2015年01月04日

単行本でも直らなかった、第41話の描画ミス

コネタを1つあげておきたいと思います。

第41話の冒頭で、橋崩壊事件後、毎日かかってくる植野からの電話を将也が放置していることを、石田母が気づいて何とかしろと咎めるシーンがありますが、


第5巻160ページ、第41話。

このシーン、よくよく見ると…

石田母の右手の指のつき方が「左手」のそれになってしまっています。

エプロンの腰紐を締めようとしている手(右手)は、この角度から見るなら本来なら指が左右逆でないとおかしいところです。
この部分は、単行本では直るかと思っていましたが、結局直らずにそのままでした。
こういうのは、大今先生にしては珍しいのではと思います。
posted by sora at 08:18| Comment(3) | TrackBack(0) | 第5巻 | 更新情報をチェックする