当ブログでは、いわゆる発売日前の「フライングのネタバレ」に関する話題は扱いません。フライングのネタバレとなるコメントはご遠慮ください。ご協力よろしくお願いします。(発売日後のネタバレはOKです。)

おすすめエントリ(最初はこちらからどうぞ)

2014年12月22日

別ブログで、第7巻のブックレビューを書きました。

自閉症の療育をテーマとして扱っている、私のもう1つのブログのほうで「聲の形」の第7巻のブックレビューを書きました。

こちらにも転載しておこうと思います。

聲の形 第7巻(完)(まんがレビュー)

これまでずっと追いかけてきて、専門のブログまで立ち上げて応援してきた「聲の形」ですが、ついに単行本も最終巻の7巻が発売され、名実ともに完結しました。


聲の形 第7巻(完)
大今良時
講談社コミックス

時を同じくして、「このマンガがすごい!2015」でみごと1位(オトコ編)を獲得し、またアニメ化も決定するなど、最後まで高い人気を維持したまま、作者の意図通り、引き伸ばしなしで完結したことは、この作品にとって本当に幸運だったと思います。


このマンガがすごい! 2015
『このマンガがすごい!』編集部 編
宝島社

さて、そんなわけで完結巻となる第7巻ですが、この巻が扱っているテーマはなんだろう?と考えてみて、「大人になること」なのかな、という答えに行き当たりました。

以下、ネタバレになりますので注意。

この「大人になること」というのは、もちろんラストシーンが成人式で、実際の年齢として20歳になる、ということもあるのですが、もちろんそれだけを指しているのではありません。

大人になることというのは、子どもである間だけ持っていられる、いろいろなものを「捨てる」「失う」ことでもある、ということを示す描写が、第7巻にはあふれています。

将也が第7巻で、大人になっていく過程として最初に「捨てる」のは、他人とのコミュニケーションに対する「万能感」です。

橋の上で硝子との「奇跡の再会」を果たした将也は、「話してくれることが全部だなんてありえないのに それがその人の全てなんだって思い込んで(中略)わからないことを自分で都合よく解釈してさ…それが俺だ」と語り、コミュニケーションを通じた他人との相互理解の限界を悟ります。


聲の形 第7巻より。

これは、あとの第61話で、仲がよかったころの島田や広瀬について「あいつらのこと なんでも知ってる気になっててさ」と語っていることからも分かるとおり、他人の考えていること、感じていることを自分はなんでも分かる、というナイーブな対人万能感の否定にほかなりません。

その上で、「他人の理解には限界があるけれども、ちゃんと相手に興味を持って、話を聞いて、少しでも理解を深めていきたい」という思いをはっきりと表明するわけです。

このようなコミュニケーションと対人理解についての認識の修正は、「橋の上の奇跡」で硝子に伝えたあと、文化祭では映画メンバーに伝え、第61話の前半では島田・広瀬への認識の変化についても(植野に対して)語りましたが、もう1つはっきりした「事件」として描かれたのが、第58話の映画選考会での島田との対話でした。
納得のいかない批判をくだした評論家に対して認識を改めるよう掛けあおうとした将也に対し「相変わらずダセーな」と一蹴し、そんな行動は無意味だと言い切った島田。
他人の「理解」には限界があると悟っている島田に対して、将也はまだまだ他人の「理解」を操作できるという万能感を残していることが描かれたシーンでしたが、映画メンバーがみな島田の意見を受け入れるのを見て、将也は感情的にならずに上げた拳を下ろすことができました。
これは、「将也が間違っていて島田が正しい」ということではなく、映画メンバー全員が大人になりつつあって、現実をふまえた妥協を選択するようになりつつある、という、ある意味見も蓋もない現実を示している(そして将也もその事実を受け入れた)ということなのです。

第7巻で描かれている「大人になること」というのは、こんな風に、子どもの頃は誰もがもっている無邪気な万能感、有力感を否定し、「限界」を認識し、場合によっては妥協もしたうえで最善の結果を得ようとすること、そこに足りないものがあれば努力すること、そういうものです。

次に否定されたのは、将也のいわゆる「保護者ヅラ」です
自分は誰かを守っていて、守られている相手は自分の庇護なしには安心して生きていけないんだ、といった「思い上がり」のことですね。

第59話で硝子から高校卒業後の上京の意思を告げられた将也は、激しく取り乱します。


聲の形 第7巻より。

自分の目が届かない、見知らぬ土地に出ていこうとすることに対して、硝子の障害や妹の心境まで引き合いに出して否定しようとする将也に、硝子も感情的に反発する結果になりました。
考えてみると、将也は第2巻で結絃に「体があるうちは西宮のために消耗したいと思ってる!命を!」と語り、また花火大会で硝子と別れたときも「何があっても西宮を守る それだけのために生きられる」という自分の信念を確認しています。

実際に将也は、マンションで硝子の飛び降りを防ぎ、この誓いを有言実行したわけですが、それは一方で、ようやく自分を肯定できるようになり自らの意思で新しい挑戦をしようとした硝子を「縛ろうとする」動きにもつながってしまったわけです。

自分が守り、これからもずっと守っていこうとしていた相手は、思ったよりも先に進んでいて、自分の「庇護の手」を離れたところでさらに羽ばたこうとしている。
将也は、そのことを受け入れなければならなくなったわけです。これは「親の子離れ」ともちょっと似ていますね。
聴覚障害という「弱者性」をかかえた硝子に対する、健常者としても将也の接しかたとして、ここに1つ、弱者に対する強者の傲慢さの自覚と克服、という課題が設定されていることを見逃してはならないでしょう。

「弱者」への傲慢さの克服、ということでいえば、実は硝子の上京だけでなく、第60話では「母親からの自立」という課題も提示されています。
将也は、女性である(ここに「弱者性」が設定されています)母親がひとりで理髪店を切り盛りしていることを心配し、ずっと自分なりに見守り、これからも見守っていくつもりだったにもかかわらず、当の母親からは「そんなに気になるなら一緒に上京すれば?」と言われ、ある意味はしごを外されてしまいます。

先にも触れたように、人間不信を極めたあとの将也は、「誰かを守る」ということに最後の対人アイデンティティの砦を作って、実は「自分を」守っていたところがあったと思いますが、第7巻ではやはり、そこからも「卒業」することが課題になっていきました

そして、将也のもう1つの「大人になるための課題」は、進路の選択でした。
進路を決めるということは、さまざまな将来の可能性のなかから1つを選ぶということであり、それは大げさにいうなら、幼いころの「無限の可能性」を、成長するにしたがってどんどん狭めていって、ついに「たった1つの現実」に置き換える行為であると言えます。
将也は、硝子とともに上京することも、大学に進学してしばらく「人生の決定」を猶予することも選ばず、地元に残ったまま理容師になるための専門学校に進学し、実家の理髪店を継ぐ道を選びました。


聲の形 第7巻より。

こんな風に、第7巻では、将也に対して「大人になるための課題」が次々に提示され、将也は苦しみながらもそれらをクリアして「大人への階段」を着実に上っていきます。
将也以外についてはそれほど明確には描かれていませんが、硝子、植野らをはじめとする他の登場人物についてもそれは同じことです。

そしてラストシーン、「子どもとして犯した罪を償い、インガオーホーを克服すること」、「大人になるために手放さなければならないものを未練なく手放すこと」を達成し、ついに「大人になる」ための資格を得た将也と硝子は、お互いに手に手をとり、同窓会会場への扉を開きます。


聲の形 第7巻より。

そのとき将也は、扉の先に「可能性」があることを確信しています
子どもから大人になるときに、子どものころにもっていた「無限の可能性」や「万能感」は捨て去らなければなりませんが、そのうえで、大人になった私たちは、新たな可能性を努力によって生み出して、それを現実化していくことができるのです。
将也にとって、その「新たな可能性」のなかに、「硝子とともに生き、お互いに『生きるのを手伝いあっていく』」というビジョンも、当然に含まれているでしょう。

子どもから大人になる、ということは、そういうことなのではないでしょうか。

この最終話の舞台が「成人」式であることをふまえれば、第7巻を「大人になること」というテーマで読み解いたとき、ふたりで同窓会の扉を開くラストシーンが極めて象徴的であり、「この終わりかたしかありえない」というエンディングになっていることに改めて気づきます。
この作品が、作者の構想通り、1話たりとも引き伸ばされることなく完結したことは、本当に幸いなことだったと思わずにはいられません。

さて、最後に、「障害者を扱ったまんが」としての本作品全体について、簡単に感想を書いておきたいと思います。
この作品の読み切り版(ならびに新人賞を受賞したオリジナル版)では、障害者へのいじめがメインテーマとなっていましたが、連載ではそれを越え、ディスコミュニケーション、贖罪、大人になること、そういった幅広いテーマが扱われる作品となりました
それによって、硝子が障害者であることの必然性が弱まったという意見もあるようですが、私はそうは思いません。
「ディスコミュニケーション」という本作品の中核テーマを象徴するものが、硝子の聴覚障害であることは論を待ちませんし、物語中盤では硝子が障害当事者ゆえに抱えていた成長課題(障害の受容)とその達成についてもしっかりと描かれています。
むしろ、硝子の障害をことさらに持ち出さずにドラマが展開されたことで、ステロタイプな「可哀想な障害者」のようなものが描かれる陳腐な作品とは完全に一線を隠した「障害をとりあつかった漫画作品」になったのではないかと思います。

冒頭でもふれましたが、この「聲の形」は、「このマンガがすごい!2015」でグランプリを獲得したことでも示されたとおり、7巻という比較的短い長さの中に、濃密な物語がぎっしりと詰まった傑作マンガとなりました。
また、最初読んだだけではわからず、後の展開で「解明」される謎や伏線も大量に埋め込まれていて、繰り返し読んでもそのたびに新しい発見のある、再読性の高い作品でもあると思います。
全7巻と、「大人買い」しても比較的リーズナブルに揃えられますし、まだ未読の方はこの機会にぜひ読んでみてはいかがでしょうか。

なお、「とりあえず途中まで買って試してみようか」という方も、最低第3巻まではまとめて買うことをおすすめします
また、第1巻はほぼ丸ごといじめばかりで辛いシーンが続きますが、第2巻から物語が展開し始めますので、第1巻を読んで、苦しいな、と感じた方は、第1巻はナナメ読みをして第2巻にさっさと進むのもいいと思います。実は、第1巻には流し読みして後から戻ってきても、第2巻以降を軽く読むのにそれほど問題はありません。


聲の形 第1巻・第2巻・第3巻・第4巻・第5巻・第6巻
大今良時
講談社コミックス
posted by sora at 07:33 | Comment(3) | TrackBack(0) | 第7巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第49話、硝子が真柴に伝えた「こえ」とは?

※このエントリは、第49話連載時に書いたものです。そのため、その後の連載の内容と齟齬があったり考察に変化がある場合があることをご了承ください。

今回、第49話の巻末あおりは、「硝子のWこえWに、この男も応えた!」でした。


第49話、18ページ。

「この男」というのが竹内、ということはないでしょうから(まあ、応えてはいますが…笑)、ここで「応えた」と言っているのは真柴のことでしょう

真柴も、硝子の映画再開の提案に賛同しましたから、WこえWに応えた、というのはその通りだと思います。

でも、そもそもですが、なぜ真柴は、硝子のWこえWに応えたのでしょうか?
言い換えると、第49話で、硝子と真柴との間には、どんなコミュニケーションが成立したのでしょうか?

こんな問いを立てるのには理由があります。

これまでの各自視点回を振り返ったとき、永束は筆談ノートを駆使することで、佐原は手話を駆使することで、硝子との深いコミュニケーションを成立させることに成功しました。
一方、川井は筆談ノートを叩き落として勝手に「川井劇場」を展開してしまったために、硝子の「こえ」が伝わることはありませんでした。

そして、真柴のケースを振り返ってみると、今回、硝子との直接のコミュニケーションは成立していません。第48話での態度を見た限りでは、特に硝子と会話するつもりもなさそうでしたから、そのままの流れでは、川井と同じように、硝子の「こえが届かない側」の人間になってしまうところだったと思います。

その流れを変えたのは、偶然拾った筆談ノートです。


第6巻113ページ、第49話。

そこには、永束と語り合ったときの、硝子の生々しい「こえ」が記されていました。
硝子が死を選んだ理由も、いまやろうとしていることも、映画を再開しようとしている理由も、そこにははっきりと書き込まれていたわけです。永束の質問も一緒に残っているはずなので、硝子の考えは完璧に近い形で伝わったはずです。

これは、真柴が直接硝子と話したとしてもおそらく得られないくらい、深く詳しい硝子の「こえ」だったと思います。

つまり、

・佐原が手話を通じて、
・永束が筆談ノートを通じて、


硝子の「こえ」を聞いたのと同様に、真柴は、

・永束の書込み済の筆談ノートを通じて、

硝子の「こえ」を聞いた、と整理することができるでしょう。

そして、その硝子の「こえ」が本物である=硝子は本気で映画再開で「壊したものを取り戻したい」と願っている、ということは、真柴が水門小で、ロケハン許可を懇願する硝子を見たことで、確信に変わったと思います。

興味深いことに、この水門小のエピソードでも、真柴と硝子は直接会話を交わしていません

硝子が真柴に伝え、真柴がそれに応えた「こえ」とは、直接の会話以外のもの(書き込み済みの筆談ノートや水門小での行動)だった、という点で、永束や佐原とは際立った違いをみせています。
いろいろな「こえのかたち」がある、ということを示すことが、この作品の中核テーマの1つであることは間違いありませんが、今回の真柴のエピソードは、そのテーマの一端を表しているように思われ、大変興味深いところです。
タグ:第48話 第49話
posted by sora at 07:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 第6巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

真柴は将也への興味を失ったのか?

※このエントリは、第49話連載時に書いたものです。そのため、その後の連載の内容と齟齬があったり考察に変化がある場合があることをご了承ください。

まだ真柴の本心が明らかになっていなかった第48話で、私が真柴について気になっていたことがありました。

それは、

真柴が将也への興味をすっかり失っていたように見えた

ことです。

川井が、将也の病室への見舞いを真柴に提案したとき、真柴は生返事をして、「誘われたから仕方ないから行く」といった反応を返していました。


第6巻96ページ、第48話。

そもそも、永束が将也転落で「第一報」を入れた相手には、おそらく真柴も含まれていた(永束は橋事件での真柴のパンチも見ていないはずですし)はずで、それでも真柴は、新学期が始まって川井に誘われるまで、将也の病室に向かうことはなかったことになります。

これは、「橋事件」の前まで、やたら積極的に将也に接近してきていた真柴の態度とはあまりにも対照的で、真柴は本当に橋事件で「実はいじめっ子だった将也」に愛想を尽かして、将也を(いじめっ子として)憎むようになってしまったのか(だとしたらずいぶん単純な性格でちょっとつまらない展開だな、ほんとに「他人様」なのか)、と思っていたのです。

でも、第49話を読んで、そうではなかったということが分かりました。
真柴の心境としては、大きく以下の2点にまとめられるかと思います。

1)将也を殴ってしまったことを、実は後悔していた。

真柴は、かつていじめっ子だった将也を「橋事件」の際に思いきり殴りました。
殴った時点では、真柴はそれを正義だと信じていたのかもしれません。
でもその後、将也は、飛び降りた硝子を助けて自分が転落するという大事件を起こしていたことを知ります。
正義だと信じて行った行為(将也を殴ったこと)が本当に正しかったのか、将也は本当に罰するべき相手だったのか、将也の転落に自分の暴力が関係しているのではないか。
真柴は大きく価値観を揺さぶられたと思います。

そんな真柴の気持ちがはっきり示されたのが、「病室に入る資格」について真柴が語ったこのシーンでしょう。


第6巻121ページ、第49話。

将也を殴ってしまった自分は、病室に入る資格がもっともない人間だ、そんな「後悔」があったから、真柴は将也を見舞いに「行けなかった」し、川井から誘われたときも乗り気でなかったのだと思います。


2)将也に対する認識が完全に変わってしまい、どう対応していいのか分からなくなった。

こちらは、49話のモノローグで初めて分かった真柴の内面です。

真柴はもともと、「自分が普通であることを実感するため」に将也に近づいていました。
いかにも「変わった奴」に見えた将也のそばにいることで、自分が「普通」だということを確認して安心したかったわけです。


第6巻128ページ、第49話。

結果、たしかに将也は「変な奴」ではあった、けれども、その「変」さは、真柴にとって「それと比べたら普通」と安心できるようなものではなく、むしろ自分がやっていることのおかしさを再確認させてしまうような「変」さでした。
そしてその真柴の「モヤモヤ」は、橋事件で将也に「正義の暴行」を加えて「やっぱりこいつは(悪い意味で)変だ」と自分のなかの気持ちを整理しようとした後も、結局は解消されなかったのだと思います。

そして後日永束から知らされた、将也転落の一報。(すでに考察しましたが、真柴も硝子の自殺、将也の救出と身代わりの転落という一連の経緯は知らされていたと思われます)

これによって、将也に対する真柴の認識は、もともと近づいた頃と比べると完全にひっくり返ったのだと思います。(少なくとも、「こいつより普通だから安心できる」なんてことを確認するための相手ではまったくなくなってしまったでしょう。)
そんな将也を言われるがままに殴ってしまった真柴が、「どのツラさげて会いに行けばいいか分からない」と感じて見舞いに行けずにいたとしても、まったく不自然ではないと感じます。

いずれにしても、今回、第49話のエピソードによって、真柴と硝子、さらには真柴と将也の関係は、橋事件以前とはまったく異なる、新しい次元で再構築されたことは間違いないと思います。
タグ:第49話 第48話
posted by sora at 07:32 | Comment(2) | TrackBack(0) | 第6巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする