2015年01月12日

西宮母が選択したインクルージョン教育について (2) 4つの選択肢

「聲の形」で、硝子は普通校の普通級への通学を選択しています。
これには、西宮母の強い意向(ただし、新人賞を受賞したオリジナル版では硝子本人の意向も強い)が働いており、進路指導にあたった周囲の関係者の判断とはずれていたようです。

障害のある生徒の学習の場としては、大きく4つの選択肢があります。

1)特別支援学校。
2)特別支援学級。
3)通級指導教室。
4)完全普通級。


特別支援「学級」というのは支援が必要な生徒のための特別なクラスが普通校に併設されているもので、特別支援「学校」というのは、支援が必要な生徒のための特別な学校をさします。聴覚障害のための特別支援学校は、「聾学校」とも呼ばれます(というか、こちらのほうが歴史の長い呼び名です)。
通級指導教室というのは、普段は普通級にいる生徒が、一部の時間(週数時間程度)だけ支援のある指導を受ける学級です。

聲の形の硝子の場合、恐らく4→3→1というルートを小学校の間に移行していることがわかります。

将也のいた水門小学校での硝子への支援体制は、4)ではなく3)です。「きこえの教室」というのが通級指導教室にあたると思われます。


読みきり版、12ページ。

この3)の体制について、西宮母は1巻番外編で「理解のある学校」と期待をしていますから、それまでに通っていた学校(第2小など)は、4)だったと思われます。


第1巻62ページ、番外編。

そして、水門小からの転校先は、竹内が35話で「そーいう学校への転入」と言っていますし、オリジナル版ではもっとはっきり書いてありますから、1)の聾学校ということになります。


第5巻51ページ、第35話。

硝子は、自らの障害に甘えるといった態度はいっさいなく、クラスに適応しようと(子どもなりに)最大限の努力をしていたことは明確です。
それでも、結局はうまくいかなかったわけですから、竹内・喜多という2人の担当教師の指導や監督がひどかったということはありますが、巨視的に見れば、硝子は最初から1)を選択するのが(少なくとも「聲の形」ワールドにおける特別支援教育体制のなかでは)望ましかったのではないか、ということは言わざるをえないと思います。
西宮母は硝子に無理をかけすぎたと思いますし、その点では、竹内の転入指導は「政治的には」適切な部分があったとも言えるでしょう。

ただ、この問題は、現状がそうだから、結果がそうだからそれが「正しい」ということにはならない、難しい問題です。
そもそも、硝子が水門小を離れざるを得なくなった大きな原因は、いじめによる孤立や、支援体制の不備によって一部学習についていけなくなったりしたことだったと思います。これらは、もう少し硝子をとりまく環境がマシなものであったら、十分乗り越えていけたレベルのものだったとも思います。
フィクションの世界にさらにたらればを重ねるのはやや空しい行為のように思いますが、水門小が本当の意味で、あと少し「理解のある」学校であったなら、硝子はうまくやっていけたのではないかと思います。
(ただ、「物語としては」、そうやって無理をして一時期であっても普通校にこだわったからこそ、硝子や西宮家は将也と出会うことができて人生が変わっていくわけで、何事も「禍福は糾える縄の如し」ではあるとは思いますが…)
posted by sora at 10:16| Comment(6) | TrackBack(0) | その他・一般 | 更新情報をチェックする