがまず謎です。
まあ、あの流れで腕をつかむことに成功して、しかも硝子も将也も肩を脱臼していない時点で現実にはありえないマンガ的展開なわけですが(嫌いではないです)、ここから硝子を持ち上げることができるか、というと、すでに「将也は足をくじいていて力が入らない」という伏線が張られまくっていることを考えると、将也が引き上げに成功する(設定)とはやや考えにくいです。

そうなると、

1)結局硝子を落としてしまう。
2)二人で落ちてしまう。
3)誰かが部屋に入ってきて助けてくれる。
4)1フロア下の人が助けてくれる。
5)将也がひたすらふんばって時間稼ぎして、その間に警察か誰かが助けてくれる。


あたりのどれかということになります。
いちおう、

0)将也がひとりで引き上げて助ける。

も残しておきましょうか。

ここでヒントになりそうなのが、この場面を録画していると思われる結絃のカメラです。
これはほぼ間違いなく、「この事件の真相が分からない状況になるが、結絃が録画内容を見て初めて明らかになる」という展開を示唆していますから、「将也も硝子も真相を語らない(語れない)」という状況になることが予想されます。

そうすると、4)5)のように、回りの一般人や公人を巻き込む展開の可能性、真相を将也が語れるであろう1)の可能性が低くなり、0)と2)の可能性が高くなります。
3)については、広瀬や植野、大穴で真柴あたりがかけつける可能性が考えられますが、普通に考えてマンションの部屋には入ってこれないので、下から救助を求める形くらいしか考えられず、結局4)5)に収束してしまいそうです。
2)で二人とも死ぬか意識不明となり、心中かと思ったら結絃のカメラで真相判明とか…うーん、でもその展開だけは勘弁してほしい。
それだったら、0)で、土足で部屋に上がり込んでる将也と浴衣が乱れて呆然としている硝子を、帰ってきた西宮一家が誤解して問答無用で将也を追い出し、その後結絃が真相を知る、という展開のほうがまだ救いがありますね。
でも、0)でも(2で助かった場合でも)、硝子がメンタル崩壊もしくは脳障害などで入院し、会話もまったくできないような硝子を将也が見舞う、みたいな展開もありうるので、当分は(あるいは最後まで?)暗い展開が続くことも覚悟しなければいけないかも。

いずれにしても、ここから2~3話で明るい展開になるとはとても考えられず、読者はしばらく鬱々とした気分でいることを覚悟しておかなければならないのかもしれません。

救いはどこに?(--;)

おまけ:以下、「さすがにこの展開だったら私も読むのやめるかも」的な最悪パターン展開予想「こんな聲の形は嫌だ(鉄拳風)」。

1)43話は過去の回想。44話は「死死」ということで硝子も将也も転落して死亡。残された結絃は最悪の「死」を撮影(録画)してしまったカメラを見て絶望、残り2巻分は残ったメンバーで葬式モードで話が進行。

2)第6巻全部が硝子視点の回想、第6巻最後で結局硝子は墜落して助からない。第7巻は、聲が届かず全てを失った将也が、硝子の分も生きるため橋メンバーや島田と関係修復する。

3)第6巻どころか第7巻までずっと硝子視点の回想、最後の1話でようやく42話の場面に戻ってきて、救出失敗、硝子(または硝子+将也)が落下してる途中で完結。


ラベル:第43話
posted by sora at 08:19| Comment(21) | TrackBack(0) | 第6巻 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これは(笑)

考え得る最悪の展開を予想して、精神防御態勢ですね!笑

私は、「西宮さんじゃね?」の植野が、石田がついていったのにも気付いて、こっそり後を追ってきてくれてないかなあと期待したい!でもマンションまでは入ってこないかな・・・(-´ω`-)一緒に助けてあげてくれえ~

いずれにせよ、どうなってしまうかは「西宮硝子の話」の後になるんですかね…一週間が長い・・・
Posted by めりっさ at 2014年06月26日 08:56
某掲示板でのコメントの受売りですが引っかかっている部分のすぐ近くに鉄柵があるのがミソですね。
ここに硝子が掴まれば助かりますが、
それには硝子が生きる意思を取り戻さないとダメ。石田が説得しようにも
補聴器は外してる、手話は使えない
という状況。さあ、石田はどうやっ
て聲を伝える?というのが次回?の
見せ場かな?と。
二人のいずれかを「殺す」ことはしないんじゃないかな?と。
一応、「不老不死の水」飲ませてるし(笑)。しかし、あの先生のことだからなぁ、後遺症の残る怪我くらいはさせ
そうで怖いですね。
多くの読者が不安に苛まれている中、
先生のマガジン巻末コメントは
「クレミーホイップでアイス作ると
おいしい!!!」でした…。

大今先生~(笑)。
Posted by レッドバロン at 2014年06月26日 09:33
一応読み切りがハッピーエンド?なので、そんな酷いラストにはならないと思う。
というかそう信じたいっす
Posted by ハル at 2014年06月26日 11:21
結局二人とも落ちてしまい、場面暗転

川井「っていうお話しなんだけど、どうかな?」
石田「暗いなぁ……」

実は途中から映画の脚本の話だったというオチはどうでしょ(笑)
Posted by サイト at 2014年06月26日 11:59
「どうやって硝子を助けるか」について、既にsoraさんが指摘されているように、将也が硝子の腕をつかんでクリフハンガー状態になること自体が漫画的表現ですね。
将也が「ぐ…」とうめき声をあげていることから、将也は肩を脱臼してしまっているのをこらえていると考えても不自然ではないし、玄関からベランダまで一気にダッシュしていることから、胸をベランダの壁にぶつけて肋骨骨折しているかも。

さて、カメラのスイッチが入ってしまっている(「カチカチカチ」と連続音がしているので、おそらく連続撮影モード)様子をわざわざ描写していることから、たしかに(3)~(5)のケースはなさそうです。
そうなると、リアリティがもっとも高そうな可能性としては、レッドバロンさんも指摘されたように、鉄柵に硝子をつかまさせて引き上げる。
その後、森田健作の青春ドラマ調ならビンタをかます、レディースコミック調ならしっかり抱きしめてキスし、それから…という展開でしょうが、大今先生のことですからそういうベタな展開にはならないでしょうね。
そうすると、やはり乱れた浴衣姿で呆然とする(あるいは泣き崩れている)硝子と息を切らしている将也を帰宅した西宮母と結絃が目撃…修羅場にでしょうか?

本当に心臓に悪い展開が続きます。

ただ、硝子の姿が視界から消えてしまっているという衝撃的な見開き画面ですが、私はそこに一種の暗示を感じました。
将也の右半分が黒っぽく左半分が白っぽい。
足の負傷をものともせず、一気にダッシュした様子も考え合わせると。これは将也が今までの贖罪モードから抜け出し、硝子を一人の女性として見ることができるようになることを示しているのではないかなと思いました。
そうであれば今後の展開に希望がもてます。

長文失礼しました。
Posted by ぽてと at 2014年06月26日 12:14
 今回の記事もとても参考になりました。
 屋台の位置取りや各巻の最後が伏線(あるいは逆転)として回収されているという説は非常に面白かったです。今後の考察に少しでも役立てて頂きたく、コメントさせていただきます。

 42話では、改めて硝子が心に深い闇(過去のこと、現在の将也への罪悪感含め)を抱え、限界を迎えていたことが分かりましたね。彼女が自身を嫌い、自身を責めるタイプの人だと知っていたはずなのに、将也は(そして読者である私も)見逃していました。それだけに、42話は衝撃的でした。

 一巻での二人の再会における、心境(自殺への意思)を逆転させた形の「腕つかみ」となりました。しかし、レッドバロンさんが指摘されたように、補聴器もなく、手話も使えないこの状況において、将也が自分の「聲」をどのように伝えるのか、という点を考えれば、今後の展開を希望あるものへと変えてくれると思います。再会してからの将也は手話やメール(文字)というツールに頼りきりで、本当の硝子の「聲」を逃していました。それが今回の事件を乗越えることで、一歩踏み込める展開になるのを期待してます。

 見開きの将也に関しては、ぽてとさんと同意見です。足の痛み(硝子と一緒に居たことで負った、いわゆる罪悪感や贖罪の痛みの暗喩)にうずくまりそうになりながら、「それでも」立ち上がり硝子へと手を伸ばした将也の姿は、過去の罪への許しを得るために硝子と一緒に居ようとした今までとは明らかに違います。将也が硝子を女性として見るかどうかは分かりませんが・・・。

 今後の展開は・・・数週は重い話が続くかとは思いますが、全体としては救いと希望のある話にはなると思います。あの場面において将也が硝子に伝える「聲の形」がどのような形か、その形がまた物語を広げてくれると思います。また、「聲の形」は硝子と将也の物語ですから、どちらかが退場する可能性は低いと思いますが・・・どうでしょう。

衝撃的な展開だっただけに、思わず書きすぎました・・・長文失礼しました(汗)
Posted by レミオ at 2014年06月26日 15:15
「推理」であり「願望」でもありますが、「2人は助かる」と予想します。
そのプロセスは

7)硝子が自分の意思で上がってくる

です。

では、どうやって?という点ですが、ぶら下がった位置がちょうど
鉄柵のところですので「硝子がそこを掴み、登る」ようになれば
助かるのではないかと。

なぜ、(自殺を)翻意した?の理由は「将也の説得」でしょう。

補聴器はありませんし、あってもどれだけ聴こえるかとなると
手話頼みですが、「なぜか不思議なことに、都合よく」
左手が空いているので、「左手の手話で説得」かなぁ、と。

何を伝えるか?は、おそらく将也が本心で思っているであろう
偽らざる気持ち…「お前が死んだら俺も死ぬ」ではないかと。

根拠は2巻のセリフ、また同じ週にも同様の発言がありましたが
「西宮を守るためだけに生きる」という点です。その、守る対象、
生きる意味がなくなれば、しかも将也自身にまつわることで
いなくなるなら、自分も生きている意味はないと考えると思います。

硝子にとっても、「将也のためにとったはずの行為」(自殺)で
結果的に「将也を殺してしまう」のは、絶対に避けたいでしょう。

ただ、これだと「後刻どこで活用される」であろう、結絃のカメラの
意味が薄くなるのは否めません……。
こじつけ気味の推理になりますが、助かった後に、

(1)また発作的に飛び降りるかも
(2)ママ宮、結絃が戻ってきたら今回のことが露見する

から「俺の家に来い!」と引っ張っていった、という展開であれば、
なんとか辻褄は合うかな……と思います。
Posted by ジン at 2014年06月26日 17:44
ミソは、考察の前提が脱臼することから始まってることかな。良い展開を予想しても裏切られるから、悪い結果を予想して、良い結果が来ることを祈る心境ということでしょうか
Posted by aco at 2014年06月26日 18:26
話が飛んで恐縮ですが、私の少年時代、実家近くに健聴者と聾唖者の夫婦やっている理髪店がありまして。
健聴者の旦那さんが客の対応をして、手話で聾唖の
奥さんに注文を伝える・・って形でそれなりにやってました。

で、思うのは現実の健聴者と聾唖者のカップルって
どうやって出会って知り合っているんでしょうね?

付き合うまでに、将也と硝子みたいに「チュキ」とか
猫耳のライバル出現とか、飛び降り未遂の大騒ぎを
演じたのかなぁ(笑)とつい想像したりして・・

まあ、マンガほどドラマチックではないにせよ、健聴者同士のカップルでは考えられない、いろいろな出来事、悩みがあるかとは思いますが。
Posted by レッドバロン at 2014年06月26日 19:03
カメラのあれって録画ですかねえ?
音的に自分は連写だと思ってたので、タタタと撮って最後に花火の打ち上げピークをバックにハグしてる2人を撮って、それがコンクールの金賞を取ったりとか色々想像してました。
Posted by Do at 2014年06月26日 20:07
皆さん、コメントありがとうございます。

このエントリは、みんなで気軽に?想像しましょうという趣旨なので、どんな想像でもいいんじゃないかなと思ってます。

もし、このまま将也一人で助けられるとして、「助かる過程」の描写があるとすれば、たぶんフェンスの部分からよじ上ってくるんだと思います。

また、カメラがどういうモードに入ったのかについては、別エントリで考察しましたのでご覧ください。(私はあれは録画以外はない、と判断しました。)

「夢オチ」ならぬ「脚本オチ」というのも(本当にやられたらマガジン破り捨てものですが)想像だけなら楽しいですね。
そこは将也じゃなくて永束で、クリフハンガーのスタローンをイメージして「体毛も多いしいい感じ」とか言わせたいところです。

また、レミオさん、長文の感想ありがとうございます。
42話はあまりに書きたいことが多すぎて、エントリの連投になりましたが、だいぶネタ的には出し切ったので、明日あたりから落ち着いた感じになると思います。

肩の脱臼は、してない「設定」だと思います。
「本当ならしてるはず」という意味で書きました。
Posted by sora at 2014年06月26日 21:46
初めまして。
いつもブログ楽しく読ませてもらってます。
怒濤の展開にハラハラしつつ私なりに頭を振り絞って考えてみました。

まず石田と硝子ですが2で二人とも落ちると予想します。

注目したいところがあって二人が向き合ってるんですよね。
何故あのように落ちて向き合う形になったのかは分かりませんが(笑)
これは石田が硝子に何か言うのではないでしょうか?
硝子から石田は伝わらなかったこともあってないかなと思います。
それで石田は「俺は今日初めて死にたくないと思った」とかなんとか言うのでしょう。
しかし硝子は補聴器がないので何を言われても聞こえません。
しかし硝子には何故か届くのです(笑)
そこはもう漫画なので察して下さい。

引っ張り上げられず二人して落ちるわけですがここで私の愛する植野の出番なわけです(笑)
「あれ、西宮さんじゃね?」の声の主は植野であり、
石田はこの声で「植野+硝子=混ぜると危険」となり付いていくことにしたのだと思います。
近くにいた植野は硝子のあとを付いていく石田を発見。
植野は石田をとても心配しておりそれは執拗な着信履歴で窺い知れます。
勿論追いかけます(笑)
ここで植野→石田→硝子といういつもの構図に。
植野は硝子のアパートに入っていく石田を見かけますがさすがにそこまでは付いていけず外で待機。
そして今まさに落ちようとするシーンに出くわすわけです。
しかしこの先は正直読めません。
植野と一緒のお父さん?お兄さん?が消防団勤務とか周りのテキ屋さんが駆け付けてくれるとか。
大今先生に頑張ってもらうしかないですね。

カメラですがこれは後日結絃や西宮母が見るというのではなく死を写すアイテムとして描かれているように感じました。
いくつもの可能性があるので二重三重としての仕掛けかもですが。
つまり石田の手から落ちたカメラが写した硝子はある意味死んでいるということなんではないでしょうか?
あまりに不吉なので落ちた衝撃で壊れて欲しいですね(笑)

長くなりました。
またの更新を楽しみにしています。
Posted by ヒーローは二人いた at 2014年06月26日 22:23
心臓に悪い展開ですが、最終的には「二人とも助かる」のではないかと私は希望を持っています。
その根拠は薄弱と言えば薄弱なんですが、第4巻末尾収録の番外編『姉妹』のエピソードです。
結絃相手に発音の練習をしている硝子が「すき」を含める単語の連発に、からかわれていると気づいて結絃を『むぐ』してしまうシーンがありますが、あれは『うきぃ』のリベンジがある伏線だと想像しています。
なので、万一の事があれば、その伏線が生きなくなってしまう。
というわけで、この伏線を回収するためには「二人とも助かる」(例え、大怪我をする可能性はあっても)のではと期待しています。
くさいといえばくさいですが、そこは漫画ということで(笑)

あ、硝子が引き上げられた後、将也に今までの心の闇を(手話で)打ち明けた後、音声で「すき…」とやる可能性もありますね。そうなったら…。
Posted by ぽてと at 2014年06月26日 22:23
こんばんは、毎日楽しみにしてます。
私は2人とも助かる(そうであって欲しい)と思ってます。
ただし将也一人では無理だと思います。
なのであり得ない可能性の方向で考えてみました。
花火大会の「西宮さんじゃね?」の主は植野さんで硝子が通り過ぎてからしばらくして将也が追いかけて行くのを見て橋事件以来、毎日電話しても出てくれない理由が聞きたいから将也を追跡したら遭遇して外から救助要請する←ちなみに一人歩く真柴君がたまたま電話してる植野とばったりしてもおかしくない

長束君は実は硝子達と同じマンションの住人でたまたま将也を気にかけながら花火を見てたら遭遇して駆けつけて将也と一緒に引き上げる(ベランダが煉瓦作りで書かれてるので)
柚絃・西宮母は花火から帰宅。外から騒動を見て慌てて家に入り硝子を引き上げ

こうすると植野さんのペケが一時的でも取れるし真柴・長束とも話すきっかけができるから橋メンバーの中では佐原さんだけきちんと話をすれば良くなると思うのですが…。
川井は一言多いので必要ないかな、と。

以上ですが長々とごめんなさい。
Posted by さやか at 2014年06月27日 00:00
皆さん、コメントありがとうございます。

42話にちりばめられているいろいろな伏線(カメラ、西宮さんじゃねの声、etc.)を組み合わせて考えると、いろいろな可能性が考えられますね。

私も、まだ2巻もあることを考えると、二人は二人とも助かるというのがもっとも順当な可能性だと思います。

そのうえで、助かるんだけど簡単にハッピーエンドにはならなくて、何か重たい感じのストーリーになっていくような予感がしています。
Posted by sora at 2014年06月27日 00:26
てかダメでしょ
ハッピーエンドなんて
相手を自殺に追い込むほどのいじめをした主人公と
母や妹のこれまでの苦労を全否定する投身自殺を謀ったヒロイン
この2名がハッピーエンドを迎えることはあってはならない
Posted by jin774 at 2014年06月27日 14:09
42話後の話には一度も触れずに
硝子の過去物語から硝子視点での石田再開までで完結すれば第1話とも繋がってきれいに終わりになるような、ならないような……おまけの3)でもそうですが
こんな終わり方の場合なげっぱなしエンドとして
後世に語り継がれちゃいそう
Posted by マスク at 2014年06月27日 18:31
はじめまして。
説得力の有る考察いつもふむふむと拝見させていただくばかりですが
今回ばかりはコメントを抑えきれませんでした^^;

2人は結局落ちるんですが助かると思います。
だいぶ都合が良い願望なんですが
ショーヤは力の限りをつくそうとも引き上げられず硝子も生きる気力を無くし鉄柵を掴む気配が無い。
そこへ「西宮さんじゃね?」から誰かしらが現場を目撃し2人の下にシーツを広げるなど措置を取ります。
助かるはずは無いと誰もが躊躇しますがショーヤが思いだします。
島田や広瀬と行っていた「度胸試し」
「俺より度胸あるヤツいんの?」
意を決して2人して落下。
それにより硝子は死の恐怖を覚え、ショーヤは過去の自分の良さを取り戻します。
2人は精神的に一時的な臨死体験をする事により、生や罪に前向きになる。
そこに誰が居合わせるかまでは考えが及びませんが
ここで島田や広瀬が関わると…
2人と友達の問題を解決するにはこれくらいのショックが必要かと。

いきなり長文失礼しました。
42話を読んでから気になって気になって夢にまで出てきてしまって(笑)
Posted by 夢で見えた at 2014年06月27日 22:32
皆さん、コメントありがとうございます。

このまんがを、べき論とか正義とか勧善懲悪とか、そういう風に読むとまったく楽しめないんじゃないかな、とは思います。
だって大今先生はおそらくそういうのから一番遠いところに物語を置こうとしているわけですから。

もしこの話が、「空中」で終わったら、そのときはこのブログも閉じて単行本も全部売ります(笑)。
Posted by sora at 2014年06月27日 22:53
なんとかして、二人とも助かって欲しいという希望から色々と可能性を考えてみました。
ヒーローは二人いた さんのアイデアに便乗して、こんな展開はどうでしょう?

「あれ西宮さんじゃね?」の声の主はやはり植野。
植野は気になって二人の後をつけていくが、オートロックマンションのため、マンション内には入れず。
しばらく外で待つ。ややあって、立ち去ろうかどうか迷ってあきらめきれず、上を見上げると、硝子がベランダの手すりの上に立つのが見える。
「な、何をしてんのよ」と叫ぶのと同時に硝子が飛び降りる。思わず目を閉じるが、恐る恐る目を開けると硝子が将也に手をつかまれて宙づりになっている。
慌てて携帯で119番する。
そして、「石田ぁ!頑張れ!助けを呼んだからぁ!」と叫ぶ。
しかし、その叫びもむなしく、しばらくして握力のなくなった将也は硝子を落としてしまう。
「やべぇ!」植野は『したたた』走りで真下へ。





硝子は我に返る。
死んでいない。何故?
見回すと、植野が自分の下敷きになっている。

そう、植野が自分の体を挺して硝子を助け、自らは重傷を負ったのだ。
「う、うえのたん?」
「ぜえぜえ、あなた、大丈夫かい?」
「うえのたん、ごめんなたい。あたちのために」
「けっ、そうやって、すぐ謝るのがあなたの悪いところよ」
「うえのたん…」
「私は昔も今もずっと、あなたのことが嫌い。でも握手だけはしましょう」
右手を差し出す植野。
その右手を両手で抱きしめる硝子。

そこへ階段を駆け下りてきた将也。
二人の様子を見て事態を悟る。
植野を抱き起す
「植野っ!?」
その顔に×が一瞬飛んでくるが、また飛び去ってゆく。
「石田か?」
「植野っ!」
「今まであたしのやってきたこと、裏目に出続けてきたけど」
ごほっごほっと血を吐く。
「これで少しは石田のために役立ったかい?」
「植野っ!」
「石田、私のこと嫌い?」
「ああ、嫌いだ。でも…」(将也が涙声になる)
「えへへ、ハゲ」
「植野っ!」
「おい、どうした?ハゲ」
「うっせー、このブス」(将也の声が震えている)
「ハゲハゲ」
「ブスブス」
植野が弱々しく微笑んだ後、首を垂れる。

遠くから緊急自動車のサイレン音が聞こえてくる。

次回へ続く



うーん、大今先生のことなので、こんな三流ドラマみたいな展開はしないとは思いますが、今までに何回も読者の予想の上を行きつづけてきたので、意表をついてこないとも限らない。
とにかく、もっと救いのある展開にして欲しいですよね。
Posted by ぽてと at 2014年06月29日 21:02
ぽてとさん、

コメントありがとうございます。

(笑)たしかにこれだと韓流ドラマみたいですねえ。
でも、「あれ 西宮さんじゃね?」の主は、以前も書きましたが私も植野なんじゃないかと読んでいるので、どこかのタイミングで植野が登場する(新学期まで気づかないとかじゃなくて、この花火大会の日に気づく、もしくは何かしらの介入がある)んじゃないかと読み?もしくは期待しています。

これまで裏目続きの植野ですが、そろそろ将也のためを思って起こした行動で報われる展開を見てみたいですね。
Posted by sora at 2014年06月29日 23:14
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。