当ブログでは、いわゆる発売日前の「フライングのネタバレ」に関する話題は扱いません。フライングのネタバレとなるコメントはご遠慮ください。ご協力よろしくお願いします。(発売日後のネタバレはOKです。)

おすすめエントリ(最初はこちらからどうぞ)

2014年05月31日

硝子が将也を好きになった瞬間はいつ?(3)

さて、実は私が、「ういろうを渡したあとの最高の笑顔のシーン」が、硝子が将也にはっきりした好意を抱いた瞬間だ、と確信したのは、ネット各所で話題になっている、

「将也の画から汗マークをとるとイケメンになる」

というネタを、自分で試してみたときです。

ということで、硝子が「最高の笑顔」を返しているのは、将也が「またね」の手話をして、それに応えて「またね」をやっているときです。
そこで、その将也の「またね」を見てみましょう。(第2巻183ページ、第14話)



この画像から、汗マークを除去してみると…(すみません、加工画像を置くことをご容赦ください)

KOE_NO_KATACHI_02_183c.jpg


KOE_NO_KATACHI_02_183c.jpg


KOE_NO_KATACHI_02_183c.jpg

ええっと、誰ですかこのイケメンは(笑)

こんなイケメンが、こんなクールな微笑みとともに「手話で」、「またね」というメッセージを伝えてきたら、そりゃあ一瞬で恋に落ちてもまあおかしくないな。


(昨日のエントリの画像を再掲、第2巻184ページ、第14話です)

それくらいのイケメンっぷりです。
この「汗マーク」、おそらく実際にはこんなに汗はかいていなくて、なかなか積極的にオープンマインドになれない将也の精神状態を象徴的に示した表現だと思うので、実際には硝子には見えていないものだと思います。
ですから、硝子には、この「汗マークのないバージョンの将也」が見えていると考えるべきでしょう。

しかもこのとき、硝子は、将也が捜索騒動のとき以降結絃のことについてとても親身になってくれていることも知っています。(実際、家出をしていた結絃を行き倒れになる前に保護していたわけですから)

うーん、やっぱり「聲の形」は、実はイケメンの将也がもてまくるという話だったのかもしれません(笑)。

この話、あともう1〜2エントリ引っ張ります。
タグ:第14話
posted by sora at 07:50 | Comment(7) | TrackBack(0) | 第2巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この汗の描写は随所で各キャラクターの目線と読者のそれを分かつ効果をうまく発揮しているように思われますね。
第一巻でしばしば描かれる硝子の「愛想笑い」も、汗を隠して見てみた途端に、読者目線だからこそ読み取れるであろう困惑やためらいといったものよりも、むしろあからさまな嘲笑ととれるのではないかという表情として映ります。
また反対に、キャラクターと読者の目線が一致するまさに山場といえるような場面では、この汗が描かれなかったりします。
Posted by ジョー at 2014年05月31日 08:57
どうも将也の絵が安定していないような気が・・
えらいイケメンだったかと思うと、次の瞬間
ちんちくりんになってたり

まあ、各キャラから見た将也・・てことなら納得
いきますが
でも、あの植野から好かれてるんだから客観的には
間違いなく並み以上の容姿なんでしょうね
Posted by レッド・バロン at 2014年05月31日 19:49
ジョーさん、レッド・バロンさん、

コメントありがとうございます。

このまんが、ありとあらゆる場面でキャラが汗をかいていて、それだけみるとある意味ものすごく「汗臭いまんが」ともいえますね(笑)。
そして汗を隠してみると、その汗が非常に重要な意味あいをもって描かれていることがよく分かりますね。

将也の作画は安定してませんが、それをいうと硝子も佐原も植野もそうなので、私はこのまんがは「主要登場人物さえけっこう手抜き作画を当たり前に使うところを味わいとして読む」まんがだとも思っています。
作画の崩れ方がキャラごとに違うので、逆にこれは「省略パタンの造形」をキャラごとに設定しているのではないかとすら思ってしまいます。
Posted by sora at 2014年06月01日 15:37
こんにちは。ニヤニヤしながら一連のエントリーを読ませていただきました。

2巻14話、イケメン顔またねの後に、硝子は結弦の靴を返そうと靴下のまま石田を追いかけています。作中ではまだ描かれていないようですが、この後二人はどうなったのでしょうか?

結弦が硝子を呼んで石田だけが振り向いた最後のシーン、二人の距離がとても近いですね。3巻15話では硝子が石田の背中に顔から突っ込んでいますが、このシーンでも硝子はそのまま石田の胸に飛び込んでしまったのではないでしょうか?次の橋の上での石田のはにかみぶりを見ると、あのまま何事もなく別れたのではなく、思い返して恥ずかしくなるような何かがあったのではないかと思ってしまいます。もしそうなら、大方陥落していた硝子に強烈な駄目押しがあったことになりますね!

大今先生がそんな都合の良い展開にするかどうかは予断を許しませんが、このシーンでどんな会話を交わしたかなど、硝子視点の回想で明らかにされそうで、今から楽しみです。
Posted by alps at 2014年08月26日 03:31
alpsさん、

コメントありがとうございます。
徹底して封印されている「硝子視点」ですが、少なくとも最終話に訪れるであろうサブタイ「西宮硝子」では、硝子視点を解禁して、将也に対する思いをぞんぶんに描いてほしいなあ、と思います。

ただ、最近の映画再会の動きはちょっと不気味なんですよねえ。
別途エントリを書こうと思っていますが、もしかすると7巻の冒頭あたりで、「硝子が将也の目の前から一旦消える」という展開が来てしまうのではないか、と恐れていたりします。
Posted by sora at 2014年08月26日 21:36
初めまして。
この夏、子供と映画を観に行って。コミック 大人買いしました。

複雑なヨミが苦手なので、こちらのブログで攻略法の助けを借りながら、読み深めています。

確かに、硝子ちゃんが、いつ 元いじめっこを 好きになるのか。気になりました。

私も、この14話が穏やかな好意が見え隠れしていると思います。

そして、このブログで「石田視点から描かれている」と知って驚きました。
でも、それを踏まえると「またねの笑顔に きゅんきゅんしている石田君」の後に「月」が描かれています。
これって、逆に石田君も恋心が芽生えているのかなと思いました。


硝子ちゃんの告白では。
「うきぃ」と伝えて。
石田君は「月がキレイだね = I love you」て返事しているなぁって。

あの満月。
この14話の満月。
同じ意味なんじゃないかな、と思いました。
(*・∀・*)ノ
Posted by さよちん at 2016年11月19日 00:12
さよちんさん、

コメントありがとうございます。
また、ブログにお越しくださってありがとうございます。

「公式ファンブック」によると、硝子が将也に恋愛感情を抱いたのは必ずしもこのシーンというわけではない、というのが作者の認識みたいなんですが、それでも、読み解きとしては、このシーンに大きな感情の転換点があると感じずにはいられないところですね。

月については、映画の側からも考察されている方がいらっしゃいました。

http://htt123.blog.jp/archives/1061346130.html

原作でも映画でも、いくつかの場面で空に月が描かれていて、何らかの意味を持たせているのでは、と考えたくなるところです。(ご指摘のように、硝子の恋愛感情とのつながりがあるのではという可能性も確かにあると思います。)

ちなみに、原作では告白のときの月が満月でしたが、映画では三日月(より少し太ったくらいの月)でした。

Posted by sora at 2016年11月19日 17:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]
※複数の名前の使い分け、なりすまし、名無し投稿等はご遠慮願います。

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]
※エントリの内容に沿ったご意見をお待ちしています。なお、批評の範疇を超えたキャラ叩き、断罪、作品叩き、中傷コメントなどは遠慮願います。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/398329081
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック