2014年06月08日

聲の形のWikiっぽいものを作る:登場人物編(3) 西宮結絃

次は結絃です。
ちなみに、今回の「Wikiっぽいもの」は、「完全に客観的でフラットな最大公約数的な解説をする」のが目的ではありません(そこが「っぽいもの」たる所以でもあります)。
それよりは若干踏み込んで、「明確に描かれていないことでも、多くの人が同意するであるような解釈や人物像はむしろ積極的に盛り込む」という内容を目指しています。


主要人物

西宮結絃(にしみや ゆづる)


西宮結絃

連載版で初めて登場したキャラクター。硝子の妹で、年齢は硝子の約3歳下、中学生であるが、不登校で学校には通っていない。
少年のような外見で自分のことを「オレ」と呼ぶため、将也、永束、植野、いずれも初めて会ったときには結絃のことを男性だと思い込み、硝子の妹だとは気づかなかった。
幼い頃から、姉のことを慕うがゆえに、その姉に偏見をぶつけたりいじめたりする周りの人間を憎んでいた。髪を短く切って男性のように振舞うようになったのも、姉を守るための「強さ」を子どもなりに表現したものでもあった。
将也については、硝子の補聴器を何度も壊され、筆談ノートを池に捨てられ、あげくに硝子がボロボロになるまで取っ組み合いのけんかをした相手として名前を知っており、よりによってその将也が硝子に会いに来て親密になろうとしてきたことに怒り、あらゆる手を使って妨害した。
だがその後、将也が邪心なく心から硝子のことを思い、また硝子もそんな将也に心を動かされて明るく積極的な性格に変わっていくのを目の当たりにし、一転して二人の関係を応援するようになる。
一方で、結絃自身も母親との関係が悪く、社会に対する疎外感もあって不登校で家出を繰り返すという問題を抱えている。
趣味は写真撮影で、いつも一眼レフカメラを首から下げているが、撮影するのはもっぱら動物の死骸ばかりである。
基本的に将也からの視点限定で描かれているこの作品のなかで、物語上、例外的に「視点」が与えられている特権的キャラクターでもある。将也視点からはうかがい知れない、西宮家のデリケートな物語や硝子の過去は、結絃視点によって描かれる。


注:このエントリの本文に限り、非商用利用に限って著作権と著作隣接権を原則として主張しません。ただしコメントについてはその限りでありません。なお、著作権・著作隣接権を主張しないのはこの「注」が入っているエントリだけです。
 また、このエントリに対してコメントをいただいた場合、そのコメントの内容を本文に反映させることがありますが、反映された後の本文についての著作権・著作隣接権はブログ主に帰属のうえ、上記の扱いになることを予めご了承のうえ、コメントを書き込んでくださるようお願いします。

posted by sora at 08:31| Comment(0) | TrackBack(0) | Wikiっぽいもの | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック