当ブログでは、いわゆる発売日前の「フライングのネタバレ」に関する話題は扱いません。フライングのネタバレとなるコメントはご遠慮ください。ご協力よろしくお願いします。(発売日後のネタバレはOKです。)

おすすめエントリ(最初はこちらからどうぞ)

2014年06月08日

聲の形のWikiっぽいものを作る:登場人物編(4) 植野直花

どんどんいきます。こんどは植野。
ちなみに、今回の「Wikiっぽいもの」は、「完全に客観的でフラットな最大公約数てきな解説をする」のが目的ではありません(そこが「っぽいもの」たる所以でもあります)。
それよりは若干踏み込んで、「明確に描かれていないことでも、多くの人が同意するであるような解釈や人物像はむしろ積極的に盛り込む」という内容を目指しています。


主要人物

植野直花(うえの なおか)


植野直花

小学校時代の将也のクラスメートで、黒髪ロングのスリムな美少女。
オリジナル版、リメイク版では単なる「クラスの女子」の1人に過ぎなかったが、連載版では大きくその役割を変え、物語を動かすキーパーソンとなっている。そのため、以下は連載版での設定について記載する。
小学校時代、明るくさばさばした姉御肌の性格もあって、転校してきた硝子の世話役をなりゆき的に任されるが、その負担の大きさの割に担任教師からの理解や支援もなく、次第に不満を募らせるようになる。(このとき、その不満の火に油を注ぐような言動をとった佐原に対していじめを行ない、佐原を不登校に追い込んだ。)
結果、自身も硝子の筆談ノートに悪口を書き込むなどの陰湿ないじめを行なうが、将也が高額な補聴器を壊すという直接的ないじめで学級裁判で晒し上げられたとき、自身に火の粉が降りかかるのを避けるため、結果として将也を売る発言をしてしまった。
植野は実は密かに将也に好意を寄せ続けていたのだが、学級裁判以降いじめられっ子に転落した将也の味方になる勇気をもつことができず、そのまま中学卒業まで将也へのいじめの傍観者だったことを悔やむ一方、将也が転落し、関係が壊れてしまった原因は硝子が転校してきたことにあると考え、硝子に対し反感を感じていた。
高校では佐原と同じ「太陽女子学園」に進学し、服飾を専攻。才能が開花し学内のデザインコンテストでは金賞を獲得、3年生になり東京の専門学校への進学を決心する。残り少ない地元での高校生活が終わるまでに心残りだった恋心を伝えようと、川井を通じて将也と再会する。
硝子との三角関係に巻き込まれながらも将也へのアプローチを続けるうち、将也が外見からは想像できないほど精神的に深く傷つきトラウマを抱えていることに、登場人物中誰よりも早く気づいていく。以後は将也がそのトラウマを克服してかつての元気な姿を取り戻せるよう、将也に働きかけるようになっていくが、これは植野自身にとっても、将也いじめの傍観者だった過去を乗り越えるために必要なことだった。
見た目によらずデリケートなコミュニケーションは不器用で、小中学校の頃も将也への気持ちを伝えられず、高校で再会してからも将也を想っての数々の行動は失敗続きである。
「にゃんにゃん倶楽部」という猫カフェで店員としてアルバイトをしている。
作者曰く「彼女は、小学校時代も、高校生になった今でもそうですが、石田と西宮のふたりと同じ時や場所を共有していますが、彼らとは違う視点で石田と西宮の物語を捉えているキャラです。」とのこと。(*1)

*1 Cocohana 2014年4月号「まんが千夜一夜」第27回 大今良時先生 より


注:このエントリの本文に限り、非商用利用に限って著作権と著作隣接権を原則として主張しません。ただしコメントについてはその限りでありません。なお、著作権・著作隣接権を主張しないのはこの「注」が入っているエントリだけです。
 また、このエントリに対してコメントをいただいた場合、そのコメントの内容を本文に反映させることがありますが、反映された後の本文についての著作権・著作隣接権はブログ主に帰属のうえ、上記の扱いになることを予めご了承のうえ、コメントを書き込んでくださるようお願いします。

posted by sora at 08:36 | Comment(2) | TrackBack(0) | Wikiっぽいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
植野のウィキは難しいですよね。いや、内容が・・じゃなくて、好悪が割れるキャラですから、何を書いてもどこからかクレームがきそう・・ということで。

ところで、いつも思うのですが、西宮と植野のような茶髪のかわい子ちゃんと黒髪ロングの美女・・という組み合わせは少年マンガ、青年マンガの女性キャラの定番って気もしますね。

古くは30年前の「翔んだカップル」の山葉圭と杉村秋美、近頃物議を醸した「美味しんぼ」の栗田ゆう子と二木まり子、「けいおん」の平澤唯と秋山澪、「ハイスコアガール」の大野晶と日高小春・・と上げればキリがないような(笑)。

わりと王道なストーリーといい、女性キャラの造形
といい「聲の形」はいろいろな要素が詰め込まれては
いますが、基本的にはオーソドックスな少年、青年マンガだなって思います。
Posted by レッドバロン at 2014年06月09日 18:22
レッドバロンさん、

コメントありがとうございます。

私は植野には割と肯定的です。まあ、「まんがの登場人物として」というただし書きはつきますが…

最近、聲の形はよく、押見作品の「惡の華」と一緒に語られることがありますが、あれにも佐伯さんというキャラが出てきますね。
Posted by sora at 2014年06月09日 23:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]
※複数の名前の使い分け、なりすまし、名無し投稿等はご遠慮願います。

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]
※エントリの内容に沿ったご意見をお待ちしています。なお、批評の範疇を超えたキャラ叩き、断罪、作品叩き、中傷コメントなどは遠慮願います。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/398971960
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック