当ブログでは、いわゆる発売日前の「フライングのネタバレ」に関する話題は扱いません。フライングのネタバレとなるコメントはご遠慮ください。ご協力よろしくお願いします。(発売日後のネタバレはOKです。)

おすすめエントリ(最初はこちらからどうぞ)

2014年04月05日

石田母・ピアスの謎

これはいろんなところで話題になっているのですが、意外と分かりにくい謎です。

将也が学級裁判で吊るし上げられて、補聴器を壊した「犯人」になった後、将也の母親は硝子の母親に会って補聴器の代金を弁償します。

その場に将也はいなかったわけですが、弁償と話し合いが終わって将也のもとに戻ってくる母親に、ある異変が見られます。



母親の右耳、先ほどまであったはずのピアスがなくなっていて、耳にキズがあって血がこびりついているように見えます。
どうやらピアスが引きちぎられてなくなっているらしいのです。

なぜこんなことになっているのか、考えられる可能性はいくつかありますが、どれが正解なのかはなかなか分かりにくいです。

1. 石田母が自ら(息子がやったことへのけじめとして)ピアスを引きちぎった。
2. 西宮母が(娘へのいじめの復讐として)ピアスを引きちぎった。

ただ、当ブログでは、1.の可能性が高いと思っています。
西宮母が将也に会ったとき、「下品な顔 親子そっくりね」と言い放ちます。
将也だけでなく、石田母についても「下品だ」と言っているわけですが、もし石田母が、相手の言い分を全部聞いて、単に平謝りに謝っただけだとしたら、「下品」という印象になるだろうか?という疑問があるのです。

ただ、もし石田母が自らピアスを引きちぎって、それをある種の「誠意」として西宮母に見せたとしたら、「下品な反省の表現だ」と思う可能性はあると思うんですよね。
また、仮に西宮母にピアスを引きちぎられて血まみれになったとしたら、さすがに石田母も将也の元に戻ってきたときにもう少し違ったリアクションをしていたんじゃないかとも思うわけですね。(逆に自分でやったのなら、あの落ち着きぶりはおかしくありません。)

というわけで、当ブログでは1.の説をとりたいと思います。
いずれにしても、将也が硝子の補聴器を奪おうとして耳たぶを引きちぎってしまった(第1巻106〜107ページ)ことに対応する「罰」であることは恐らく間違いないだろうと思います。
タグ:第03話
posted by sora at 17:16 | Comment(3) | TrackBack(0) | 第1巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この伏線については、長いこと触れられないままになっていましたが、第43話『度胸試し』で将也が転落寸前に硝子の右耳の傷跡に気づき、「ごめん、ごめんな西宮、今さら遅いけど」と悔いたことで、この伏線についても回収されるフラグが立ったかなと思っています。
もし、回収されるとすれば、負傷した将也とその家族に対し、硝子とその家族がどのように接するか、その過程において回収されるでしょうが、両家の関係が泥沼状態にならないようにと祈るばかりです。
Posted by ぽてと at 2014年07月02日 22:15
ぽてとさん、

コメントありがとうございます。

とうとう、硝子の耳の傷の伏線は回収されましたね。
この流れで、自分の母親の耳にも同じような傷があることに、将也は気づくのでしょうか。(あるいは別の形でこの伏線が使われるのでしょうか。)

ここで泥沼、というのは私はあまりないような気がします。
石田ー西宮ラインについては、もはやそんな単純な感情を相手にぶつけられるほど分かりやすい関係は、どこにもないような気がしています。
Posted by sora at 2014年07月02日 22:29
今日公開の映画での描写的に、やはり西宮母に引きちぎられた様子ですね
普通に考えて、自分から引きちぎるくらいならピアスなんてつけていかないでしょうし
石田母の性格的にも自ら自分の息子に負い目を感じさせるようなことはしないでしょうし、西宮母なら怒って引きちぎるくらいしてもおかしくないです
Posted by あ at 2016年09月17日 23:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]
※複数の名前の使い分け、なりすまし、名無し投稿等はご遠慮願います。

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]
※エントリの内容に沿ったご意見をお待ちしています。なお、批評の範疇を超えたキャラ叩き、断罪、作品叩き、中傷コメントなどは遠慮願います。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/393852483
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック