当ブログでは、いわゆる発売日前の「フライングのネタバレ」に関する話題は扱いません。フライングのネタバレとなるコメントはご遠慮ください。ご協力よろしくお願いします。(発売日後のネタバレはOKです。)

おすすめエントリ(最初はこちらからどうぞ)

2014年04月27日

読みきりと連載の違い(その2)

さて、「聲の形」には3つのバージョンがあるということは以前エントリで書きましたが、そのなかでも特に関連性が高い(よく似ている)のが、「読みきり版」と「連載版」ですね。

読みきり版は、概ね連載版の第1話〜第6話までの内容を含んでいます。
当然、ボリューム的には連載版のほうがはるかに大きいため、基本的には読みきり版で描かれている内容は連載版でも描かれています。

その例外が、以前のエントリでもご紹介したとおり「連載版では硝子の内面描写がカットされている」ということでしたが、実際にはそれ以外にも「変更された部分」がいろいろあります。

1.喜多先生が少し有能に描かれている。
 連載版では、「障害はかわいそうだからみんなで支えなきゃいけない」的なステロタイプの弱者論以上のことを考えておらず、そういう場に生まれる摩擦をどう解消するかといったことにはまったく行動できない、ぶっちゃけ「無能」な先生として、わりと単純で分かりやすく描かれている「きこえの教室」の喜多先生ですが、読みきり版ではもう少し「らしい」行動をとっています。



 読みきり版14ページ。合唱コンクールから硝子を外そうとする担任の竹内に対し、「決めるのは私たちじゃなくて本人」と強く返しています。そして、硝子がうたうときに別の生徒に「音程調整」をさせる、といった工夫もさせるなど、それなりに「本人目線で」奮闘しています。(それでもうまくいかなかった、という物語として描かれているわけですね。)
 これに対して、連載版では「オンチなのは障害だから仕方がない(だから受け入れろ)」といった、クラスに反発を招きそうな発言をする先生に描きかえられていますね。

2.佐原がいない。
 これは1.とも関係しますが、喜多先生による「手話を覚えましょう」エピソードは、読みきり版にはありません。
 このエピソードは、喜多先生の無能ぶりを強調する目的と、あとで登場させるために佐原というキャラを出す目的、そして将也が手話に興味をもつきっかけを設定するという目的で連載版で新登場したのだとわかります。

3.竹内先生が性格づけされてない。
 これも1.とも関係してますが、連載版では微妙に自意識が強く、将也への説教に「自己責任」とか「俺に恥をかかせるな」といった、妙に「大人の論理」をふりかざすキャラとして設定されている担任の竹内先生が、読みきり版では比較的平凡な「事なかれ主義の無責任な先生」として描かれています。

4.植野が単なるクラスメート。
 連載版では、硝子と並ぶ屈指の人気をもち、将也をめぐって硝子と三角関係を構成する超重要キャラクターとされている植野ですが、読みきり版では単なるクラスメートのOne of themです。
 読みきり版では、将也転落後のいじめ描写で植野はほとんど登場しませんが、その数少ない出番のなかでは「普通にいじめる側」になっています。

5.すべて将也視点で描かれている。
 これは以前のエントリで書いたとおりですが、これによって変更されている面白いシーンを1つ。
 高校生になっての将也と硝子の再会シーン。「友だちに…なれるか?」というあの名場面で、連載版では「将也視点」なのでこうですが…(第2巻21ページ、第6話)



読みきり版では「第三者視点」なのでこうなってます。(読みきり版60ページ)



連載版では見えなくなっている、このシーンでの硝子の口元の表情が見えてお得な感じですね。(笑)
posted by sora at 09:42 | Comment(8) | TrackBack(0) | 読み切り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この漫画について検索していたら、かなり下のほうにこのブログがあり、ヒットし、辿り着きました。へえ、こんなブログがあったのですね。気付きませんでした。

これ私が書いたの?というほど自分とセンスが似通っています。というより、誰でも思いつくことが同じようになる、漫画なのでしょうか

植野についてですが、リメイク版が載ったときから、石田のことが好きだという意見がかなり出てました(私もそう思ってました)。明らかにヒロインの次に美少女に描かれてるし、バロットそっくりだったから。

作者がリメイク版を描く以前から植野を植野直花というフルネームまでつけて再登場させるネームを描いていて、「やっぱり」って感じでしたね


オリジナル版当時のネット評価は殆ど覚えてません。マガジンはまだ保存してますが、そこまで評判にはなってませんでした

当時「西宮硝子」で検索したら、この漫画のレビューなど殆ど出ず、西宮硝子(ニシミヤガラス)という地方の中小企業が出るばかりでした

それがこんなに売れるとは。やはりリメイク版の威力がでかいようですね
Posted by ミスターパーフェクト at 2014年06月24日 22:51
ミスターパーフェクトさん、

コメントありがとうございます。

このブログは、連載版の「聲の形」に非常に多くの伏線やコネタが含まれているのを楽しく読んでいて、これだけたくさんネタがあるならブログになりそうだ、と思って始めたものです。
(意外とそういう感じでこの作品を扱っているブログ等がなかったので)

植野については、リメイク読みきりではあえてキャラクター性を抑えて描写したんじゃないかな、と思います(読みきりでは植野の掘り下げはまったくできないので、モブキャラとして扱っておくしかないため)。
でも、Cocohanaのインタビューなどを見ると、確かに植野は硝子・将也の次くらいに思いついた準主役キャラのようですので、「裏設定」としては読みきりの時点から将也の事が好きということだったんだろうと思います。(リメイク読みきりは連載を想定して描かれたものだったわけですし)

私はリメイク版でこの作品を知ったクチですが、当時の反響はすごかったですよ。私もネットでの前評判を見て、興味を持って読み始めました。
Posted by sora at 2014年06月24日 23:46
私は逆に、植野はあの短い読みきりでキャラが非常に立ってて驚きましたね。石田に片思いしてて、横から硝子に入ってこられて、尚更機嫌を悪くしたんだなーと思ってましたが、これもビンゴでした。連載版ではその部分がかなり強調されてますね(席順のシーンなども顕著)


オリジナル版とはマガスペ版のことなんですが、当時はまだ反響がほぼなかった気がします。やはり部数の多い週マガのリメイク版からでしたね。

公証では、リメイク版の載ったマガジンは6万部増だったそうですよ。(マガスペ版は特に部数増の話はありませんでした)
Posted by ミスターパーフェクト at 2014年06月25日 09:07
ミスターパーフェクトさん、

コメントありがとうございます。

私も、その6万部増に貢献した一人です(笑)。

私は、植野は読みきりまではモブキャラだと今でも思っているんですけどね…。連載のボツネームでもまだ将也への特別な思いは描かれてなかったように記憶しています。
Posted by sora at 2014年06月25日 22:32
そのボツネームこそ、石田への片思いの象徴じゃないですかね。
あの頃から、童貞?と石田の貞操を確認するのを怠ってないわけなので。

そして、決定的にこいつはヒロイン予備軍だな、と
いわれてたのは、やはりあの容姿なんですよ。
だってバロットそっくり。これで何もないわけがない、とw

オリジナル植野は酷いものですよ。しかも当時、まだマルドクは連載前でした。よって、植野がヒロイン予備軍とか、主人公に片思いしているという設定を誰も予想しなかったんだと思いますw

私もあのときばかりは全くそうは思いませんでしたw
Posted by ミスターパーフェクト at 2014年06月25日 22:46
ミスターパーフェクトさん、

没ネーム、みつけてきました。

https://twitter.com/betsumaga/status/253486508252753921

これは、読みきり版の没ネームらしく。
もともとは「読みきり」じゃなくて短期連載の予定だったとインタビューか何かで言っていたように記憶しています。
Posted by sora at 2014年06月25日 23:21
直花は連載以前のプロトタイプ版から、
石田のことが好きだという設定があったんでしょうね。
これが描かれたのはリメイク版より前のはずだし。


この漫画って重要なキャラ以外は下の名前が出ない(後付される?)んですよね。最初からいる川井でさえ、いまだに本編ではみきという名前が出てない・・・
でも植野は最初から直花・・・いかにも何かありそう。

硝子の恋のライバル兼梃入れ役として、最初から設定されてたみたいですね・・・
Posted by ミスターパーフェクト at 2014年06月26日 08:38
ミスターパーフェクトさん、

コメントありがとうございます。

そうですね。
Cocohanaのインタビューでも、植野は将也・硝子の次に思いついたキャラだと言っていましたから、重要であることは間違いないと思います。
Posted by sora at 2014年06月26日 21:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]
※複数の名前の使い分け、なりすまし、名無し投稿等はご遠慮願います。

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]
※エントリの内容に沿ったご意見をお待ちしています。なお、批評の範疇を超えたキャラ叩き、断罪、作品叩き、中傷コメントなどは遠慮願います。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/395661036
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック