2014年12月29日

硝子メールの矛盾とういろうの謎

※このエントリは、単行本第4巻発売当時に書いたものです。そのため、その後の連載の内容と齟齬があったり考察に変化がある場合があることをご了承ください。

第3巻で将也と硝子が二人で佐原を探しにいくとき(実質初デート?)、硝子は将也にメールを送ります。


第3巻21ページ、第15話。

実は今日、妹からもっと嬉しいことを聞きました。
妹が家出した時に助けてもらったこと
妹と一緒に私を探してくれたこと


このメールについて、最初に読んだときはちょっと違和感を感じていました。

というのも、このメールからは、この日(カレンダーによると5月12日)に初めて、硝子捜索の日のこと(5月3日未明)を知った、と読み取れます。
ところが、それより前、結絃と永束・将也の先頭騒動があった日(5月5日)に、硝子は結絃が借りた服を将也に返し、その場で結絃が迷惑をかけたことを謝っているのです。


第2巻183ページ、第14話。

これは矛盾しているように見えます。
いったい、どういうことなのでしょうか。

最近、その謎を解くヒントが、この5日に硝子が返そうとした服と一緒に入っていた「ういろう」にあることに気がつきました。

このときの硝子の表情を見ると、ばつが悪いような恥ずかしそうな顔をしています。
どうも、ういろうが出てきたのが予想外で、それが恥ずかしかったようにしか見えません。
つまり、硝子は服と一緒にういろうが入っていることは知らなかったと考えられます。
ういろうというと、確かに名古屋から岐阜あたりの名物のお菓子ですが、まあ地元の若い人はあまり食べないんじゃないでしょうか。
そういうお菓子をチョイスした人物というと…西宮祖母(いと)が思い当たります

ですので恐らく、将也から結絃が借りた服は祖母が洗濯して紙袋に入れ、ついでにお礼としてういろうを入れたものを、結絃を通じて将也に返すよう硝子に託されたということなのではないでしょうか。
そして硝子がGPS携帯で結絃の居場所を探しながら歩いていたら、将也にも出くわした、それであの場面になった、と考えると辻褄があいます。

硝子は、紙袋に入っているのが結絃が将也から借りた服で、結絃が家出をしたときに将也から服を借りるような迷惑をかけた、くらいまでは漠然と聞かされていたものの、詳細は知らなかったのだと思います。

そして、より詳しい話を聞いたのが、将也と一緒に佐原を探しにいった12日だった、ということなのでしょう。
そう考えれば、説明がつきますね。
タグ:第15話 第14話
posted by sora at 07:15| Comment(7) | TrackBack(0) | 第3巻 | 更新情報をチェックする