2014年05月08日

第26話・植野のいう「似たもの同士」とは?

第4巻に収録予定の「遊園地編」は、植野が自らの過去の硝子いじめを正当化し、健常者の立場から硝子の側の「問題」を指摘するという衝撃的な場面があり、遊園地編が掲載された頃の聲の形の話題はほとんど植野が独占していた印象ですね。

そんななかで、硝子がらみ以外で植野が発した印象的なことばがありました。第26話・10ページの植野のこの一言です。


「あんたと私って似てるよね」

この第26話、サブタイトルも「似たもの同士」となっています。

さて、将也はこの場では植野のこの発言を否定しますが、心の奥ではその点について、植野と非常に近い認識を共有している点が随所に見られます。

その最たるものが、この発言の直前にある「こいつ!俺と同じことをしやがる!」ですね。(第26話・5ページ)

こいつ!俺と同じことをしやがる!
俺が 西宮に佐原や植野を会わせようとしていた時みたいに…

「聲の形」では、違う人が違う立場で似たようなことをする、といった「相似形」が物語の随所で効果的に使われているわけですが、植野もまさに、「将也と同じことを違う立場でやる(ところがその結果、違うことが起こる)」という役回りで登場していることが、よく読んでいくと分かります。

具体的にいうなら、

・将也は、失われた硝子の楽しかったはずの小学生時代を取り戻すために行動している。植野は、失われた将也の楽しかったはずの小学生時代を取り戻すために行動している。

・将也は、硝子に対してのかつての自身の行動を今になって本人に謝罪しにきて、「友達になろう」と言った。植野は、将也に対してのかつての自身の行動を今になって本人に謝罪しにきて、復縁を求めた。

・将也は、壊れてしまった硝子の小学生時代の友人関係を復活させようと、佐原と再会させた。植野は、壊れてしまった将也の小学生時代の友人関係を復活させようと、島田と再開させた。


こうやって書くと、実は「将也→硝子」で将也が考えていること・やろうとしていることと、「植野→将也」で植野が考えていること・やろうとしていることは、実はほとんどそっくりで、まさに「似た者同士」と呼んでも差し支えないような関係になっていることがわかります。

ところが、その働きかけの結果は、将也は成功を繰り返しているのに対して、植野は失敗を繰り返していて、ほとんど真逆と言ってもいいくらいです。

(さらに追加するなら、将也は小学生時代に硝子に対して「腹の底の気持ちを言え」と言ってケンカをし、植野は高校時代に硝子に対して「すぐ弁解して逃げる」と言ってビンタをしました。ここもある種の「対称形」になっています。)

どこで差がついたのか。慢心、環境の違い

まあ、真面目に考えると、将也は過去の過ちの原因を「自分自身」だと受け止め、購罪のためにこれらをやっているのに対して、植野は過去の問題の原因を自分ではなく「硝子」にあると考え、また自分自身の恋愛を成就させるために行動している、そういった違いが、行動の結果を大きく異なったものにしている、と言えるのかもしれません。
(まあ、硝子絶対主義者となっている将也を前に、悪いのは硝子だというポジションで攻めこんでいっている時点で、植野に勝算はほとんどないわけですが、そういった「空気を読まない」ところは、逆に植野のある種の純粋さを示しているとも言えるのかなと思います。)
タグ:第26話
posted by sora at 22:09| Comment(3) | TrackBack(0) | 第4巻 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
将也と並ぶ格闘能力を有する硝子を相手に戦いを挑んだ植野の勇気が光る回だと思います。
Posted by ジョー at 2014年05月09日 09:43
将也と植野、この2人に限っての対比で言えば
将也→硝子への贖罪
植野→将也への贖罪
となるわけですが、この2人の間に差はあるでしょうか?
植野の将也に対しての最大の反省点は保身に負け彼をほっといた事のはずで
それはもうすでに克服しています
それがこの回での「ほっとかんし」というセリフにあたるわけですが
つまり植野もまた過去の過ちの原因を「自分自身」だと受け止めていると思います

よく混合されるんですが、これは植野の硝子に対しての姿勢とは別問題なんですね
硝子に対しての場合、将也には反省点しかありません
一種の「好奇心」をもって硝子を虐めていたのですから
みずからの非を認めながらも、硝子側の問題点も指摘し「おあいこ」とした植野とは元々立場が違う
自分は硝子に対しての姿勢に関しては、植野にも一定の正当性はあると考えています

植野は将也ほどではないにせよ、いわゆる虐めっ子体質です
そして硝子にやったことに関して言えば佐原にした事とその動機も含めて大差ないものであり
その佐原と和解を果たしたという前例も見せています

よって自分はこのまま単純に
将也を「成功例」植野を「失敗例」
として描かれるようには思っていません
長文失礼しました
Posted by ウフコック at 2014年05月10日 01:40
ジョーさん、ウフコックさん、

コメントありがとうございます。

このまんがはビンタをはじめとする暴力描写が意外と多いですね。大今先生がアクション・バイオレンスの描写を得意としているからでしょうか。

また、植野の行動を「失敗」と呼んでいるのは、「その行動の目的を達成できているか」という観点からです。
植野の目的は将也と復縁して、あわよくば恋人関係になるということだと思われますから、それに関して言えば繰り返し硝子を仮想敵とおきながら将也の過去のトラウマに中途半端に切り込んでいくことで将也と親密な関係を取り戻そうとした植野のやりかたは、将也からの受け止められ方を見る限り、完全に「失敗」だと思っています。

もちろん、彼女の行動が彼女自身、もしくは将也をはじめとする周囲に何の影響も与えていないかといえばそんなことはなく、彼女の「直接の目的」以外のところではいろいろなポジティブな変化は現れているとは思います。
Posted by sora at 2014年05月10日 08:44
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/396572282
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック