当ブログでは、いわゆる発売日前の「フライングのネタバレ」に関する話題は扱いません。フライングのネタバレとなるコメントはご遠慮ください。ご協力よろしくお願いします。(発売日後のネタバレはOKです。)

おすすめエントリ(最初はこちらからどうぞ)

2014年04月08日

硝子はどうやって将也のメアドを知った?

第3巻、第15話の冒頭で、将也はスマホを手に入れ、その日に向かったいつもの橋で、硝子のメアドをゲットしようとします。

ところが話題をふられた硝子は将也のメアドを聞こうとはせず、佐原のメアドを聞きます。



結局、将也は硝子とメアドの交換はできなかったわけですが、それなのになぜか、その後硝子と電車に乗って佐原を探しに行くときに、硝子から将也にメールが届くのです。



いったい硝子は、どうやって将也のメアドを手に入れたのでしょうか。

これは、ルートとしては恐らく1つしかありません。
第15話の冒頭で、永束が既に結絃とメアドを交換しているという事実が示されます。



そして、その後の橋のシーンで佐原のメアドを聞かれたとき、実は橋の下には結絃がいて、会話を(手話を)盗み聞き?盗み見?しています。(手話だから離れていても分かると思われます)
あのやりとりを見れば、普通に、「将也が硝子とメアドを交換したがっている」ということは分かるでしょう。

だから、将也のメアドは、将也から永束へ、永束から結絃へ、そして結絃から硝子に渡ったのだと考えられます。

そして、そう考えると実はもっと素直なストーリーが思い当たって、将也が硝子にメアド交換を持ちかけたときは、既に硝子は将也のメアドを入手していた、という可能性です。
そうであれば、将也から遠まわしに「メアドを知りたい人はいるか?」と聞かれたとき、質問を額面どおりに受け取って「(将也のは既に知ってるから)佐原さん」とナチュラルに答えてしまった(そして将也はがっかり)、という流れが考えられるわけですね。

そして、硝子のメアドにも伏線がひかれているのですが、それはまた次のエントリで。
タグ:第15話
posted by sora at 23:49 | Comment(3) | TrackBack(0) | 第3巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
漫画を読み返していて気になったのですが、2巻の硝子捜索の時に結絃は携帯を持っていないとい言ってます
しかしこのあとすぐに永束とメアド交換し、うきぃ事件の時はGPSらしきもので硝子を探し、観覧車のあとにはiPadらしきものまで取り出してますね
作者のミスなのか、結絃の嘘なのか(この切羽詰まった状況で嘘をつくか?)

この話題ってブログで触れられてましたっけ?
もし被ってたらすみません
Posted by 玉川 at 2014年07月13日 02:12
玉川さん、

結絃は、第2巻173ページでスマホを出して「硝子がくれた」と言っています。
その前の家出騒動でこりて、スマホを契約したということだと思います。

iPadのほうは描写がありませんが、硝子が聴覚障害だということを考えると、家にタブレットがあるのはとても便利です。
ですので、「家族用」ということでタブレットを持っていると考えるのがいいのかなと思います。
Posted by sora at 2014年07月13日 08:08
あ、ほんとだ
すみません。まだ愛が足りませんでしたね
Posted by 玉川 at 2014年07月13日 13:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]
※複数の名前の使い分け、なりすまし、名無し投稿等はご遠慮願います。

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]
※エントリの内容に沿ったご意見をお待ちしています。なお、批評の範疇を超えたキャラ叩き、断罪、作品叩き、中傷コメントなどは遠慮願います。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/394160894
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック